FASHION 簡単! ジャケットの着こなし方特集。

ダブルジャケットやデニムジャケット。白Tに合わせる夏コーデ3選

干場義雅編集長や、エディター陣がオススメするジャケットの着こなし方。お洒落初心者も、これさえ見ておけばコーデの基本がわかります。

一枚持っているだけで様々なコーディネートに着まわせる白Tシャツ。清潔感やサイズ感など気を付けることは多々あるものの、春夏にはかなり重宝するアイテムですよね。

しかし何度も着ているうちに、似たようなコーディネートが増えてしまうことも。そこで今回は、白Tに似合う「ジャケット3選」と題し、ワードローブに加えてほしいジャケットと、その着こなし方をご紹介してまいります! ジメジメした梅雨の時期にも、さらりと爽やかな印象を、簡単に与えられますよ!

ナチュラルカラーのダブルジャケットで、簡単リゾート気分

ヨハネス・ヒューブルが白Tと合わせるのは、日焼け肌にマッチするベージュのダブルジャケット。ジャケットやローファーの茶色とブルーデニムの青色で、アズーロ・エ・マローネを完成させているところに脱帽です。

ジャケットのメタルボタンやデニムのロールアップなど、一つのコーディネートに小技がたくさん使われていることにお気づきでしょうか。メタルボタンは若々しく、ロールアップはこなれて見せるためのテクニック。ただしロールアップは、やり過ぎると足が短く見えるので加減が必要です。

そして、白Tを着こなすための重要なポイントは、ジャケットのフロントボタンを開けること。カーディガンのようにサラッと羽織ることで、軽快さがアップ。白の面積も増えて真夏でも涼しげに見せることができるんです。

ジャケデニコーデは、スマートカジュアルやリゾートスタイルをこなれて見せるスグレモノ。この夏、一番おすすめのコーディネートです。ヨハネス・ヒューブルのコーデを参考に、爽やかメンズを目指しましょう。

手軽に着こなすデニムジャケット

リモートワークや外出自粛でお家時間を過ごすことが多い今だからこそ、ちょっとの外出でもひと工夫したいところですよね。そんな時は、白Tにデニムジャケットを纏うだけで完成する、カジュアルコーデが大活躍してくれるはず。

デニムジャケットのポイントは、ジャストサイズを選ぶこと。オーバーサイズが流行する昨今ですが、白Tと合わせると少々子供っぽく見えてしまうかもしれません。コーデのバランスは大切です。

ジュード・ロウは、ジャストサイズのデニムジャケットに、細身のブラックパンツと同色のシューズをチョイス。脚長効果で一気にスタイリッシュさがアップしていますよね。

いつもの白Tにひとつ加えるだけで、気軽にお洒落を楽しめるデニムジャケット。ワードローブに一着備えておけば、少しの外出でも楽しめること間違いなしです!

黒のセットアップなら、リモートワークにも最適

テレワークが普及するいま、一着は持っておきたいのがブラックのセットアップ。急なリモート会議にも、白Tに合わせるだけで立派な仕事着に。もちろんインナーをシャツ&タイに替えて革靴を履けば、出勤時のスタイルにも通用します。上下を切り離してデニムと合わせたり、パンツと白Tだけで着こなせるのも魅力的ですよね。

このコーディネートのポイントは、とことん色を抑えること。スニーカーはTシャツと同様に白、バックパックだけでなく腕時計さえもジャケットと同じ黒でまとめています。ヨハネス・ヒューブルのコーデと矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、やはりモノトーンはオシャレの基本。このポイントを知っておくだけで、一味違うコーディネートができるはずです。

素材にも気をつかえば、梅雨にも大活躍。テクニカル素材のセットアップなら、撥水性やストレッチ性を兼ね備え、中には片手に収まるほどの付属ポーチに収納できるなど、携帯性に優れたものも。白Tと合わせれば、ちょっとしたアウトドアにもぴったりです。

忙しいビジネスマンに必要なのは、簡単に着まわせてカッコよく決められるアイテム。それこそが白T×ジャケットなんです。これから到来するお出かけシーズンに向けて、お好きなジャケットをご用意してみてはいかがでしょうか?

Text: FORZA STYLE



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE