FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION つぼウォーク

【つぼウォーク#20前編】下北沢Ruby Tuesdayよりブリットロック×カセットテープ×フレンチビンテージの奇跡。バーバリーのスエードベストや西ドイツのアディダスに興奮!

素敵な洋服の匂いを嗅ぐと、いてもたってもいられないカメラO坪が、独自の嗅覚をファインダーにしてお送りする洋服屋さんレポ。ゆるいカメラワークとトークをお楽しみください。

どうも、カメラのO坪でございます。

古着タウン下北沢より初のつぼウォークです。老舗も名店もカジュアルなお店も多いですし、楽しい街ですよね。私もちょこちょこチェックしていたわけですが、そんな中偶然立ち寄ったお店で、フレンチビンテージの古いハンティングベストを見つけたのがきっかけでした。

オーナーの山内さんに聞くと、お店は14年目を迎えるとのこと。ヨーロッパ古着とオーダーメイドジーンズ製作がお得意。店舗の雰囲気はブリテッシュロック。ご自身で買い付けられたフランス物のビンテージやドイツやオランダものなど気になるものが所狭しと並んでまして、掘る楽しみがございます。日本製のものもあったりで、やっぱり縫製も生地もいいよなぁと思ったり。

山内さんは海外生活が長かったということで、自然とミクスチャーな感じが溢れております。足元の床にはロックの名盤のレコードジャケットが埋め込まれてまして、うっかり踏み絵してることも。ああ恐れ多い。

山内さんがクアラルンプールやマニラで過ごした中高生のときに集めていたという生カセットテープも販売されております(500円〜)。カセットだと聞きたい曲が一発で聞けなくて、頭出しって実に面倒だけど、アルバム一枚を順に味わうという旨味があったよなぁ、と思い出したのでした。

ガンズンローゼズのCivil Warの前奏では口笛がうまく吹けなかったり、モトリークルーのドラマーのトミー・リーがドラム叩きながら空中でグルグル回っていたことなども鮮明に思い出したのでした(→検索してみてください)。音楽と記憶って繋がってますね。

さてさて、なかなかたどり着けない服の話がいよいよ始まります。バーバリーのスーパーオールドな雰囲気抜群のスエードベストに気絶がはじまり、西ドイツなアディダスジャージで服愛が止まらなくなりまして、次回、後編に続きます。

詳しくは動画本編をご覧ください。

今回つぼウォークしましたのは、
Ruby Tuesday 
東京都世田谷区代沢5-36-16 井上ビル1C 
03-3795-3720
営業:13:00〜20:00 
定休:不定休
営業時間、店休日、など詳しくはインスタグラムをご確認ください。

 

シモキタ南口にひっそりと佇む良店

 

こちらのフレンチビンテージの30~40年代のハンティングベストを偶然見つけた。オーナー山内さんがポラにしてくれました

 

国内外問わず、いろんなイイものを探す楽しさ

 

ブリットロックなレコードジャケットの名盤が足元に!うっかりすると踏んでしまいそう

 

山内さんが中高生時代に集めていたというロックなカセットテープ群。頭出しがうまくいかなくとも、話は弾む。

 

このクタっとした雰囲気抜群なリュックにトリコ

 

アディダスをはじめとするジャージ群。若林も若島津も純も蛍も着てそうなアレ

 

Burberry(バーバリー)のかなりオールドで雰囲気抜群なスエードのジレ

 

国内外で集められた良質な毛物ジャケット。こちらのお店、シャツも豊富です

 

Director/Photo/Video/Text:Naoto Otsubo
Video Edit:Kabuto Ueda

OP&ED使用曲
INORAN ニューアルバム「Libertine Dreams」
より「Don’t Bring MeDown」



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE