CAR Dr.ノリシゲの妄想ドライブ

メルセデス・ベンツの電気自動車【EQA】はホントにお手頃なEVなのか?

説明しよう! 妄想ドライブとはヴェテラン モータージャーナリスト・ノリシゲセイイチが「このクルマにのったら、こんなことをしたい。こんなところに行きたい。この街道でぶっ飛ばしてチャンネーとこんなことがしたい!」と妄想の世界に遊ぶ気絶コラムである!

サイズ感は確かに〇だが、問題は買いやすさと実用度

大型連休を前に長距離ドライブをご予定している方も多いと思います。ところが件の緊急事態宣言でETC「休日割引」の適用除外という情報が入ってきました。また、カレンダー上、土日祝日は 「平日朝夕割引」は適用されませんのでご注意ください(詳細は公式HPでご確認ください)。

さて、時代は急速にEVへと加速中の自動車業界ですが、メルセデス・ベンツから『EQC』に続くBEV第2弾となる『EQA』が発売されました。この2台、クラス感でいうと前者がCクラス、後者がAクラスと捉えるとわかりやすいかと思います。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

プレスリリースの文面から引用すれば<「ちょうどいい」サイズで使い勝手に優れる本格的な純電気自動車>となりますが、注目すべきは「あのメルセデスの電気自動車か!」という世間の評価であり、クールな新興自動車メーカーのテスラとはポジションが異なります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

テスラなら少々の不具合もPCやスマホ同様に、アップデートの確認&更新でOKですが、世界で初めてガソリンエンジン車を作ったという歴史をもつメルセデス・ベンツにはコレが許されません……というか、一般ユーザーは厳しい目を向けると思います。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

【Mercedes-Benz EQA 250】
ボディサイズ:全長4465×全幅1835×全高1625mm
ホイールベース:2730mm
最高出力:140kW(190ps)/3600-10300rpm
最大トルク:370Nm / 1020rpm
バッテリー容量:66.5kWh(リチウムイオン)
航続距離:422km(WLTC)
車両重量:1990-2030kg
充電装置:普通充電AC200V・急速充電DC(CHAdeMO)
乗車定員:5人
タイヤサイズ:235/55R18(AMGライン:235/45R20)
メーカー希望小売価格:640万円(消費税を含む)

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

メルセデス・ベンツ購入時のお約束オプション『AMGライン』を装着した場合、多少サイズアップしますが、全長4500mm以内、全幅は1840mmを超えず、全高1650mmを切れば確かに都市生活型ユーザーも不便しないと思います。また、想定外に軽いのもいいですね。デザインがカッコいい『AMGライン』もタイヤ幅が広く出来なかったところがいかにもBEVという感想です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

次に実際購入するとなると、具体的なプランが気になります。メルセデス・ベンツ日本のHPを見ると、残価保証型リースプランの『メルセデス・スタイル』がイチオシであるとプッシュしている印象。リースなら諸経費込みなのでBEVであることを含め、魅力を感じる方もいらっしゃるでしょうか。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

【メルセデス・スタイル5年プラン】
条件等:残価保証型リースプラン / 年間走行距離1万キロ以内
頭金:40万円
月々の金額:7万8760円×60回(計472万5600円)
総支払額:512万5600円

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

上記プランはリース契約なので初回車検を目安とした3年周期で買い替える派の方には向きません。また、任意保険、初回車検費用と諸税は含まれませんのでご注意ください。大まかにいえば、月々8万円でメルセデス・ベンツのBEVに乗る、というカーライフプランとお考えください。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

気になる充電時間は標準レベルかと思いますが、メルセデス・ベンツだからといって、冬場の充電状況が夏場と同等などということはありません。ただし、そんなBEVの特性を補って余りある期待感がメルセデス・ベンツというブランドに感じてしまうのは確かです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

充電ステーションの拡充など、インフラを整える側にも大きな責任があります。今後の情勢をにらみつつ、BEVにおいても、もっと濃密な自動車談義ができればと切に願う今日この頃です。

Text:Seiichi Norishige

メルセデス・ベンツ



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE