FASHION オトナの”鉄板定番”ベスト

【ニューエラ】機能とデザイン。 最強アウトドアキャップはどれだ?

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介します。

これさえかぶれば、都会から大自然までスタイルアップ間違いなし! 

第378回目は、ニューエラのキャップです。

7700円/ニューエラ(ニューエラ)

90年代ストリートで人気を博した「ニューエラ」。B.B.キャップやバケットハットなどで人気を博し、リバイバルトレンドの現代ではストリートの王道ブランドの一つに。そんなニューエラが2019年にアウトドアラインをローンチ。加速度的人気を誇る第二次アウトドアブームで大注目され、お洒落とアウトドアを同時に楽しむ大人がこぞって愛用しているんだとか。

フィッシングやトレイルランニング、クライミングにキャンプなど、幅広いジャンルのプロをアンバサダーに迎え、そのアドバイスを元にそれぞれの本格派アイテムを展開。その上さらに、これまでストリートシーンで培ったモノ作りの経験をプラスすることで、多彩なアクティビティをサポートしながらスタイルアップも叶う、振り幅の広いラインナップを実現しています。

お馴染みのB.B.キャップをベースに、透湿防水・防風性に優れるGORE-TEX PACLITE®を採用した本作。ナイロンの表生地にGORE-TEX®メンブレンを張り合わせた2レイヤー仕様で、表生地には撥水加工をプラス。さらにはトップボタンを落雷の原因となっていた金属製から、プラスチックに変えることで回避するなど、変わりやすい山の天気に対応した機能性が見どころです。ブラックとゴールドのコントラストが存在感を示し、昨今のロゴトレンドとも好相性。なんなら、アウトドアに限らず都会的なカジュアルにもマッチします。暑さが増す今の時期は特に!

振り返れば第一次アウトドアブームが90年代半ばと言われ、ファッショントレンドの後押しもあって、第二次アウトドアブームはなるべくしてなったと言っても過言ではありません。コロナ禍における三密を避けられるとも言われていますし。そんな中で、プロが認める本格仕様でありながら洒落感演出にも事欠かない逸品は、周囲と差をつけるにうってつけ。一歩先を行く外遊びスタイルを楽しめるはず。

3レイヤー構造が基本のゴアテックスファブリックスにおいて、2レイヤーのこちらは革新的。メンブレンが地肌に触れないようにラミネート加工を施すことでこれを実現し、軽量化にも一役買っています。

アウトドアシリーズでも、すべてのキャップとハットにお馴染みのロゴはしっかり鎮座。このロゴがあるだけで安心できますよね。

5500円/ニューエラ(ニューエラ)

バスフィッシングとフライフィッシングにフィーチャーした本作。大胆に配されたパッチには「NEW ERA Angler’s Club」の文字が。架空のフィッシングクラブをモチーフにしたもので、ユニークな遊び心も滲ませています。

5060円/ニューエラ(ニューエラ)

ニューエラの鉄板生地の一つで知られるダックキャンバスを使用したバケットハット。ライニングを排し一枚仕立てにした清涼感が魅力。内側のスウェットバンドは抗菌効果のあるMICROERA®を使用し、手洗いできるのも嬉しいポイントです。

5060円/ニューエラ(ニューエラ)

アウトドアと聞いて欠かせないのは、映え間違いなしの「ペンドルトン」! 今やお馴染みのコラボですが、今季は明星をモチーフとした「Plains Star」プリントを採用。ネイビーボディの随所に配されたオレンジが、程良いアクセントに。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Hayato Hosoya

【問い合わせ】
ニューエラ 

 



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE