FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
LIFESTYLE 愛と悲鳴の婚活道場

ハイスペックなのに浮気されまくりの”セカンド体質”!? プロが答える結婚するためのコツ。【婚活相談】

ライフスタイルは十人十色。おひとりさまもおふたりさまも大いに結構ですが、結婚というゴールをめがけて不幸なひしめき合いをしている男女のなんと多いことか。

今回、道場の門を叩いたのは、アラフォーの独身男性だ。彼に会うと、誰もが「感じがいい」と思うだろう。メンタルの安定的がそのたたずまいからダダ洩れしている……心が不安定な人物が多い現代において、彼は特別天然記念物的な存在とも言える。

川崎貴子はかなり前から婚活で問題点となるのは、男女問わず「不安に取り憑かれること」と指摘している。なぜなら、不安に支配されてしまうと、相手を過度に束縛したり、支配したり、相手の愛情を試すような行為をしてしまいがちだからだ。

一方で、不安に取り憑かれると、過度な献身を繰り返してしまう人も多い。その結果として前にも後ろにも進めない泥沼のような関係にハマってしまう可能性もあるのだ。

川崎貴子は「不安や世間体から結婚をしたくなる人も多いのだけれど、まずは、ホントは結婚したいのかどうかを自分で知ることが大切。だって、結婚をしたくないのに、婚活をしている人って多いもの」とポツリと言った。

道場初のガチイケメンはなぜ結婚したくてもできないのか。川崎貴子は彼自身も気付かなかった結婚できない理由を、薄紙を1枚ずつはがすように解明していったのだ。

(編集部註・写真は料亭風ですが、今回のインタビューは川崎さんの新居をお借りして行いました。川崎チルドレンが見守る中での婚活相談は、シュールレアリズムの極地。画角の外を想像してお読みください)


【川崎貴子】
2度の結婚を経験し、現在の夫は8歳年下のイケメンの元ダンサー。二女の母。乳がんの闘病経験も持つ。経営者、結婚コンサルタント、コラムニストとして多ジャンルで活躍中。

今回の相談者は、橋本祐樹さん(仮名・37歳)

橋本祐樹さんのスペックはこちら!
年齢:37歳
職業:ビジネスコンサルタント
恋人:なし
交際人数:5人以上
結婚歴:なし
結婚願望:非常にあり
顔:身長183cm、スポーツで鍛えた引き締まった体と、目がパッチリしている美しい顔立ち。それ以上に人柄の良さが伝わってくる穏やかなたたずまいが印象に残る。

――今回の相談者は一言で表現すると「完璧」だ。整った容姿に、高い仕事のモチベーション。寛容な人柄で、教養も深い。男女問わず「いつまでも話していたい」と思う人物だ。

この男は、10人のうち10人が「この人の話はつまらないな」と思っても、そのつまらない話の中から面白い部分を探して膨らませてくれる。好奇心が旺盛であることが、所作の端々からうかがえるのだ。

彼は気が利くが、見返りを求めない。それゆえに「ソツがない人」とは一線を画している。それは、地方から上京して、自ら人生を開拓している苦労人であることも大きいだろう。しかもファッションセンスも抜群だ。シンプルで飾り気がない服をサラリと着こなしている。

川崎:初めまして。婚活をしているそうだけれど、あなたはホントに結婚がしたいの?

祐樹:すっごくしたいです!(キリッ)

川崎:そうなのね。今、この時点で私はあなたの考え方や、人生観について、今のところ知らない。ただ、あなたのファーストインプレッションは「結婚したいという意思がホントにあるのかな?」なの。あなたは何もかもが完璧だし、メンタルの安定感があるし、とてもモテると思うのだけど。よかったら、結婚したいと思う理由を教えてくれるかしら?

祐樹:言いたいことがありすぎて……今日は何でも話します。

川崎:すぐに自分を開示できるところも素敵ね。それはとてもいいことだと思う。

祐樹:僕の人生にも生活にも隠すことはありませんから(笑)。早速ですが、結婚したい理由は、「誰かのために頑張りたくなった」からです。社会人になってから15年以上、自分のために頑張ってきました。コンサルとして仕事の幅を広げ、多くの人が少しでも幸せに不安なく生活する世界をつくる一助になり、それにより報酬をいただく。それを自分ために使っていたのですが、そろそろ自分ではない誰かのために使いたくなったのです。

お金の話が分かりやすいので先に言いましたが、単純に誰かのために生きたくなったのです。自分のためだけだと、高いハードルを越えられない。では誰のためなら頑張れるか。それは家族……すなわち、自分の妻や子供です。このことは、特にここ1年ほど強く思うようになったのです。

川崎:…………。

祐樹:あれ?どうしました?

川崎:いや、説得力のある結婚願望だったので、つい。私、あなたの外見から、「自分のライフスタイルを崩したくない」人かと思っていたのだけれど、まったくそうではないようね。そうよ、あなたのおっしゃる通り、結婚って、自分のためではなく、誰かのために生きたいと思うことでもある。それに困難が伴ってもね。

祐樹:そうなんです。人生には困難がつきもので、それを相互に助け合いながら乗り越えていく。そういう、家族を作っていきたい。

川崎:周りにも結婚している人も多いだろうしね。

祐樹:はい。僕の友人達は男女問わず結婚しており、夫婦や子供を連れて集まる機会も多いようです。合同でキャンプに行く友人家族もいて、めちゃくちゃうらやましいです。

川崎:年齢的にイベントは家族単位だしね。でもコロナ時代は、婚活組には厳しい

祐樹:ほんっっっっっっっっっっとにそうなんですよっっっっっ!!!!コロナになってから、出会いナシ! 出会いナシ! 出会いナシ!

川崎:あなたの切実なる思いが言葉使いに漏れているわ(笑)。素直は婚活最大の武器だけど。

祐樹:ありがとうございます。出会いがないというのには理由があって、僕は割ときちんとルールを守るタイプで、真面目に自粛をしていたのです。その結果、誰とも出会わずに時間が流れていった。

川崎:今まで、何もしなくても出会いはあっただろうしね。

祐樹:(何のためらいもなく)はい。友達(男女)が、頼めば「かわいいコ」をたくさん紹介してくれました。ホントにいい子ばっかりなんだけど、決め手に欠けるというか。

川崎:イケメンあるあるね。突然だけど、直近の彼女ってどんな人だったの? 

祐樹:相手もいることなので、当たり障りのない範囲で申し上げますと、友人との飲み会で出会った、3歳年下の女性でした。僕の方から「いいな」と思って交際を申し込んで付き合ったのですが、あまりに時間がルーズな人で1年もしないうちにお別れしました。

川崎:時間にルーズな人って、お金や仕事においてもルーズだったりするよね。

祐樹:そうなんです。ドタキャンでも、仕事の対応ならいいのですが、「気分じゃない」とか「メンドクサイ」とかの理由でドタキャンする。しかしその20分後に連絡が入り「やっぱり行こっかな」と言う。僕はデートのとき、飲食店を予約します。お店に対してドタキャンは絶対にしない。だから、彼女が「行かない」と言った時点で、別の人を誘っている。だから彼女が「やっぱ行きたい」と言った時にデートはできなくなっているんです。そういうことが多くなり、僕の方が疲れてしまい、お別れしました。

川崎:そういうタイプは私も無理だわ~。無理過ぎてその彼女のエピソードは全然参考にならないわね。その前の恋愛を教えてくれる?

祐樹:前の前の彼女は、僕の仕事が忙しかったときに交際をしていました。僕はあるプロジェクトに没入してしまい、3か月ほど彼女とLINEだけのやり取りになっていたんです。僕は仕事に夢中になるとそれしか見えなくなる。プロジェクトが終わった後、彼女のSNSを見たら、エーゲ海の教会で、見知らぬ男性と結婚式を挙げている写真がアップされていました。

川崎:え???なにそれ?

祐樹:はい。僕と付き合っていた人が気付けば別の人と結婚しているというのは、これが初めてではないのです。フタマタ……というか、僕はセカンド体質というか、僕が女性の浮気相手だったってことが多々あるのです。しかも、僕は毎回「この人と結婚したい」と思って、交際するのに、この始末……。

川崎:そりゃ、脊髄を直撃するショックだわ。で、ちょっと聞きたいんだけど、彼女たちのどこが好きだったの?

祐樹:え!? わからない。直感? なんとなく? よくわからないけれど、いいなと思って交際を申し込んで、最初はいい感じなんですが、だんだん会う機会が減って行く感じ?

川崎:なんとなくわかってきた。あなた、ノリで人を好きになるタイプなのよ。

祐樹:そうか……ノリで好きになっていたか。言われてみるとそうかもしれません。

川崎:女性はあなたから「好きです」って言われればそりゃうれしいよ。みんながいいなと噂しているイケメンが自分のことを好きになってくれたら自尊心上がるし

祐樹:告白して断られたことはありません。

川崎:そりゃそうでしょう。でも、根本的に合わないからすれ違いが生まれ、女性は別の男性に目が行くようになっていく。交際当初はノリノリだったのに、付き合いが長くなるにつれ、女性側がデートを断るようになってくる。

祐樹:僕の過去、透視してます?


川崎:あなたが迫れば「なんで私なの?」「もっといい人、いるでしょ」って言われて、距離を置かれてしまうとかね。

祐樹:うわっ……その言葉、何回も言われました。すごいですね、聞きしに勝る超能力。

川崎:違うから(笑)。でも、まさにセカンド体質。これを回避するには、まずはノリで女性と付き合わない。そして、自分がどのような伴侶を求めているかを明確にしないと……今までのあなたの話から、あなたは時間にルーズな女性がダメだとわかった。かつ、あなたは自分に対する美意識が高い。女性にも同じように求める?

祐樹:容姿が整っているかは問題ではなく、自分の体に誠実にいてほしいと思うだけです。自分の心身を大切に扱っていれば、極端に肥満になったり痩せすぎたり、アルコールや糖質などに依存することもないと思うのです。

川崎:確かにそういう部分はある。いいわね。あなたの求める相手がわかってきた。このようにして、どのような相手と一緒に人生を歩んでいきたいか、絞り込んでいくのが婚活なのよ。

祐樹:僕は漠然と恋愛して、20年をムダにしてしまった。

川崎:無駄なことなんてないよ。ノリの恋愛も、35歳くらいまではいいんだけどね。なぜなら心が安定していて、誠実で覚悟がある人は、35歳くらいまでに結婚してしまうから。特にあなたのようなハイスぺ男性は、女性からモテて、チヤホヤされているうちにあっという間に40歳になってしまう。

祐樹:参りました。

川崎:参っている場合ではない!

祐樹:はっ、そうだった。

川崎:周囲にいる女性の中から「この人は信頼できる」と考えられる人を思い浮かべてみて。

祐樹:全員、20代後半で結婚している…………言葉もありません。参りました。弟子にしてください。

川崎:イケメンの独身男性はほんとにボヤボヤしてるわ! 心が落ち着いていて、口が固く、信頼できると相手に思わせる女性は早めに結婚してしまうことがわかったでしょ。加えて今はコロナ禍でチャンスが激減している。あなたはかなりの苦戦を強いられるかもしれない。今までのようにはいかないと思ってね。ところで婚活って何をしているの?

祐樹:友達に紹介を頼んでいます。でも、みんな結婚しているからその機会も激減。会ってもきゃぴっとしている人ばかりでピンとこない。

川崎:それは婚活していないも同然よ。でもよかった。あなたはアプリや結婚相談所向きじゃないからさ。

祐樹:では僕はどうすればいいのでしょうか。

川崎:まず、自分が結婚に求めるものを分解していこう。今までの話から、あなたはお互いに助け合う人生の相棒を求めている。そうだ。価値観が合うことも大切だよね。どういうところを重視する?

祐樹:食の好みが合い、何かに夢中になっており、会話のキャッチボールができること。つまり好奇心がある人です。

川崎:OK! 素晴らしい。即答したね。それが結婚相手に求める条件なのよ。さらに細分化しよう。会話のキャッチボールというけれど、どういう会話がしたい?


祐樹:「ふーん」で流さない会話です。例えば、僕はサウナが好きなのですが、サウナには特殊な用語が多々あります。例えばアウフグースとか、熱波師とか。

川崎:何それ!? 知りたい!!!教えてよ!(かなり前のめり。川崎貴子は自分が知らないことに対して、鱶(ふか)のように食いつく習性がある)

祐樹:それです。今の川崎さんの反応をする女性がいいのです。世界は広く、専門分野は深い。知らないことの方が圧倒的に多い。明らかに知らないことに対して、「ふ~ん」で終わらせてほしくない。

川崎:相手の世界を知ることは、自分の世界を広げること。

祐樹:前の彼女に、マイナーな離島に旅行に行こうと提案したんです。こっちは「どんな島?」「何が美味しいの?」などと聞かれると思ったら、「ふ~ん。あなたが行きたいなら付き合うよ」で会話終了。

川崎:人それぞれ興味も違うからね。まあ、好奇心がない人は、自分の世界が狭くなりがちっていうのはあるよね。

祐樹:そうなんですよ。インスタで見たとか、誰かの口コミがないと手を出さないとか。それにグチも多かった。上司や会社の悪口を延々と続ける。僕はコンサルだから環境改善や業務改善の提案は得意中の得意。恋人の就労条件、環境、雇用契約、上司や同僚の嗜好を踏まえて、改善策を提案しても、「ふ~ん」って。

川崎:まあ聞いてほしい、共感してほしいだけという場合もあるから、これは男女の間に流れる深い河。でも、今まで話していて、あなたの婚活の正攻法が見えてきた。

祐樹:わ、ドキドキしてきた。僕、結婚できますでしょうか。

川崎:もちろんできる。ただ、先に残酷な真実を言うと、あなたはハイスペックで安定しているけれど、婚活市場で今みたいに相手を選べる期間はあと1年くらい。というのも、40歳になると、男性も圧倒的に婚活が厳しくなるからさ。

祐樹:それはうすうすわかっていました。この年齢になると、金目当ての港区女子っぽい女性との出会いしかない。先日も同世代の男2人で女性に会って、食事代を全額払って、タクシー代出して、さようならって別れたことがあったんですが、「これってギャラ飲みか?」って思いましたよ。「俺は真剣に結婚したいんだ!」って心の中で叫びましたもん

川崎:友達もあなたの理想を知っているから、全体的にバランスがとれた美女を紹介するだろうしね。まあ、ここらで友人の紹介はちょっとやめて、私が主催する『キャリ婚』でキャリア女性に会うのはどうかな。あなたの直観センサーは狂ってるから、女性から選ばれて出会う方がいいかもしれない。男性無料だし。

祐樹:え?無料なんですか。是非お願いします。早く結婚したいのです。

川崎:ところで家事はするの?

祐樹:大学時代に上京してからずっと一人暮らしをしています。僕は家事全般がわりと好きなんです。掃除、洗濯、料理って達成感がありますしね。たぶん、得意な方だとは思います。それに、子供も絶対に欲しい。一緒に子育てをしたいです。友人夫婦が交代で保育園の送り迎えをしているのですが、ああいう話を聞くと、心からうらやましくなります。

川崎:あなたの結婚願望、とても地に足が着いているのね。共働き結婚に向いているタイプだわ。まずは、『キャリ婚』で女性から選ばれてみよう。会っているうちに、きっとピタッとくる人が見つかるはず。状況聞かせてね!

 

記事へのコメントもドシドシよろしくお願いします。川崎先生が答えてくれるかも?

Text:Aki Maekawa

Photo:Yuji Hirose

▶︎川崎先生が運営される婚活サイト「キャリ婚」はコチラ!

▶︎川崎先生が教える婚活オンラインオープンセミナー開催!

婚活道場では、川崎貴子先生にご相談なさりたい男女を募集しております。

また、家族の不和、夫婦間の不協和音などに関する「家族再生工場」という新企画も進行中。プライバシーには十分配慮しますので、お気軽に下記編集部のメールにご連絡ください。

forzastyle.web@gmail.com

→【自分の人生は自分で決める】婚活の敵は実父。 深窓の令嬢(38)が一生「家事手伝い」から抜け出せない理由。

→バツイチの元銀ホスが、これだけ婚活を頑張っても結婚できない致命的理由。


【川崎貴子 プロフィール】
女性に特化した人材コンサルティング会社、リントス株式会社代表取締役。経営者歴23年。女性の裏と表を知り尽くし、人生相談にのりフォローしてきた女性は2万人以上。婚活結社「魔女のサバト」働く女性の為の婚活サイト「キャリ婚」主宰。「女のプロ」「黒魔女」の異名を取る。15歳と8歳の娘を持つワーキングマザーでもある。著書に、著書に、『結婚したい女子のための ハンティング・レッスン』(総合法令出版)、『愛は技術 何度失敗しても女は幸せになれる。』(KKベストセラーズ)『私たちが仕事を辞めてはいけない57の理由』(大和書房)『上司の頭はまる見え。』(サン マーク出版)『モテと非モテの境界線』(講談社)など。

▶︎最新著書
「やっぱり結婚しなきゃ!と思ったら読む本」
▶︎結婚したい独身男性の皆さまへ、キャリコンのご案内


RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE