FOOD Jaffaの「恋に効くピッツァはお熱いうちに!」

イタリア料理もナポリピッツァも絶品。ブガンヴィッレ広尾はデートにもオススメの名店。

ピッツァの本場ナポリにある「真のナポリピッツァ協会」のオフィシャルブロガーで、さまざまな媒体やイベントでナポリピッツァの楽しさを伝えているJaffa(ジャッファ)が、ナポリピッツァやイタリア料理について、知っているとカッコいい情報をお伝えします。世界どこにいっても通用するウンチクやテクニックを身に着ければ人生もっと楽しくなるはずです!

ナポリピッツァ界のレジェンド店として有名だった「パルテノペ広尾店」が、21年の歴史に幕を閉じたのは今年のことです。コロナ禍のなかで、営業を続けるのが難しい、という経営判断があったようです。私のようなピッツァマニアは誰しも、心に穴が開いたような、なんとも悲しい気持ちになりました。

しかし、その心の穴はふさがりそうです。「パルテノペ広尾店」があった場所に、「ピッツェリア・ブガンヴィッレ広尾」がオープンしたからです。

店名は変わりましたが、自慢のピッツァはパルテノペで活躍してきたピッツァ職人の石井健人氏が、使い慣れた薪窯でピッツァを焼きます。料理はパルテノペ総料理長を務めてきた渡辺陽一シェフが監修をしているので、看板を見ないで入ってきたら、店が変わったことすら気が付かない安心感があります。

入口で検温とアルコール消毒をして店内に入ると、カウンター席とテーブル席が見え、正面にナポリのジャンニアクント社の薪窯が見えます。窯に貼ってあった店名「PARTENOPE」のタイルが、「BUGANVILLE」に貼り替えられていました。各テーブルごとを仕切っている、大きめのアクリル板もしっかりしていて安心感がありました。

オープン記念メニューは、1100円でお好みのピッツァにミニサラダが付いているからかなりお得ですよ。ランチのミニサラダもシャキシャキしていてドレッシングも旨いので野菜サラダ好きも満足出来ます。小麦粉はパルテノペ時代から使っていた日清製粉「Selvaggio」を使っていて全粒粉の香りや食感を感じられるピッツァです。

まず、初めて訪問する人はぜひ「D.O.C.」を食べてみてください。ピッツァD.O.C.はマルゲリータの最上級と考えてもらえば分りやすいと思います。

しっかり延ばした生地に、少しのトマトソースを塗って、水牛のモッツァレラチーズとミニトマト、バジルをトッピングします。

ピッツァイオーロ石井健人氏が使い慣れた薪窯でしっかりと焼き上げて完成です。水牛のモッツァレラチーズの濃厚なミルクのコクに、甘味と酸味のバランスが良いミニトマト、爽やかなバジルのコンビネーションがとても旨いピッツァです。

次はピッツァイオーロ石井さんのスペシャルピッツァ「スパッカナポリ(2310円)」です。ナポリ修業時代に食べて印象に残っていたという、珍しい形の目でも楽しめて、食べたら更に旨いピッツァです。

中央の部分はパルテノペ自慢のピッツァD.O.Cで、両側の包み焼きピッツァが「カルツォーネ」になっていて、包まれている中身はそれぞれ異なっていてひとつは「リコッタチーズとプロシュートコット(ハム)、モッツァレラチーズ」、もう片方は「プローヴォラ(燻製モッツァレラ)と、サルシッチャ(ソーセージ)、季節野菜」です。

運ばれてきた時に同席する皆さんから「わーっ♪」と喜ばれるピッツァですよ。

川のような感じの3種類のピッツァは、全て違うタイプのピッツァなので、食べる度に色々な美味しさを楽しめるスペシャルで贅沢なピッツァです。

パスタは南イタリア料理界のカリスマ渡辺陽一シェフが監修しているから、最もシンプルで、最も腕の差が出てしまう「ミニトマトとバジルのスパゲティ」をお願いしました。見事に乳化させたスパゲティとトマトの一体感にバジルの爽やかさが美味しいパスタです。

本日のデザートとドリンクがそれぞれ300円で追加出来るので、ティラミスとエスプレッソを追加しました。ドルチェまで本格的な、そしてとにかく美味しいものが食べられるお店です。

広尾に新たに誕生した「ブーガンヴィッレ広尾」は、ナポリピッツァ好きはもちろん、イタリア料理好きの方にはわざわざ訪れて欲しいお店です。

ブガンヴィッレ広尾
東京都港区南麻布5-15-25六幸館1F
電話 080-1032-0341
営業時間(緊急事態宣言期間中はランチタイムのみ営業)11:30~14:00
定休日 火曜日
※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があるので、来店時は事前に店舗にご確認ください。

Text & Photo:Jaffa
Edit:Takashi Ogiyama

Jaffa(ジャッファ)プロフィール

ブログ「旨いナポリピッツァ」主宰で、食べ歩きオールスターズ「食べあるキング」のナポリピッツァ担当として活躍中。これまでに4000枚を越えるナポリピッツァを食べ歩き、知識と経験だけではない交友関係の広さから、TV、ラジオ、雑誌等でナポリピッツァの企画や解説、百貨店催事やグルメイベントのプロデュース、ピッツァ職人コンテストの審査員やステージ解説、レストランのメニュー開発など、ナポリピッツァに関わることを総合的に企画。ナポリにある「真のナポリピッツァ協会ナポリ本部」から、日本人では唯一の公式ブロガーとして認定されています。Instagramでは、ナポリピッツァの画像を中心に情報発信をしています。
公式ブログ Instagram

 



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE