LIFESTYLE 愛と悲鳴の婚活道場

婚活の極意をカウンセリング。ブサ面のバツイチアラフォーに自然と女が寄ってくる理由。

ライフスタイルは十人十色。おひとりさまもおふたりさまも大いに結構ですが、結婚というゴールをめがけて不幸なひしめき合いをしている男女のなんと多いことか。そんな悩みを、“女のプロ”川崎貴子がズバッと斬ります。

彼女が示すのは、その人に合った“歩むべき道”。正解もセオリーもない道に迷い込んだ人に、“光”を示す。しかし、そこに歩いていくのは、その人の体力と精神力。

さて、今回の相談者は、バツイチ男性。テディベアを思わせるふっくらとした容貌でありながら、彼女を切らしたことがないという。ハッキリ言って、非イケメン。なのにモテる理由と、理想とはかけ離れた、現実を生きてしまうという人生の悩みを掘り下げていく。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

【川崎貴子】
2度の結婚を経験し、現在の夫は8歳年下のイケメンの元ダンサー。二女の母。乳がんの闘病経験も持つ。経営者、結婚コンサルタント、コラムニストとして多ジャンルで活躍中。

今回の相談者は、堀田祥平さん(仮名・41歳)

堀田さんのスペックはこちら!
年齢:41歳
職業:飲食関連会社勤務
恋人:なし
交際人数:30人以上
結婚暦:1回
結婚願望:あり
顔:眉尻が垂れている柔和な顔立ち。優しそう。テッド似。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

――今回の相談者は、26歳の時に10歳年上の女性と結婚し、2年後に離婚している。それまでも、女性にはモテており、その相手はほぼメンタルが不安定な女性だという。離婚から12年、ふんわりとした結婚願望を抱えながら、不安定女子に振り回され疲弊しているという。

川崎:人当たりがよく優しい。あなたのような人は、“隠れモテキャラ”と言われることが多いわね。

祥平:バレましたか。僕はイケメンではないし、飲食店勤務なので収入が不安定なのですが、なぜか女性にはモテるのです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

川崎:そうよね。あなたにはえも言われぬ包容力がある。離婚歴があると聞いたけれど、前の結婚はどんな感じだったの? 言えるところだけ教えてくれる?

祥平:言えないことなんて何もないですよ(笑)。10歳年上の女性から告白されて、向こうに流されるまま結婚しました。それが大手ゼネコンに勤めていた26歳のとき。いろんなことがあって、2年後に向こうから別れると言われて、離婚しました。

川崎:え!? あなた大手企業に勤務していて、女性に流されるまま結婚と離婚をしたの? サラッと言っているけど(笑)

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

祥平:そうですか? 僕自身も「いいかな~」と思ったし、彼女の願いも叶えてあげたかったので、全然問題ないんです。結婚生活も、彼女が専業主婦になりたいというから、そうしてもらった。それに、実家に行きたいと言えば、「いいよ」と言っていた。やりたいことは何でも叶えていたのに、いつの間にか実家から帰ってこなくなり、離婚届けが送られてきた。

川崎:そこであなたは、彼女の要望を聞き、離婚した。

祥平:はい。でも、離婚した時にホッとしたんです。それまで、彼女に振り回されていましたから。

覚えているのは、北海道に行きたいというから、知床ツアーを予約して一緒にいったところ、彼女は終始ブスっとしている。理由を聞いたら「札幌でおいしいものを食べたかった」と言う。その半年後に、札幌旅行を企画したら、一切の食べ物を食べずに、コンビニで買ったチーズとゆで卵を食べている。理由を聞いたら、「今、ダイエットしている。札幌なんて来たくなかった」という。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

川崎:泣ける……彼女はあなたの反応で愛情を測っていたのかもしれない。

祥平:そうなんですよ。欲しいというプレゼントを買ったら、レシートを出せと言われて、そのまま購入した店に返品されたこともありました。

川崎:あ~。典型的な不安定女性の行動ね。よくがんばったね。これは余談なんだけどさ、離婚届けを出した後に、彼女から「なんで離婚したの?」って連絡来なかった?

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

祥平:ぎええええ!!!吐きそうです。その通りです。その後、彼女は僕のストーカーになりました。会社どころか、僕が仕事をしている工事現場まで来るので無視していたら留守中に自宅に侵入。お酒で睡眠薬を飲み倒れていたことがありました。慌てて救急車を呼んだのですが、致死量には全く至っていなかった。

川崎:それは想像の上を行ってたわ。心が不安定な女性は、自分を庇護する男性を見つけるのが上手だからね。そうそう、仕事について知りたいな。職業と結婚は密接に結びついていることが多い。相手の勤務先や年収で結婚するかどうかを決める人も多い。まずはあなたのこれまでのキャリアを教えてくれる?

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

祥平:父親が水道配管工事会社を経営していたので、幼いころから土木関係に興味がありました。見えないところで人の生活を支えている仕事っていいな……と思って、高校卒業後、建築学部がある私立大学(名門)に進学しました。

川崎:夢があったから、たくさん勉強をしたの?

祥平:指定校推薦で行ったんです。高校時代は今よりも太っていて、勉強しかすることなかったし、いい成績をとると父親が喜んでくれたので、ほとんどオール5でした。それで、大学在学中に、父のアドバイスもあってドイツの大学に1年間留学しました。就活もスムーズで、教授が多くの企業を紹介してくれたんです。中から父がすすめる大手ゼネコンに入りました。

川崎:なるほどね。あなたにとって、お父さんの存在は大きかった?

祥平:え!? そんなことないですよ。フツーの父です。今も家でビール飲みながらぬか漬けをかじっていると思います。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

川崎:そう。お父さんとの思い出で思い出すことってなに?


祥平:う~ん。言われると思いつかないですね。ただ、仕事人間です。母や兄、そして僕には“いい生活”をさせてくれて、感謝しています。

川崎:ところで、そんなお父さんがすすめた会社を辞めた理由ってどんなことなのかな。

祥平:相続税です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

川崎:は? あなた、予想外の答えばかりかえってきて、いちいち驚いてしまうわ。

祥平:え?そうですか。僕が32歳の時に祖父が亡くなって、億単位の相続税がかかってきて、父の兄弟と裁判沙汰になったんです。父を助けたくて、相続や法律を必死に勉強していたら、会社に行けなくなってしまった。それで辞めたんです。そのとき父から、「お前は何をやっているんだ!」と人生で初めて怒鳴られました。喜ばれると思ったのに、怒られて、あの時は悲しかったな……。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

川崎:あなた、自分が本当は何をしたいのか、わからないのね。相手に合わせて行動してしまう。それが「優しさ」と受け取る人もいる。その結果、精神的に不安定な女性を引き寄せてしまうのよ。

祥平:(息を呑む)そうか……なんか同じことを友達にも言われまくっています。でも説得力が違いますね。

川崎:ところで、会社を辞めた後のことについて、ザッと聞かせてくれる?

祥平:はい。その後は相続税の問題が片付き、母からは感謝されましたが、父からは何もなかった。そのまま父の会社に入ろうと思ったのですが、キッパリと断られた。

それから友人の店舗内装設計の会社に入り、配管などの設計を担当。お客さんの会社から誘われて、雇われ店長などをしているうちに、ある有名芸能人から「マネージャーにならないか」と誘われてなったら、元妻を思わせるくらい激しい人だったんです。このときの地獄はさすがに話せません。僕が辞めたことを聞きつけた飲食店のオーナーから誘われて、今の仕事をしています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

川崎:あなたは、必要とされている場所に行ってしまうのね。これは、単なる推測なんだけど、間違えていたらごめんね。あなたのお兄さんって、両親に手をかけられて育っている?

祥平:めっちゃびっくりしました。なんでわかるんですか。すげええ!! 人生でこんなに驚いたことは、父に怒鳴られたとき以来です。そうです。兄は僕より勉強ができないし、風采も上がらない。仕事の才能もないのに、「長男」というだけで、父や母から手をかけられて育っていて、何の資格も持っていないのに、父の会社を継いでいる。

川崎:あ~。日本の家父長制か。「長男」を大切にするってやつね。

祥平:はい。ホントにそれです。

川崎:あなたはよく頑張っているよ。今までの人生を想像すると、涙が出そうだよ。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

祥平:あれれ、勝手に涙が……そうなんです。僕、頑張ってきたんです。でもそれを言われたのは初めてです。

川崎:わかった。泣かないで。あなたはこれ以上、頑張らなくていいから。これからは自分がやりたいことが何かを探り、人生を生きる練習をしていこう。今なら建築の世界にも戻れるでしょう。

祥平:いや、それはもう“やり切った”からいいんです。今、川崎さんと話していて、僕はみんなが笑顔になれる場所が作ることに関わる仕事がしたいんだと、あらためて思いました。それが飲食かどうかはさておき、今の仕事を続けようと。

川崎:仕事の話が中心になったけれど、あなたの結婚観を教えてくれる?

祥平:結婚はすぐにでもしたいです。そして安易に自分の実家に帰らず、同じことを楽しんでくれて、いつも連絡がとれる状況にある女性と結婚したい。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

川崎:今、あなたが自然に出してきた条件に、いかに今まで不安定な女性に振り回されてきたかが現れているわね(笑)。まず、あなたがすべきことは、今までの“モテパターン”を捨てること。自分がどうしたいかをまず考え、相手の要望に合わせて動かない。

祥平:難しい! ううう……超難しい。

川崎:難しくてもやってね。これはあなたの人生を生きることにもつながっていくのだから。相手から誘われても、自分がこの人は違うと思ったら断る。結婚って幸せなイメージがあるけれど、実は大きなリスクなの。それは前の結婚で経験したのだから、そのことを意識してね。

祥平:そうか。まさに結婚はリスク。腑に落ちるというか、“納得”が僕の体を通過し、地球の深部にめり込んでいます。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

川崎:あなた、ユーモアのセンスもあるわね。いい感じ。あなたの場合、自己肯定感が高い女性……たとえば、仕事を頑張っている人や、確固たる価値観や趣味がある人と、何回も地道にデートして、関係をつくっていくといいと思うな。あなた、デートの経験が少ないじゃない?

祥平:おっしゃる通りです。今まで女性から言い寄られて、出会ってその日に僕の家に来て、そのまま半同棲状態になるというパターンがほとんどです。

川崎:体の関係になる前に、お互いの価値観をすり合わせるのが大切なのよ。お互いが興味があるところで一日過ごして、会話を重ねて関係を築き上げていくの。それにより、安定的な女性がいることに気付くはず。あなたならきっとできるから、反省から学んでね。応援しているわ!

 

記事へのコメントもドシドシよろしくお願いします。川崎先生が答えてくれるかも?

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

Text:Aki Maekawa

Photo:Yuji Hirose

▶︎川崎先生が運営される婚活サイト「キャリ婚」はコチラ!

▶︎川崎先生が教える婚活オンラインオープンセミナー開催!

婚活道場では、川崎貴子先生にご相談なさりたい男女を募集しております。

また、家族の不和、夫婦間の不協和音などに関する「家族再生工場」という新企画も進行中。プライバシーには十分配慮しますので、お気軽に下記編集部のメールにご連絡ください。

forzastyle.web@gmail.com

→【婚活道場】バツ3のシングルママは、コーナー初の「おばあちゃん」。壮絶人生を経て、それでもまた結婚したい理由。

→【婚活道場】前夫の借金癖でスピード離婚。バツイチ女性が、既婚男性にモテる理由。


【川崎貴子 プロフィール】
女性に特化した人材コンサルティング会社、リントス株式会社代表取締役。経営者歴23年。女性の裏と表を知り尽くし、人生相談にのりフォローしてきた女性は2万人以上。婚活結社「魔女のサバト」働く女性の為の婚活サイト「キャリ婚」主宰。「女のプロ」「黒魔女」の異名を取る。15歳と8歳の娘を持つワーキングマザーでもある。著書に、著書に、『結婚したい女子のための ハンティング・レッスン』(総合法令出版)、『愛は技術 何度失敗しても女は幸せになれる。』(KKベストセラーズ)『私たちが仕事を辞めてはいけない57の理由』(大和書房)『上司の頭はまる見え。』(サン マーク出版)『モテと非モテの境界線』(講談社)など。

▶︎最新著書
「やっぱり結婚しなきゃ!と思ったら読む本」
▶︎結婚したい独身男性の皆さまへ、キャリコンのご案内


RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE