CAR 美女とタヌキの新車でGO!

【トヨタのミライを購入】水素ステーションで「給水」してみて発見続々。

ちょっとご無沙汰しましたが、話題の水素燃料電池車両『トヨタMIRAI』の第2回FCVドライブ編のスタートです。初めてのMIRAIでは満充填ではなく、いつ停電するかとハラハラしましたが、さて今回はどうなることやら。

本編で使用する個体(車両)は自動車メーカーが用意した広報車両ではありません。

つまり一般ユーザーが購入したフツウの販売車です。オーナーはリセール術でお馴染みの新車転がしの名人、MAD平塚氏が所有するMIRAIです。コレを継続使用して撮影・取材しました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

今回のドライブは、東京から伊豆半島・熱海へ転居し、スローライフという人生の選択をしたある方を訪ねます。とはいえ、根っからクリエイティブな同氏は『熱海暮らし方研究所(あたくらけん)』を設立。「タケノコ掘りに遊びにおいで!」の声に応じるカタチとなりました。ほっこりスローライフにMIRAIは応えてくれるのかな?

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ルートは都内から東名高速、厚木ICから小田原厚木道路、一般道は海岸線を走る国道135号から熱海ビーチラインへと乗り継ぎ、一路熱海を目指します。まずはサクッと簡易的に撮影車両のスペックです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

【MIRAI Z Executive Package】
ボディサイズ:全長4975×全幅1885×1470㎜
ホイールベース:2920mm
最高出力:134kW(182ps)/ 6940rpm
最大トルク:300Nm / 0-3267rpm
装着オプション:20インチのタイヤセット、パノラマルーフ

2021年3月5日の納車&速攻ドライブの模様はコチラ
 

 
Yahoo! 配信用パラグラフ分割

前回、水素不足で冷や汗をかいたにもかかわらず、なんと満充填を怠ったMIRAIが集合地点に到着。「だって水素ステーションに寄る暇がなかったんだもん」と平塚氏。この時点で見事タヌキ(大)に降格です。早々にカードキーを奪い、アイリちゃんにドライバーチェンジ!

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

「ハラハラさせられて愛着がわいちゃった」というアイリちゃんですが、この乙女心はグータラお気楽タヌキコンビには理解不能でございます。それでもレーントレーシングアシストを使い右に寄るクセのあるアイリちゃんを調教。同時にアダプティブクルーズコントロールを初体験していただきます。「うん、いいかも!」

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

そういえばトヨタさんは2021年04月08日にMIRAIに『Advanced Drive』搭載車を設定すると発表(2021年4月12日発売)。価格も最上級モデルで860万円となりました。ん? このMIRAIって納車早々に型落ちですか?

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

しかし、報道ベースによれば、無償アップグレード可能とのこと。無論、グレードによるのでしょうが、思わずこめかみが引きつるところでした。しかし、しかし。このニュースを聞いたタヌキ(大)が購入ディーラーに問い合わせたところ「まだ何も聞いていません」と担当セールス氏。いったいどうなっているのでしょうね?

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

相変わらず落ち着きのないヒョコヒョコしたライド感のMIRAIですが、熱海に到着して気付きました。「熱海市には水素ステーションがない!」。燃料電池実用化推進協議会のHPで水素ステーション一覧を調べても、日常的な距離にある施設はゼロという有様。風光明媚な熱海の地は、どうやら現在のインフラ状況では“タヌキの里”に向かないようです。トホホ。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

「夏は海でカヌーやSAPでもやりましょう!」という所長さん。「ごっつぁんです」と返礼しつつもタヌキコンビの脳内はすでに水素だらけ。オイシイ空気で空腹を紛らわし、セーブアクセルで移動式水素ステーションを目指します。MIRAIのカーナビは……この機能は停車してから使えと申します。何か無作法でもありましたかね?

水素の匂いはしませんが無事ENEOSのトラックを発見! 張り詰めたココロがほぐれます。機材を見ると“冷やし水素”を載せた大型トラックと、その脇に小型トラックの電源車。どうやら親亀、子亀のセットじゃないと充填できぬようですね。電気で水素を作り、電気で水素を冷やし、そして充填する。コレって、まだまだエコではないのかもしれません。

マコトに丁寧な対応のENEOSのスタッフさんにアレコレ聞くと、現状、「トヨタMIRAIとホンダCLARITYの割合は9:1という感じ。MIRAIは新型も増えてきましたね」と語ります。やはりFCVはMIRAIが圧勝! 不思議とMIRAIが頼もしく見えてきました。メデタシ、メデタシ。

協力:熱海暮らし方研究所(あたくらけん)
公式ウェブサイト
facebook

車両に関する問い合わせ:トヨタ自動車(MIRAI)

Text:Seiichi Norishige
Video:Yoshihide Shoshima
Model:AIRI
Special Thanks:Toshiki Hiratsuka



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE