FASHION オトナの”鉄板定番”ベスト

【ポーターの新作リュック】男心にぶっ刺さるデザインにワクワクが止まらない。

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介します。

ミリタリー好き垂涎のディテールが、こなれ感あるお洒落を楽しませます

第373回目は、ポーター フォースのバックパックです。

デイパック [W35×H45×D12cm]4万1250円/ポーター(吉田)

軍モノ由来のシリーズが男心を刺激してやまない「ポーター」。FORZA世代の男子なら「タンカー」は誰もが知る大定番であり、持っている方も多いことでしょう。世界的に見ても好評なだけに、洒落者の中には「みんなが持っている」というイメージも多いかと。そんな方にオススメしたいのが、「ポーター フォース」。

2012年にローンチしたポーター フォースは、軍用品に稀に現れる偶発的な生地色の差をモチーフにしたシリーズ。通常同ロットの生地で一つの製品を作るところを、大戦下においては資材不足などの様々な理由により複数の生地で作り上げられていたそう。これにより生まれるイレギュラーな配色は、一部のマニアやヴィンテージ好きを唸らせ密かに注目されていました。そんな、ミリタリー好きにはたまらないツボを押さえたデザインを意図的に作り出しているのが、ポーター フォース最大の魅力。

210デニールの6ナイロン強力糸で織り上げた生地を採用した、デイパック。独特の光沢感が特徴で、タフな生地感が男らしさを加速。ライニングは、エマージェンシーカラーのオレンジを採用。リップストップナイロンにキルティング加工を施したものを使用し、軽量かつクッション性も申し分なし。また内装に装備したポケットは取り外しが可能で、ポーチとして単体でも活躍します。

すでにお分かりかと思いますが、ポイントはボディとフロントポケット部分の微妙な色差。ワントーンコーデの際のアク足しやスタイリングに変化をつけるといった、洒落感演出にもってこい。微妙なさり気なさゆえ、コーデを選ばずに使えるのも見どころ。使い勝手のいいツウ好みなポーター フォースシリーズ。タンカー同様、ポーターの人気定番なのも納得です。

ショルダーバッグ [W26×H31cm]1万4850円/ポーター(吉田)

産業資材生地を使用したポーター フォースは、その無骨な印象を様々なアイテムで楽しめます。マチ薄のショルダーバッグは、多くのポケットを装備する他、内装にキーフックやデタッチャブルポーチも付属。見た目以上の収納力も嬉しいポイントです。

2WAY ダッフルバッグ [W48×H28×D18cm]3万4100円/ポーター(吉田)

より男らしさを求めるなら、お馴染みのオリーブドラブカラーは外せません! ライニングのオレンジカラーも相まって、男らしい配色がより強くミリタリー感を楽しませてくれます。大きく開く開口部に加えてショルダーストラップ付きの2WAY仕様ゆえ、出張時にも活躍間違いなし。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Hayato Hosoya

【問い合わせ】
吉田 03-3862-1021
https://www.yoshidakaban.com/



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE