FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 干場の「エコラグ」

【今スリッポンがアツい!】夏の最強スニーカーはこれだ! このインパクトに編集長もゾッコン。

エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

クセありスニーカーで足下にアクセントを

以前、ご紹介させていただいた「PELLICO SUNNY(ペリーコ サニー)」のスリッポンスニーカーに新モデルが登場しました。

僕が買った定番の「GIOIA(ジョイア)」に、大胆なイントレチャートを施した「GIOIA NOVA(ジョイア ノヴァ)」です。

無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインだからこそ、丁寧に編み込まれたイントレチャートが際立つ一足です。素材は光沢のある上質な牛革で、色は白と黒の展開となります。

あと、僕が愛用しているのは、やぎ革のスウェードをアッパーに使用した「GIOIA」なのですが、ほかにも気になるモデルがありまして……。

「GIOIA NOVA」と同じ牛の表革を使ったタイプや、やぎ革にパイソン柄をあしらったタイプなどが候補です。

パイソン革もこれだけで見ると、“いつ履くの?”と思うかもしれませんが、イタリアのお洒落なオジサンたちは、案外こういうエキゾチックレザーをポイント的に使っていて、それがまたカッコよく見えるんですよね。

柄も白と黒で構成されているし、白いTシャツに黒いパンツとか、逆に黒いシャツに白いパンツといったコーディネイトにもハマると思いますよ。

ミラノやパリの最新メンズコレクションを見ていると、クラシックなスタイルの足下にどう抜け感をつくるのかというのがテーマになっているように感じられます。

ここ最近はジャケットとスラックスの着こなしに、ジョギングシューズなどを合わせるのがモダンなハズしみたいな感じでしたが、その傾向がさらに進んで、これまでのクラシックではあり得なかったチョイスがされていたのが印象的でした。

ビーチサンダルなどがその代表ですが、スリッポンスニーカーでも足下のハズしの役割は十分果たしてくれると思います。

3.5㎝の厚底ソールもいまの気分。こういうシンプルで完成度の高いスリッポンスニーカーは、探してみると意外とないんですよね。

コスパもいいうえ、革のクオリティやステッチの丁寧さ、歩きやすさなど、さすがはイタリアンブランドと思わせる素晴らしい仕上がりです。

夏のスタイルは薄着になってしまう分、シンプルになりがちなので、小物や靴にちょっとクセのあるものをもってくるのがいいとかなと考えておりまして……。

そういう意味でも、イントレチャートを施した「GIOIA NOVA」やパイソン柄の「GIOIA」は、コーディネイトのアクセントとしてもってこいだと思いますよ!


「GIOIA」(黒) 3万5200円
「GIOIA」(パイソン柄)3万8500円
「GIOIA NOVA」 各3万9600円/すべてPELLICO SUNNY(アマン)

【問い合わせ】
アマン 
TEL : 03-6805-0527

Photo:Ikuo Kubota(OWL)
Text:Toshiaki Ishii



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE