FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 干場の「エコラグ」

誰が着ても似合うバランス! ビジネスカジュアルの究極を目指したドレステリアとのコラボコレクション

エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

どれをどう組み合わせてもコーディネイトが成立します

ワールドグループが手がけるセレクトショップ「DRESSTERIOR(ドレステリア)」を率いるディレクターの靏 博幸(かく ひろゆき)さんから「ビジネスカジュアルが主軸のいまの人たちに向けて、こういうものをもっていたほうがいいという究極のコレクションがつくれないか」と打診を受けたのは昨年末のこと。

そこで思い出したのが、ビジネススーツの需要が減っている半面、セットアップが売れているというニュースでした。コロナ禍でも好調なのは、Tシャツやニットに合わせてリモートワークで使えるうえ、出社時にも着ていける顔つきのもの。いろんなシーンで着まわせるタイプに人気が集中しているようです。

確かに、自分自身を振り返ってみても、ここ近年の秋冬はセットアップスーツや、ジョガーパンツ、寒ければそれにダウンジャケットをはおるといったコーディネイトばかり。ブランドはバラバラですが、組み合わせのしやすさや使い勝手のよさを優先して選んでいたことに気づいたんです。

そんなわけで、今回のDRESSTERIORとのコラボレーションでは、自分が普段よく着ているものからアイテムを絞り、誰が着ても似合うようなバランスに仕上げました。

テーラードジャケットとスラックスのセットアップは、伸縮性のあるナイロン素材を使い、すっきりとした見た目と着心地のよさを両立。ナイロンジャージーのジョガーパンツは、洗練されたワンマイルウェアとして活躍します。

ダウンは少しだけオーバーサイズに設計しましたが、ベーシックなデザインなのでクセがなく着やすいと思います。

目指したのは、どれをどう組み合わせても成立するスタイル。ジャケットとスラックスのセットアップはもちろんですが、ダウンにスラックス、ダウンにジョガーパンツなど、幅広い着こなしが楽しめます。

また、コーディネイトにあれこれ悩まなくても済むように、色は黒一色で展開。僕はこのコレクションに、白T、黒スニーカーを合わせて着まわすつもりです。あとは、手持ちのブラックデニムにブーツなんてコーディネイトも挑戦してみたいですね。


ジャケット4万9500円
スラックス2万4200円
ジョガーパンツ1万6500円
アルティメットダウン7万9200円
/すべて干場義雅×DRESSTERIOR(DRESSTERIOR)

【問い合わせ】
DRESSTERIOR

Photo:Ikuo Kubota(OWL)
Text:Toshiaki Ishii



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE