FASHION 干場の「エコラグ」

+CLOTHETのパーカの驚くべきリラックス効果。干場義雅もおうち時間に愛用中です。

エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

STAY HOMEを極上セットアップで

少し前に「+CLOTHET(クロスクローゼット)」との共同プロジェクトとして、「スビンプラチナム」をスムースではなく、マイクロパイル生地にしたTシャツを紹介しましたが、今回はそれに続くマイクロパイル地のコレクションです。

実はTシャツを製作に取り掛かる前から、STAY HOMEのおうち時間をより快適に過ごすために、Tシャツだけでなくほかのアイテムもつくりたいと考えていたんです。

着ていて気持ちいいだとか、楽だといったことはもちろんなのですが、僕にとっては毎日のコーディネイトに迷わずに済むというのも大事なポイント。

そこで、出社するときにスーツを着るように、家で着られるスーツがあればいいのに、と思ったのがこの企画のきっかけでした。スリーピースのようにフーディ、Tシャツ、ショーツをセットアップで着られるのはかなり重宝するはず。

僕は普段のコーディネイトでも、極力色合わせに悩みたくないと思っているので、これは会心の出来栄えです(笑)。

フーディ、ショーツとも、上質なタオルに包まれているような素材の良さを存分に味わってほしいので、デザインはできるだけしない方向で。装飾を限りなく削ぎ落としていった先に、その服の本質が見えてくると思うんですよね。

僕は毎朝、シャワーを浴びた後に、このセットアップに着替えるのが日課。おかげで、1セットではローテーションを組めず、2セット大人買いしました(笑)。

もちろん、家着にするのはもったいないという人は、ガンガン外で着てください。

コロナが終息していないので、大きな声では言えませんが、海辺のリゾートやプールサイドには絶対に似合うはず。

さっきは同じ色のセットアップで着ることをおすすめしましたが、2セットを別々の色で揃えておけば、白のフーディに白Tとネイビーショーツといったリゾート風のコーディネイトも楽しめそう。

着こなしの可能性がいろいろあって、我ながらいいものをつくったと大満足しています(笑)。

【問い合わせ】
+CLOTHET

Photo:Ikuo Kubota(OWL)
Text:Toshiaki Ishii



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE