FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR 得するクルマ生活

【トヨタのカローラクロス】タイで爆売れ中! 日本上陸前に知っておきたい魅力とネック。

安全装備や自動運転でますます高額化している現代のクルマ。上手に購入する方法は? さらに、所有してからも様々なトラブルやアクシデントが起きるのがカーライフ。それら障害を難なくこなし、より楽しくお得にクルマと付き合う方法を自動車ジャーナリスト吉川賢一がお伝えします。

 「カローラクロス」という車をご存じだろうか。カローラクロスとは、2020年7月にタイで世界初登場したクロスオーバーSUVのこと。タイを皮切りに、導入国を拡大していく、とされており、日本にも年内の登場が噂されている車だ。

トヨタといえば、ライズ、ヤリスクロス、C-HR、RAV4、ハリアー、と、すでにSUVがフルラインアップされているが、ここにさらにカローラクロスが追加されることになる。トヨタは他のSUV同様、カローラクロスもヒットさせることができるのか。カローラクロスの強みと弱みを考えていく。

 

■サイズはC-HRとRAV4のちょうど中間

カローラクロスは、その名の通り、日本で販売されているカローラのクロスオーバーSUV版と考えてよい。
TNGA(GA-C)プラットフォームをベースに、1.8ℓ直4エンジン+モーターのハイブリッド(リダクション機構付きTHS II)と、1.8ℓ直4ダイナミックフォースエンジン(140ps/18.1kgm)の2本立て、トランスミッションはハイブリッドが電気式無段階変速機、ガソリンがCVTだ。

カローラクロスは、C-HRとRAV4のちょうど間にくるボディサイズだ。4460×1825×1620(全長×全幅×全高)mm、ホイールベースは2640mmとなる

ボディサイズは、4460×1825×1620(全長×全幅×全高)mm、ホイールベースは2640mm。ちょうどC-HRとRAV4の間を埋めるサイズということになる。カローラ兄弟の中だと、カローラツーリング(4495×1745×1460)と全長はほぼ同じで、全幅が80ミリ広く、背が160ミリ高い、というサイズ感だ。ちなみに、新型ヴェゼル(4330×1790×1590)よりは、一回り大きい。

デザインはカローラ兄弟のキーンルックな方向とは違い、欧州系で出している「クセが強め」のトヨタ車のような方向だ。タイの若い顧客向けに、ワイルドな感じを押し出したことで、現地でも人気車種となっているようだ。

タイの若い顧客向けに、ワイルドな感じを押し出したことで、現地でも人気車種となっている

インテリアは、インパネやステアリングホイール、センターコンソール、エアコンの吹き出し口の形状など、どこかで見たような造形だ。鮮やかなブラウンの革張りは、日本では懸念される方も多いかもしれないが、異国の雰囲気を持ったインテリアで、新鮮に映る。ギラギラした派手さはないが、しっとりとした豪華な雰囲気があふれている印象だ。これら内外装の「若さ溢れるデザイン」が、カローラクロスの強みだろう。

内装色はレッドを基調にした、ラグジュアリーな雰囲気。なお、9インチディスプレイオーディオが標準装備となる

 

■ネックは価格設定

カローラクロスを生産している工場は、現時点ではタイのみ。カローラクロスを日本で販売するためには、日本国内に生産ラインを新設するか、タイで生産した車両を日本へ輸入、のいずれかとなる。ちなみに、カローラ・カローラツーリングの生産は高岡工場(愛知)、カローラスポーツは堤工場(愛知)と、いずれも国内製造だ。

カローラクロスのタイ現地価格は、ハイブリッド車が101万9000~119万9000バーツ(約358~421万円)、ガソリン車が98万9000バーツ(約347万円)。タイでは日本市場の値付よりも、およそ60~70万円高めになるため、国内仕様でのカローラクロスは、ガソリン仕様が270万円~、ハイブリッド仕様は290万円~、といったところが予想される販売価格だ。

この価格帯は、上級に位置するRAV4ガソリン仕様(274万円:2WD)と、ほぼ同じ価格帯。RAV4の方が、ボディサイズも大きく、リアにマルチリンクサスペンションを備えており、コスパが高い。また、カローラクロスの下に位置するヤリスクロスは、ガソリン仕様が車両価格税込189万6000円(X/2WD)、ハイブリッド仕様でも228万4000円(ハイブリッドX/2WD)と、安い。

上級であるRAV4と同価格帯となると、カローラクロスを選ぶ人は少ないかもしれないが

カローラクロスが、いかに斬新でおしゃれなデザインであったとしても、この「コスパの悪さ」はかなりネックとなるのではないだろうか。タイでカローラクロスが成立しているのは、ヤリスクロスやRAV4がタイ国内のラインアップにないから。タイにおけるトヨタのSUVラインアップは、C-HRと、フォーチュナーという7人乗り大型SUVだけなのだ。

タイで発売されている7人乗りSUVのフォーチュナー。タイ現地では大人気の一台だという。134万9000バーツ~(約467万円~)

 

■日本ではかなり厳しいのでは!?

カローラクロスは、やや欧州車の香りがするデザインをしており、同じく欧州調のヤリスクロスがウケていることを考えると、カローラクロスも支持される可能性はある。だが4WDの設定もなく、リアサスもトーションビーム式のSUVに、300万円近くの金額を出す顧客が、そうそういるとは思えない。

カローラクロスを日本で成功させるには、価格とプラスαの価値が必要だ

現時点だと、日本市場において、積極的にカローラクロスを選ぶ理由は、見当たらない。カローラクロスがヒットするには、最低でも、C-HRと同価格帯(ガソリンCVTは約241万円~、ハイブリッドは約274万円~)までに下げたうえで、日本仕向けとして、なんらかの付加価値が必要ではないか、と筆者は考える。

ラインナップの隙間を狙う車内の広さが吉と出るか

国内市場で無双状態のトヨタのことだから、何か秘策をもっているのかもしれない。すでに北米仕様が発表され、そちらはタイ仕様よりも上質な装備をもち、日本人ウケするモデルとなっている。予想価格は260万円ほど。トヨタが、ホンダヴェゼルの好調さを、ただ指をくわえて見ていることはないだろう。

トヨタカローラクロスの公式インスタグラム

Text:Kenichi Yoshikawa
Photo:TOYOTA
Edit:Takashi Ogiyama



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE