FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION NEWS

【ルイ・ヴィトンの財布】開運日に新調したい新作を要チェック。

最高開運日6月15日に財布を新調すると金運が舞い込む!?

財布を新調するには6月15日(火)がベスト!──今年の6月15日は、日本の暦の上で最上の吉日といわれている「天赦日」と、仕事始めや開店、種蒔き、お金を出すなど、何事を始めるにも良い日の「一粒万倍日」の2つの吉日が重なる最高開運日。

なにやら今からワクワクしますが、「金運を期待して買うなら新しい財布でしょ!」ということで、ルイ・ヴィトンの新作メンズウォレットをチェック!

新しいことを始めるのに、新しい財布は、気分良し!

「春は張る=財布の中身が張る」ということから、年明けに財布を買い替えることが定番化したり、財布の中身が増えるように、お札の顔を下にして収めたり、金運にまつわる財布の買い方や使い方は、検索すればザクザク出てきます。なかでも一番簡単なのは、開運日を狙って財布を新調すること!

すっきりとした縦型がエレガントで、使い勝手は機能的なのが、ルイ・ヴィトンの「ジッピーウォレット・ヴェルティカル」。ファスナー開閉式デザインで、複数のクレジットカード用スロットとファスナー式コインケース、紙類や紙幣用のコンパートメントを装備。

左/ジッピーウォレット・ヴェルティカル M80505 14万1900円(W10.0×H20.0×D2.0cm・モノグラム・シールレザー)
​右/ジッピーウォレット・ヴェルティカル M80791 14万9600円(W10.0×H20.0×D2.0cm・トリヨン・レザー)※6月11日(金)発売予定 © Louis Vuitton Malletier

左の黒の素材は、最高級のカウハイドレザーにデボス加工で施したモノグラム・モチーフが華やかなモノグラム・シールレザーで、右はラディアント・ブルーの上質なトリヨン・レザーを使用。どちらも増えつづけるカード類や紙幣を持ち歩くのに最適なスタイリッシュで機能的なウォレットです。

マットな質感でエレガントさが際立つエピ・レザーの魅力

クレジットカードや紙幣、レシートをコンパクトに持ち歩くのに最適なのが、「ポルトフォイユ・ミュルティプル」。素材はマットな質感でファンが多いエピ・レザーで、コンパクトながら多くのポケットやカードスロットを備えていて、ポケットにすっきり収まります。

左/ポルトフォイユ・ミュルティプル M80771 7万7000円(W11.5×H9.0×D1.5cm・エピ・レザー)
​右/ポルトフォイユ・スレンダー M80520 10万1200円(W11.0×H8.5×D2.0cm・モノグラム・シールレザー)© Louis Vuitton Malletier

「スレンダー」の名の通りスリムなデザインが魅力的な「ポルトフォイユ・スレンダー」。素材はモノグラム・シールレザーで、コンパクトですっきりした作りが特徴。使いやすいサイズ感が信頼に応えます。

【問い合わせ】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE