FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 干場の「エコラグ」

これさえあれば他のダウンは一生いらない! ムーレーのハイエンドモデルを名古屋のAlto e Dirittoで

エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

こだわり抜いたらダウンだってレザーになる!

名古屋市にある「Alto e Diritto(アルト エ デリット)」は、「普遍のスタンダード」を追い求め、世界各国から選りすぐりのラグジュアリーなアイテムを取り揃えるセレクトショップ。僕もトークショーなどで何度か足を運んだことがありますが、とにかくコアなファンの熱量が半端なく、以前おじゃましたときはトークショーを行った店内がライダースにTシャツ、デニムといったスタイルの人だらけになったことも……。

オーナーの高柳忍さんと、バイヤー兼ウェブマネージャーの伊藤真也さんが描き出す独特の世界観に魅了され、中毒になってしまう人が多数いるのです。

それもそのはず、ここに来れば国内では滅多にお目にかかれない幻のブランドや、お店のこだわりを詰め込んだ別注品などに出合うことができるうえ、しかもそれが流行に左右されないデザインなのですから服好きにはたまらないはず。かくいう僕も、数年前に知って以来、どんどんその魅力から抜け出せなくなっています(笑)。

今回ご紹介する「MooRER(ムーレー)」のダウンアイテムも、そんな顧客の濃い要望に応えるものばかり。例えば、通常のフード付きダウンベスト「FAYER(フェイヤー)」はメインファブリックにナイロンを使用しているのですが、アルト エ デリットではこれを高級シープスキンスエードに変更した別注モデル「FAYER-UR」を展開。軽く柔らかなスエードは手に吸い付くようなしっとりとした手触りで、シックで落ち着いた印象を醸し出します。

また、ムーレーのなかでもハイエンドモデルを積極的に取り扱うのも特徴で、全世界で26着限定生産の希少なフーディーデザインのダウンブルゾン「ONIRO/FUR-NK(オニーロ)」をラインナップ。

シリアルナンバーの入ったこちらは、メインファブリックにヌバックレザーを採用し、ドローストリングが付いたフードとネック部分のライニングはラビットファー仕様になっています。

もう少し着丈が長いほうがお好みの人には、ラムレザー製のダウンジャケット「BRETT-PE(ブレット)」のご用意があるのでご安心ください。

もうおわかりになったと思いますが、アルト エ デリットといえばレザーアイテムが代名詞。それも、高柳さんと伊藤さんがこだわり抜いたものが店内を埋め尽くしています。

お値段は、正直気軽に手が出せるレベルではありませんが、これさえあれば一生ほかのダウンはいらないと思える出来。清水の舞台から飛び降りる覚悟で、僕と一緒にアルト エ デリットの沼にハマってみませんか?


ダウンベスト「FAYER-UR」各55万円/MooRER(Alto e Diritto)


ダウンブルゾン「ONIRO/FUR-NK」93万5000円、
ダウンジャケット「BRETT-PE」84万7000円
/MooRER(Alto e Diritto)

【問い合わせ】
Alto e Diritto

Photo:Ikuo Kubota(OWL)
Text:Toshiaki Ishii



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE