FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 大人の男のスニーカー選び

【リーボック】スニーカーの色気と個性を徹底検証。

男にとって「永遠の相棒」といえばスニーカー。とはいえ若い頃と同じ選び方、履きこなしを続けていないだろうか? 古臭いチョイスやコーディネートは、とたんに「オッサン」感を倍増させるもの。「洗練見え」する、大人の男のためのスニーカーの選び方、履きこなしの正解を伝授する。

普段からスニーカーを履く人にとってはおなじみの「リーボック」。スニーカーに詳しくなくても「Reebok」のマークを見たことある人は多いのではないでしょうか。

今回はリーボックのスニーカーの色選びをコーディネートとともにご紹介します。

1.白パン×白スニーカーが失敗するわけない!

王道中の王道をひた走る白スニーカー。夏らしい爽やかさと合わせやすさから人気を博しているわけですね。


©Getty Images

夏なら絶対にしてほしいのが白パン×白スニーカー。このコーディネートの素晴らしい(恐ろしい)ところは、ある程度のトップスにおいて全体の完成度が保証されている点です。これはみなさんがご自身で検証してみても面白そうですね。

特に合うのは襟付きのシャツコーデです。中でも柄シャツであれば全体のバランスが取れます。

ちなみに靴下は白か、見えない丈の物を選ぶのがオススメですよ。

2.細身のシルエット×白スニーカーで清潔感を無双する

白パンでなくとも、ネイビーや黒のボトムスでも白スニーカーはしっかり似合います。


©Getty Images

しかし、細身のシルエットに合わせることとローカットを選ぶのがマスト。

今年は特にキレイめのファッションがトレンド。足元を重く見せない工夫が大事なのです。これが白スニーカーが支持を得ている理由でもあるかもしれません。

相手に「暑そうだな~」と思わせないよう、下半身にボリュームを集めないコーディネートをすることで、爽やかさと清潔感を無双できるわけなんですね。


1万3200円/リーボック(リーボック アディダスお客様窓口)

ローカットが人気の理由は、ずばり足首が見えるから

人間の足首って大体みんな同じ細さってご存知でしたか? 足首がちらっと見えると、それだけで不思議とスラッとした体形に見えるわけです。

上半身のボリュームやお腹周りが気になる人ほど、ローカットシューズを選んでみてもいいかもしれませんね。

3.短パン×白黒スニーカーで夏の色気も無双する

白スニーカーは確かに便利だけれど、なんだかクリーンすぎるんだよね……、というみなさんご安心ください。

そんな場合は、白×黒のモノトーンスニーカーはいかがでしょうか?  干場編集長のように、ソールが厚めのハイテクスニーカーを選べば、身長も「盛る」ことができます。

夏のコーディネートに欠かせない短パンとも好バランス。短パンコーデは膝より下が貧弱に見えがちですが、これくらいボリュームのあるスニーカーならその心配もありません。
 

ちなみに短パンの丈はヒザよりちょっと上くらいがいちばん色気を盛ることができます。男性らしい骨ばった膝小僧が見える方が異性ウケが良いですよ……(小声)。

 

いかがでしたか? どんなファッションにもピシッと決まってくれるリーボックの優秀さには頭が上がりません。トレンドも取り入れつつ、自分がいちばん爽やかに色っぽく見える着こなしを見つけてくださいね。

Text: FORZA STYLE



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE