FASHION こじラグ

【エルメスのボーダーニットT】オトナにピッタリの色遣いに思わず複数買い!

自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに…。ホントにこじらせているのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかはわかりませんが…、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

1枚〜、2枚〜、3枚〜〜って、誰が 番長皿屋敷のお菊さんだっ!

さて、226回目もエルメス。ボーダーのニットTシャツ ふたたびです。

前回の最後に、エルメスのコットンニットボーダーの魔力に取り憑かれ、数枚買い足してたって話を書きましたが、これがまさに その1枚。

ソルドで購入したボーダーTが あまりにも心地好かったため、"こりゃ、なんぼあってもいいですからね"とショップを覗いてみたものの、同じものは見つからず。

しかし、やっぱり人気があるんでしょうね。似たようなコットンニットのボーダーTは展開しており、そんななかで このコが気になりました。

使ってるカラーは ほぼ一緒なんですが、ベースカラーが白なので 少し明るくポップな印象。

別色ではありますが、襟と袖にパイピングが入ったリンガーTシャツのような配色が面白かったし、袖の切り替えと同じネイビーが裾を走る感じに惹かれました。

"輪"を意味するRINGから派生してリンガーTシャツと呼ばれるそれは、アクセントになる一方で、ややもするとカジュアルで 幼く見えがち……。

その点、このエルメスは襟、袖ともにボーダーに使われている色を拾いながら、色を揃えていないので、バランスを崩すことなく既視感のない感じに仕上がってる。

さらに、ポロシャツを紹介した際にも明記しましたが、裾にラインが入ることでウエストマークになってくれるから、タックインしないウエスト部分も間延びせず、メリハリを与えてくれるわけです。

ソルドではないので以前の2倍くらいにはなりますが、そもそもそれが定価ですから受け入れます。間違いなく減価償却できそうですしね。

とは言え、まだコチラはタグが付いたままの状態。

まったく同じものの複数買いなら、同じタイミングで洗濯しない限り、奥方にはバレないんですが、こういうちょっとだけ違うものが一番タチが悪い。

「似たようなの持ってなかった(怒)?」という牽制とともにご機嫌ななめになり、家の空気がキーンと冷たくなるのです。

夏なら願ったり叶ったりじゃん、とはならないのが 家庭内の七不思議……。おぉ〜 こわ。

Photo:Shimpei Suzuki
Text:Ryutaro Yanaka



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE