FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
PR PROMOTION

【パネライ・ブルガリ・IWC・シャネル】プロの腕時計選びに密着! 「プロの腕時計、見せてください」〜oomiya 鹿児島店編〜

ロック福田の腕時計魂!で、日々「時計沼」に引きずり込まれている、マルちゃんこと丸山です。そろそろ私も本格機械式腕時計デビューしたいなぁと目論んでいるんです!

Instagramで現在5万件近い投稿がある「#腕時計魂」で皆さまの愛用時計を拝見しながら、「この腕時計だったら、こんなコーディネートに合わせたいなぁ」と自分のワードローブを思い出しつつ妄想する日々です。

世の中には素敵な時計がありすぎて、まだまだ運命の一本にたどり着くのには時間がかかりそうです(汗)。

今回も頼れるプロが助っ人に!

やっぱりプロからの頼れるアドバイスが欲しいなあ! ということで、腕時計魂!大阪編の取材でもおなじみ、正規輸入時計専門店[oomiya:オオミヤ]『@oomiya_pr』さんにまたご連絡しちゃいました!

お話を伺ったのは、鹿児島店の腕時計のプロお二人。今回もコロナ禍の為リモート取材ですが、お店に行った気分で私と一緒にお楽しみください♪


左:増満さん 右:内田さん

oomiya 鹿児島店はこんなお店

「oomiya 鹿児島店」は鹿児島の中心繁華街でもある天文館エリアに位置し、鹿児島市電「いづろ通停留所」降りてすぐ。中町ベルク商店街入口に面しています。

鹿児島唯一の正規取り扱いとなる「IWC」や「パネライ」、入り口から世界観を体感できる「タグ・ホイヤー」などの機械式時計はもちろん、女性に人気の「シャネル」「ブルガリ」なども揃う魅力的なラインナップのお店です。

一人目にお話しをお伺いするのは増満さん。

2015年の鹿児島店のオープニングから携わり、立ち上げに尽力したスタートメンバーのお一人なんです。

丸山:まずはご自身の愛用時計について教えていただけますか。

増満:パネライのルミノールといえば、デザインの大きな特徴のひとつであるリューズガードがかっこいいですよね。ですが、その存在感ゆえに手首にあたって痛いのが気になってしまうという方もいらっしゃるかと思うんです。

実は私もその中の一人で……この「ルミノール レフトハンド」はそんな悩みを解消してくれる素晴らしい一本なんです。本来は右手に着用するために作られた時計なので、通常モデルとは逆側にリューズがついており、どんなに手首を曲げようが、全然痛くない。着け心地最高です!!

丸山:そんなモデルが出ていたんですね!ちなみにいつ頃購入されたのですか?

増満:2年ほど前になりますね。めずらしいモデルなのですが、結構私と同じ悩みをお持ちだったお客様がいらっしゃいました。一週間以上持つパワーリザーブの長さもポイントですね。


PANERAI ルミノール レフトハンド 8デイズ パワーリザーブ アッチャイオ 品番:PAM00796(生産終了モデル)

丸山:きっと増満さんがしていらっしゃるのをご覧になって購入を決める方も多いんじゃないかしら。鹿児島店にいらっしゃるお客様はどんな方が多いのですか。

増満:時計愛好家の方から、これから時計の事をもっと知りたいという初心者の方まで様々なお客様がいらっしゃいます。

丸山:自分が初心者だった頃を思い出すと、こういうお店に入ると何を質問していいかが分からなくて困る気がします(笑)

増満:そうですね。私でしたらまずは耳にされたことがありそうな、知名度の高いブランドのお話から始めます。当店では10ブランド程取扱いがあるのですが、男性だと「タグ・ホイヤー」、女性だったら「シャネル」や「ブルガリ」。そこから幅を広げていって「IWC」や「パネライ」といった本格機械式時計のお話をしていきます。

あとは価格の事についてもお話します。腕時計好きの方であれば100万円を超える時計があるというのはそこまでびっくりはしない事だと思うのですが、初めての方だとそうではないのできちんと理由をご説明しています。

丸山:たしかに私も最初は普通に100万円とか200万円という値段の時計があることに驚いた記憶があります。とはいえ、精密機械で各メーカーが長年培ってきたノウハウが詰まっているわけですから妥当ですよね。そもそも貴金属を使用していればそれだけでいいお値段になるわけですから。

増満:どんな方にも、まずは気負わずに「どんなものがあるのかな?」とお店に入って来ていただけたら嬉しいですね。

丸山:増満さんは2015年の鹿児島店のオープニングから携わっているとお聞きしました。時計業界でお仕事されて長いのですか?

増満: 長年接客業には携わっているのですが、この仕事はoomiya 鹿児島店に入ってからです。もともと時計に興味はあったのですが、鹿児島に高級腕時計のお店がオープンするという情報を聞きつけて、今までの自分の経験を活かして新天地で新しい事にチャレンジしたいと思ったのがきっかけですね。

丸山:オープンからこのお店を見ていていかがですか。

増満: 最初はみなさん「どんなお店なんだろう?」とそーっと様子をうかがっていらしたように感じました。現在ではたくさんの方が毎日ご来店くださるようになり、やっと認めていただけるようになったのかなと(笑)。鹿児島の方は非常に郷土愛が強い方が多いので、すごく嬉しいですね。

丸山:これまでお仕事で失敗したなあと思ったことってありますか。

増満:失敗というか、毎日お客様とお話させていただく上で「あの時こういう風に言えたらもっと伝わったのに!」とか、「あの流れでもっとスムーズなご提案ができればよかったのに」と日々葛藤があります。

丸山:私もよく寝る前に「一人脳内会議」しています(笑)。増満さん、本当にこのお仕事が好きなんですね。 ご自身が次に欲しい時計はなんですか。

増満:ブルガリの 「オクト オリジナーレ」です!

丸山:オクトのシリーズは私も大好きです!

増満:ひとめで欲しいと思ってしまった一本です。 チタン素材でできていて、他のブランドには無いこのグレーの色味が本当に好きで。そこにブラックのラバーベルトを合わせているところにもシビれます。中の機械がエル・プリメロをベースにしているというところもポイントです。

丸山:ご自身が時計を選ぶ際に大切にしている事はありますか。

増満:腕元だけではなく、やはり全身が映る鏡の前に立った時にしっくりくるかどうかでしょうか。そして自分のクローゼットを思い浮かべます。せっかく買ったのになんか今日のコーディネートには違うな、と思って着けない日が多くてはもったいないので。

丸山:コーディネートとのバランスは本当に大事ですよね! 丸山にも何か一本オススメをお願いできますか?

増満:パネライ「ルミノール ドゥエ」の「PAM01043」はいかがでしょうか。あえて丸山さんのカチッとした感じを少し崩したいと思うんです。キリッとした佇まいの奥に見える女性らしさを引きだしたいというか。


PANERAI ルミノール ドゥエ 品番 PAM01043

柔らかい色のインデックスや、少し大きめの38㎜というサイズ感もいいですよね。しかもフォーマルシーンでも合わせることができるので重宝されると思いますよ。

丸山:こんな風に多方面から考えて選んでいただけると嬉しいですね!ありがとうございます。

次にお話を伺うのは内田さん

接客業は苦手という意識を変えたくて今のお仕事にチャレンジされたそう。環境保全にも興味があると語る知性派美女です!

丸山:まずはやはりご愛用の腕時計について教えていただきましょうか。


ポートフィノ・オートマティック・ムーンフェイズ 37 品番:IW459007(生産終了モデル)

内田:シンプルなデザインの中にもムーンフェイズが浮かんでいるのと、全体的に落ち着いた雰囲気のデザインなところが気に入っています。中でも共感したのが、IWCの取り組みとしてRJF:宝飾協議会認定の天然ダイヤモンドが使われている事ですね。ダイヤモンドを採る事によって紛争が起こらない地域のダイヤモンドを使うという倫理観や信頼性からIWCというブランドが好きになりました。

丸山:とっても勉強になりました!内田さんがそのことを知ったのはいつですか?

内田:自分が身に着ける腕時計を探していたときに、このデザインとてもいいなぁと惹かれたのですが……インデックスにダイヤが使われている事が私の中で引っかかっていて。それでよくよく調べたらIWCも紛争を無くす取組みをしていることを知ってご縁だなぁと感じました。

大学でもそういった事を勉強していたというところもあるのですが、紛争をこの世の中から無くしたいと常々思っていて。この腕時計を購入してから3年程経つのですが、見る度に買ってよかったなぁと思わせてくれます。

丸山:内面までなんて美しい方♥ こんな高尚なお話を聞いたあとに恐縮ですが、読者の皆さんがめちゃくちゃ気になると思うので「好きな男性のタイプ」を伺ってもいいですか?(笑)

内田:どっしりと大きな器で構えていらっしゃる優しい方がいいですね!

丸山:その回答も100万点!濃い、薄いで言うと……?(笑)

内田:うーんむずかしい……

丸山:あれですね、ソースと醤油の中間ぐらい!

内田:まさに!(笑)

丸山:内田さんがこのお仕事に就かれたきっかけってあるんですか?とってもお話しやすくて天職のような感じがしますけど。

内田:実は、以前は料理教室の講師をやっていたのですが、料理を教えるというよりも「いかに生徒さんと接するか」が非常に問われる仕事だということに就職してから気が付いたのですね。私自身が抱いていたイメージとかなり開きがあり退職をしてしまいました。でも、逃げていちゃダメだなと思いなおしてもう一度接客業というものにチャレンジしようと。それでoomiyaの募集を知り、晴れて仕事をすることになりました。

丸山:すごい!もともと時計はお好きだったんですか?

内田:入社時は時計の “と”の字も知らないという感じでした!電池式と機械式の区別なんて分からなかったですし、機械式の時計はゼンマイのほどける力を使って時を刻んでいるということがまず衝撃でした。ゼロからのスタートで発見がいっぱいあったので毎日を新鮮な気持ちで過ごすことができましたね。

丸山:今までお仕事をされていて一番嬉しかったことはなんですか?

内田:oomiya 仙台店が新しくオープンした際に半年間お手伝いに行くことがあったのですが、鹿児島店のお客様から「がんばってる?」「元気?」と仙台店にお電話をいただいた際はこの仕事をしていて良かった!と心から嬉しかったです。

丸山:とっても愛されてますね!内田さんが次に欲しい時計についても教えていただけますか?


CHANEL ボーイフレンド 品番 H6587

内田:シャネルのボーイフレンドです。一見シンプルな2針の時計なのですが、風防にカッティングが施されていたり、文字盤も立体的な作りになっていたりと細かい仕上げまでとても美しくて、私の憧れの時計です。このシャネル独特の「ベージュゴールド」は色合いもとても上品です。

丸山:こういったシンプルなデザインの時計だからこそ、ごまかしがきかないんですよね。すごくお似合いになりそう!今から楽しみですね。丸山にも一本オススメをお願いできますか。

内田:ピッタリの一本があります。前回京都店を取材していただいた際にブレスレットタイプのものを探していらっしゃると記事にあったのでこちらを選びました。


IWC ポートフィノ・オートマティック 37 品番:IW458110

丸山さんは「芯の通った、仕事のできるカッコいい女性」というイメージです。グレーの文字盤にダイヤモンドが上品にあしらわれているこのデザインはきっと気に入っていただけるのではないかと!

ブラックの文字盤だとかたくなりすぎてしまうかなと思うので、グレーがポイントですね。丸山さんのお人柄を体現したような一本だと思いますよ。

丸山:ホント、絶妙な色あいですね。しかし、女性からカッコいいと言われるととっても嬉しいです。素敵なオススメをありがとうございました!

最後にお二人からひとことずつ

フォルツァスタイルをご覧になっている読者の方に二人からひとことずつメッセージをいただきました。

増満さん:oomiya 鹿児島店では、最近ますます人気が高まっているブルガリを特に強化して種類も豊富に取り揃えております。感染症対策もしっかりと行っておりますので、どうか安心してご来店ください。

内田さん:腕時計は必需品ではないですが、だからこそ私たちの心を豊かにしてくれるアイテムのひとつだと思います。はじめてのお客様も大歓迎ですので、ぜひお気軽にいらっしゃってくださいね。新作や、オススメのモデルも多数ご紹介していますのでインスタグラム@oomiya_kagoshimaもフォローしていただき、時計情報を入手してくださいね!

丸山尚弓(まるやま なおみ)
もっと日本に素敵な男性が増えたらいいな♥との願いからメンズファッションライターとして活動中。

ロック福田の腕時計魂!では、取材する度にどんどん欲しい腕時計が増えて困っています(嬉しい悲鳴)。
取材の様子や、楽しいオフショットをたくさん載せています。
もしよかったらぜひ、Instagramもフォローをお願いします!

【提供元】
oomiya

oomiya 鹿児島店
郵便番号    〒892-0828
住所    鹿児島市金生町2-11
TEL    099-219-9255
営業時間    11:00 ~ 19:30
定休日    水曜日
交通アクセス    鹿児島市交通局
市電「いづろ通」停留所より徒歩1分
(山形屋様前・中町ベルク商店街入口)

ちょっと耳より、二人のオススメのお店♪

増満さんのオススメ:
よくランチにおじゃまする「中華菜房陸羽」さん。地元の人気店で、エビチリも酢豚もなにを食べても本当においしい! 高級店なのですが、リーズナブルにいただけるランチがあるのは嬉しいですね。前菜から期待できるお店ですよ。

内田さんのオススメ:
「銀の串」という焼き鳥をメインにしたお店がとても雰囲気が良いのでぜひお食事に行ってみてください。小林市のひらこ鶏という地鶏をつかっています。コースがオススメですが、単品なら鶏刺しをぜひ。きっとデートで行かれたら女性が喜ぶお店だと思います!

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE