WATCH ロック福田の時計NEWS

【ブライトリング】2021年新作時計「プレミエ ヘリテージ」をご紹介

ブライトリングは今年も魅力的な新作を多数発表。そのため今回も2回にわけてのご紹介をいたします。

まずご紹介するのは「プレミエ ヘリテージ」。2018年に発表された「プレミエ」に続く新コレクションで、オリジナルの「プレミエ」の世界観をより忠実に再現しているのが特徴です。
 

 

「プレミエ」は第2次世界大戦が激化していた1943年に誕生。当時、ブランドを引き継いでいた創業家3代目のウィリー・ブライトリングが、厳しい戦争の最中でもひとびとが優雅で魅力的な時計を求めていることを察知。クラシックでエレガントなスタイルにつくりあげたのを特徴とします。

「プレミエ ヘリテージ」は、そんな「プレミエ」をモチーフにしたもの。スリムなベゼルとラグ、アラビア数字のアプライドインデックス、スクエアのプッシュボタンなど、まさにクラシックでエレガントなデザインにされているのが見どころです。

というのも、ブライトリングというと、アビエーションやダイバーズなど、プロフェッショナルモデルのイメージが強い。しかし実際には、第2次世界大戦中であっても、優雅で魅力的な時計をつくっていた。「プレミエ ヘリテージ」は、そんなブライトリングの「もうひとつの顔」を教えてくれるもの。そこも「プレミエ ヘリテージ」の魅力なのです。
 

 

ラインナップは「クロノグラフ」「ダトラ」「デュオグラフ」の3つ。「ダトラ」と「デュオグラフ」もオリジナルは1940年代に誕生したシリーズで、今回「プレミエ ヘリテージ」に集約されました。以下、それぞれの説明をしていきます。

「プレミエ B09 クロノグラフ 40」は、オリジナルの「プレミエ」にもっとも近いモデル。

オリジナルと同じ手巻きにするため、自社開発自動巻きクロノグラフムーブメント「Cal.01」を手巻きに改造したのが大きな見どころ。やはりオリジナルと同じにするため、デイト表示をなしにしたのも通好みです。

インダイヤルを3つから、2つに変更。クロノグラフ秒針の後端にリングが付いた1940年代のデザインも、わかる者にはわかる好ポイント。

また、自動巻きローターをなくしたことでケースを薄くし、よりクラシカルな佇まいにしているのも特筆点です。

ステンレススティールケースとレッドゴールドケースの2種で、前者のピスタチオグリーンのダイヤルがもっか大きな話題で大人気。確かにこの独特のグリーンは洒脱で、個人的にもお気に入りですね。レッドゴールドケースのクラシック感も素敵です。
 

プレミエ B09 クロノグラフ 40

手巻き、SSケース、ケース径40mm、アリゲーターストラップ、100m防水。94万6000円

 

プレミエ B09 クロノグラフ 40

手巻き、18KRGケース、ケース径40mm、アリゲーターストラップ、100m防水。202万4000円

 

「プレミエ B15 デュオグラフ 42」はクロノグラフ秒針をデュオ=2本備えたスプリットセコンド=ラトラパンテ機構搭載モデル。

同モデルもオリジナルと同じ手巻きにするために、自社開発自動巻きクロノグラフムーブメント「Cal.B03」を手巻きに改造。デイト表示をなしに。インダイヤルも3つから2つに変更。やはりケースを薄く、よりクラシックな雰囲気にしています。

ステンレススティールケースのネイビーダイヤル、レッドゴールドケースのブラックダイヤル、の2種。前者はモダンな雰囲気で、後者はクラシックな印象と、さぁてどちらがよいかしら。これも本気で悩みます。
 

プレミエ B15 デュオグラフ 42

手巻き、SSケース、ケース径42mm、アリゲーターストラップ、100m防水。116万6000円

 

プレミエ B15 デュオグラフ 42

手巻き、18KRGケース、ケース径42mm、アリゲーターストラップ、100m防水。238万7000円

 

「プレミエ B25 ダトラ 42」の「ダトラ」は「デイト」の意味。月・日・曜日のフルカレンダー表示とムーンフェイズを搭載したコンプリケーションクロノグラフモデルです。

青焼きの針(クロノグラフ秒針と3本のスモール針)は久々で、これだけでもグッときてしまう。ムーンフェイズの月に顔が描かれているのもチャームポイントで、しかも普通の顔と寝ている顔が順番に楽しめるという趣向。こういうのも楽しくて大好きですね。

搭載される「Cal.B25」は、ムーブメント専業メーカーのコンセプト社とブライトリングが共同で開発したもの。この新しいパートナーとの共同作業は1年半以上に渡ったそうで、今後のさらなる発展もありそう。このモデルの完成度が高いため、大いに期待しちゃいます。

ステンレススティールケースとレッドゴールドケースの2種で、前者のカッパーのダイヤルが個人的には好み。でも、フルカレンダー+ムーンフェイズの重厚感にはレッドゴールドケースがよく似合う。と、やはり本気で悩んでしまいますね。
 

プレミエ B25 ダトラ 42

自動巻き、SSケース、ケース径42mm、アリゲーターストラップ、100m防水。140万8000円

 

プレミエ B25 ダトラ 42

自動巻き、18KRGケース、ケース径42mm、アリゲーターストラップ、100m防水。276万1000円

なお、「プレミエ ヘリテージ」の3作は、ケースサイドに特徴的な刻み模様が入るのが共通のデザイン。同色のステッチが施されたセミシャイニーのアリゲーターストラップも、ブライトリングのほかのモデルとは一味違った、「プレミエ ヘリテージ」の特徴です。

 

【問い合わせ】
ブライトリング・ジャパン
0120-105-707

Text:Yutaka Fukuda



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE