FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
LIFESTYLE ココが惜しいよ、40オトコ

【「スメハラ」って知ってる?】夏ドライブの意外な落とし穴とは!?

【マンガで紹介】いろんな種類の香りを重ねて使いがち。カオッリー・ツカイスッギー氏〈惜しいよオトコ・その66〉

香りは、人によって好みがバラバラ。「いい香り」と感じる香りの種類も、適切と感じる量も異なるので、実は要注意ですよね。というわけで今週ご紹介するのは、使う香りに統一感がなく、うっかりいくつもの香りを重ねてしまうカオッリー・ツカイスッギー氏。

車の消臭スプレーは石けんの香り。

車に使う消臭&芳香剤はローズの香り。

自分の香水はエキゾチック系。

石けんの香り×ローズの香り×エキゾチックな香り=?????

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マイカーを持っていないのでタクシーをよく使いますが、今は感染対策に窓を開けてくれていることが多いので、どのタクシーに乗ってもニオイが気にならず爽やかです。

コロナ前、臭いタクシーに乗ってしまい、目まいがした日々がとても懐かしいです。



もっと昔。喫煙が今よりはるかに緩やかだった時代は、車内にしみついたタバコのニオイや、なんだかやたらとキツいニオイの芳香剤などを掛け合わせたのが、車のニオイでしたよね。

ガソリンスタンドで灰皿を渡すと入れてくれる、キラキラした透明の芳香ビーズも定番でした。


最近は、車用のアロマディフューザーが気になります。殺菌や脱臭など、いろんな機能が搭載されたタイプのものがあるんですね。

せっかく買ったお気に入りの車は、安物の合成アロマオイルを使ったり、やたらとケミカルな香りを漂わせて、惜しい車にならないようにしたいものです。
 

最近はカーシェアの車を使うこともあります。汚したら罰金のせいか、みなさんとてもきれいに使っていらっしゃるようで、どの車も無臭。そう考えると、普通に気をつければ車内は臭くならないんはずなんですね。


理想の男性は、車に乗せた相手に「あれ?なんだかいい香りがする?」と感じさせることができる方。主張しすぎない程度に、ほどよく上品にさりげなくお願いいたします♡

時間帯やその日の予定に合わせて、車の香りを素敵にレイヤリングされたりしたら、完全に気絶です。

それでは次回の「惜しいよオトコ」もお楽しみに〜。

Illustrations: Akiko Hiramatsu
Edit : Yukari Tachihara

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

平松昭子 Akiko Hiramatsu
イラストレーター/ブロガー 雑誌やWEBサイトをメインに、ファニーでエレガントなイラストやエッセイを執筆する。一方そのファッションセンスが注目され、女性誌のファッションスナップページなどに多数登場。着物を愛好し、Etsyのオーナーとして水墨画の掛軸制作にも力を入れている。著書に『平松昭子の着物事件簿』(宝島社)『マンガで読む絶望名人カフカの人生論』(飛鳥新社)『平松昭子のファッションホリック道』(KKベストセラーズ)などがある。

オシャレでキュートなイラスト満載のHPはこちら! http://akikohiramatsu.com



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE