FASHION 干場の「エコラグ」

【Jesus Canovas「JC528」モデル】セレブご愛用の履き心地抜群の革靴の色気がすごい。

エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

独特な色気を醸し出すラテン生まれのスリッポン

「Jesus Canovas(ヘススカノヴァス)」は、スペイン生まれのシューズブランド。ラテンな雰囲気漂う、さまざまなタイプのシューズを世に送り出しているのですが、なかでも注目したいのが、ブランドを代表するモデル「JC528」です。

アッパーには、履き込むほど柔らかくなり、足になじむ選りすぐりのレザーを使用。革がとにかく柔らかいので、かかとを踏んでステップダウンのように履いても、跡がついてしまうこともなく、すぐに元の状態に戻ります。

ちなみにこのモデルは、別名「Julio Iglesias Shoes(フリオ・イグレシアス シューズ)」とも呼ばれ、全世界におけるレコード・CDの売り上げが3億枚を超える、世界で最も成功したラテンシンガー、フリオ・イグレシアスのトレードマークとなっている靴。ほかにも、グレース・ケリーの孫や、ブラッド・ピットなどといった、名だたるセレブたちも愛用しているそうです。

ただ僕自身、噂は聞いていたものの、一昨年前まではほとんどノーマーク。ところが、船旅でスペインに寄港したとき、現地での人気ぶりを目の当たりにして、俄然興味が沸いてしまいました。

本物のセレブたちは、リゾートや船旅でビーチサンダルやエスパドリーユのような感覚で履いて、シーズンの終わりごろには処分してしまうらしいのですが、使い捨てするのは惜しいほど。ソールにラバーを貼れば減りを気にせずガンガン履けますし、縫い目から水が浸み込んでくることもほとんどなく、多少の雨なら問題ありません。

質実剛健な堅牢さがウリの英国靴に慣れている人にとっては、まさにその対極ともいえる異次元の存在かも……。同じラテンのお国柄でも、イタリアのトッズが手がけるドライビングシューズ「ゴンミーニ」とは別の、快適性や独特の色気があるんですよね。

アッパーに施されたゴールドの「JC」刺繍も、イケているのか、ダサいのかビミョー過ぎるライン。ただ、この絶妙なサジ加減が、いい意味でラテンのブランドらしい陽気な雰囲気を醸し出しているんだと思います。

それにしても、この抜け感は半端ない! フリオ・イグレシアス本人が、ネイビージャケットに白シャツ、白パンに赤のこの靴を合わせている写真を見たのですが、色気がダダ漏れしていました。「JC528」はカラーバリエーションが豊富なのも特徴ですが、僕はまず黒からトライしようと思います。


3万800円/Jesus Canovas

【問い合わせ】
KML ファッションハウス
03-6261-4551
MINIMAL WARDROBE

Photo:Ikuo Kubota(OWL)
Text:Toshiaki Ishii



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE