FASHION オトナの”鉄板定番”ベスト

コーチのトートバッグが魅力的過ぎて、やみつき注意報発令中!

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介します。

コスパも最強なオン・オフ使えるファッショントートの先駆け!

第372回目は、コーチのトートバッグです。

[W45×H32×D13cm]10万1200円/コーチ(コーチ・カスタマーサービス・ジャパン)

オン・オフ兼用の鉄板鞄でお馴染みのトートバッグ。特にビジカジが定着化した現代ではさらに人気が加速しています。使う頻度が多いだけに、今一番求められているのはガシガシ使ってもヘタレないタフさ。そこに洒落感が加われば、大人のお洒落に欠かせないリーサル・ウェポンになるハズ! というわけでオススメしたいのが、ご存知「コーチ」。トートバッグをはじめてファッションに落とし込んだブランドでもある、アメリカ発の老舗であります。

1941年にマンハッタンで誕生した同ブランド。当時革製品がさかんだったマンハッタンで、コーチの高品質な革製品は評判を呼び、多くのニューヨーカーを虜に。そんなコーチが産んだ革新的なアイテムが、レザートートです。それまで資材運搬用としてキャンバスで作られたトートを、1960年代に初めてカラバリ豊かなレザーで開発し、初めてファッションに落とし込んだとされています。

コーチの最大の魅力は、革新的な素材使いとリーズナブルなコストパフォーマンス。それを象徴するのが、こちらの「メトロポリタン トート」。多収納で人気の本作は、13インチのPCが収納できるパッドを装備。素材には、野球のグローブからインスパイアされたグラブタンレザーを採用。上質な牛革に鞣しを施したもので、高い耐久性と傷つきにくい顔料染が特徴です。同時に経年変化も楽しめるから、長年愛用できるってこと。

スタイルを上品にアップデートするブラウンカラーは、こなれ感演出に一役買ってくれるし、付属のショルダーとの2WAY仕様もありがたい限り。オン・オフ兼用にして、長く愛用できるタフさを持ち、さらには大人のお洒落を楽しめる。三拍子揃ったトートが、10万円台で手に入るとあれば、現代の大人にぴったりではないでしょうか。

[W19×H10×D2cm]4万4000円/コーチ(コーチ・カスタマーサービス・ジャパン)

ウォレットをはじめとする革小物も、コーチを代表する鉄板定番の一つ。ラウンドジップ式の「アコーディオン ウォレット」は、スポーツカーフレザーを採用。ジッパーを開けば蛇腹デザインによって、開口部が大きく開き取り出しやく使い勝手抜群。スマホも収納できるのも見どころです。

[W9×H19×D2cm]4万4000円/コーチ(コーチ・カスタマーサービス・ジャパン)

コートやブレザーの内ポケットにすっぽりと入る、「ブレスト ポケット ウォレット」。コーディネートを崩さないスリムなサイズ感は、手ぶら主義の大人にもオススメです。内側にジップポケットを配しているので、コインやキャッシュ、レシートの収納もスマートに仕分けることが可能。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Hayato Hosoya

【問い合わせ】
コーチ・カスタマーサービス・ジャパン 0120-556-750

 

 

 



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE