FASHION 大人の男のスニーカー選び

いまの季節に知っておいて! オジさんでも外さない「カンタン秋色コーデ」術。

男にとって「永遠の相棒」といえばスニーカー。とはいえ若い頃と同じ選び方、履きこなしを続けていないだろうか? 古臭いチョイスやコーディネートは、とたんに「オッサン」感を倍増させるもの。「洗練見え」する、大人の男のためのスニーカーの選び方、履きこなしの正解を伝授する。

いつの間にかすっかり秋らしくなりました。暑さが和らぎ夜には肌寒さも感じる時期、そろそろ気になってくるのは秋のファッションではないでしょうか? どうせならば服だけではなくて靴も秋仕様にしたいもの。

というわけで、今回は秋に履きたいブラウンスニーカーのコーディネートを集めてみました。落ち着いた色合いが秋にぴったりですよ!

コーディネートを格上げする革素材

ⒸGetty Images

まずは革素材のブラウンスニーカーです。白のTシャツとデニム地のパンツというシンプルなアイテムを合わせています。

ラフな服装ですが、カジュアルになりすぎないのは革のスニーカーを履いているからでしょう。滑らかな質感と履くほど味が出るという革ならではの特徴がコーディネート全体に高級感をもたらすのです。服のカジュアルと靴のエレガンスの融合により、大人の余裕が感じられる装いが叶えられていると分かる一枚かもしれません。

スニーカーの紐がTシャツと同じ白色であることもポイントですね。

なお、紹介した写真では半袖のTシャツが着用されていますが、もちろん長袖や上着を着る場合にも応用できますよ!

ジャケットと合わせるスエード素材

ⒸGetty Images

次はスエード素材のブラウンスニーカーで、若干ハイカット。紐はスニーカー本体よりもやや薄いブラウンです。

同じくブラウンのジャケットを羽織り、中に白のシャツを着ています。黒のパンツは裾を折り返してスニーカーを見せている、というスタイル。

注目すべきはジャケットです。色はスニーカーの紐に近い薄めのブラウンで、素材はスエード。そう、スニーカーと素材、色共に同じなのです。特徴的なスニーカーを履く際は色や素材がスニーカーと近い上着を選ぶと失敗することなく、まとまりあるコーディネートを作ることができます。

このテクニックは他のスニーカーでも利用可能です。色を合わせるのは比較的簡単なので挑戦しやすいかもしれません。

写真の男性はシャツとパンツは単色でシンプルに抑える代わりに、ジャケットではヤシの木があしらわれたデザインをチョイスする遊び心を見せています。大人だから出せるダンディーな色気が溢れていますね!

異素材感でオシャレに決めるスエード素材

ⒸGetty Images

最後のスニーカーもスエード素材。見た目も温かく秋冬に最適で、一足は持っておきたい素材です。

彼は白のTシャツの上にクリーム色のアウターを羽織り、濃いブラウンのパンツを着用しています。スニーカーの方が明るいブラウンですが、同系のブラウンをパンツに採用しているので統一感がありますね。

服がいずれもサラッとした質感の素材なので、かえって靴のスエードの柔らかな印象が際立ちます。素材の特徴の違いを生かしたコーディネートです。

以上、ブラウンスニーカーを革素材とスエード素材に分けてコーディネートを見てきました。

今年の秋はブラウンスニーカーでオシャレに過ごしてみませんか?

Text: FORZA STYLE



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE