FASHION 大人のためのポロシャツ塾

【ラルフローレンのポロシャツ】着こなしだけで色気を盛る、3つの方法。

本格的に夏の季節がやってまいりました! みなさん、ポロシャツ着てますか?

夏場のカジュアルコーデを、いっそうスポーティーで爽やかに引き立ててくれるアイテム、ポロシャツ。今回は数あるブランドからラルフローレンを取り上げてご紹介していきます。

ラルフローレンのポロシャツの魅力のひとつは、そのバリエーションの豊富さ。柄もそうですが、シャツのカラーとワンポイントのロゴのカラーの組み合わせまで様々で、お気に入りの一枚を見つけるだけでも、夏場のオシャレの楽しみはグッと引き上がるはず。

ということで今回は、ラルフローレンのポロシャツを使ったコーデを、その生地とロゴの色の組み合わせに着目して見ていきます。

ネイビーの生地に白のロゴ

こちらはヒュー・グラントによるポロシャツの着こなし。ゴルフとポロシャツというシチュエーションも定番なら、そのコーデも定番を抑えています。


©Getty Images

ネイビーのポロシャツに白のパンツ、ベルトなどの小物は茶色で抑えるというのはまさに鉄板の着こなし。大人の男性を時短で格好良く見せてくれる、夏の基本3色です。

ネイビーの生地に白のロゴのポロシャツだからこそ、余計な色の混じらないバランスの取れた仕上がりになっているんですね。

青系統の色と白の組み合わせは夏場に最も輝くと言っていいほどです。ですから、白と青が逆転したコーデというのも、もちろんアリです。

白の生地に青のロゴ

ということでお次は、白地に青のロゴのポロシャツを着用した逆転コーデです。パンツはしっかり青系で、青と白の相性をしっかり活かした間違いのないコーデになっていますね。


©Getty Images

清涼感あふれる、夏らしさ全開のこちらのコーデでは、ネイビーよりもずっと軽い印象の、ライトブルーが使われています。明るめの青と白の、爽快で清潔な印象のマリン配色もまた定番の色合いの一つです。

立った襟や折られた裾からチラリと覗く首元と足首のさりげなさもこのコーデのポイントの一つでしょうか。

夏100%のコーデは流石に眩しい! という場合は、ここにブラウンのアイテムを持ってくることでマイルドさが加わり、リッチな色気を醸し出すことができますよ。

ビビッドピンクの生地に青のロゴ

最後は少し変化球、ビビッドなピンクとブルーの掛け合わせです。夏のトロピカルな印象と相性抜群のビビッドカラーをコーデに取り入れるときは、他の色は抑え目にしてやることでゴチャゴチャしすぎずまとまった印象を保てますよ。


©Getty Images

コーデ画像では、ポロシャツ×ジーンズという鉄板スタイルが完成しています。その中でも、ロゴのブルーとデニムのブルーが同色なことで、さりげない統一感が生まれていますね。

気分のアガる明るい色を着たい! というときは、そのロゴの色にも注目して、全体のまとまりを工夫するという手を取ることで野暮ったさを解消できます。

明るいカラーにデニムを合わせたとき、足元のコーデにまでこだわるのが大人っぽさ演出のキモ。安易にラフなスニーカーを選ばず、ドレス感のあるものを選択してコーデ全体を引き締めると◎。

 

いかがでしたか? まだまだ紹介しきれないほど、ラルフローレンのポロシャツはカラーバリエーションが豊富です。

当記事を参考にしながら、ぜひ、あなただけのお気に入りを見つけてコーデを楽しんでみてくださいね。

Text: FORZA STYLE



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE