CAR 美女とタヌキの新車でGO!

世界限定750台。BMWのM4ヘリテイジを納車→即ドライブ。慣らし運転でわかったこと。

BMWといえばスポーティなブランドイメージをもたれるでしょうが、そんなBMWのなかでも特別にスポーツ性能を磨いたモデルが同グループ内のBMW M社が手掛ける“Mモデル”です。

今回、美女とタヌキが試乗したのはF82型M4の最終モデル、世界限定750台の『M4エディション・ヘリテージ』です。ストック状態でもレーシーなM4ですが、この限定車はサーキット走行を念頭において開発された『M4コンペティション』がそのベース車両。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

パフォーマンスは『M4コンペティション』と同一スペックですが、限定車ならではの装備としてBMW Mの3色のストライプを織り込んだカーボン製ルーフ、世界の名サーキットにちなんだボディカラーとインテリアのコーディネイトなど、主にコスメティックなカスタマイズが施されています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

現行モデルのM4は次世代型となるモデルコードG82型へと引き継がれていますが、おさらいの意味も込めてスペックを掲載します。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

【BMW M4 Edition Heritage】
エンジン:3リッター直列6気筒ツインターボ(S55B30A型)
最高出力:450ps(331kW)/7000rpm
最大トルク:550Nm/2350-5500rpm
トランスミッション:7速DCT
ボディサイズ:全長4685mm×全幅1870mm×全高1390mm
ホイールベース:2810mm
購入時の税込車両本体価格:1545万円

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

現行型は話題の大型キドニーグリルを外観上の特徴とし、搭載する3L直列6気筒ターボエンジンの型式は『S50B30T0』となりますので共通点はありません。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

試乗車両は毎度お馴染みMAD平塚氏の所有車。じつはこのM4は2台目の購入で「やっぱりM4はこのデザインがカッコいい」との評価から。そしてタヌキたちが懸念するのは近い将来の電動化プロセスであり、「カラダが元気なうちに気持ちいいエンジン車に乗っておこう!」なのであります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

撮影は購入先となる『Nicol BMW青葉宮前支店』さんの協力を得てスタートしました。天井が高く綺麗なショールームなので、このご時世でも不安がありません。車両の保護ビニールシートをバリバリ剥がして納車の儀式を行います。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

同所スタッフの古澤さんの説明によれば、「通常のモデルとは違いMモデルは慣らし運転が必要です。初回点検(1500~2000kmの間)ではエンジンオイル、デフオイル、ブレーキフルード、冷却水を交換します」とのこと。とはいえ、神経質になることはなく、サーキットを走るような負荷を掛けなければ大丈夫なのだそうです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

「いい機会だから運転席以外に乗りたい」との平塚タヌキ氏のありがたい言葉を受け、ノリシゲタヌキが処女ドライブを担当いたします。ピストンが首を振ってシリンダー壁を傷付けないようONもOFFもジワリとアクセル&ブレーキを操作します。アイドリングストップは解除スイッチON! 信号待ちもエンジンオイルと冷却水を回します。また、Dレンジのまま停車することもいたしません(反クラッチ状態を極力減らすため)。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

コールドスタートが効いたエンジン始動初期のエキゾーストノートがたまりません。じつに野生味を感じます。走り出せばスポーツモデル特有の精緻なムービングパーツ(動的パーツ類)が作り出す澄んだ感触が最高です。BMW Mって、やっぱり男のロマンだぜ!

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ドライブモードは、エンジン、サスペンション、ステアリングの3つを任意に3段階セレクトすることが可能です。高架式道路では一番締め上げたスポーツ・プラスが快適です。イチバンソフトなエコよりむしろ快適。不思議ですね~。助手席のアイリちゃんも笑顔が絶えません。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

今回の試乗はまだ慣らし運転中のためココまで。引き続きじっくりとインプレッションしたいと思います。

Text:Seiichi Norishige
Video:Yoshihide Shoshima
Model:AIRI
Owner:Toshiki Hiratsuka
Special Thanks:Nicol BMW



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE