FASHION あなたの靴、見せてください!

【ナイキの#靴魂ポストから厳選】あなたの靴、見せてください!

靴を偏愛する こじラグ谷中が、さらに靴企画を充実させるべくスタートさせた「靴魂(くつたま)」! インスタグラムに#靴魂のハッシュタグを付けてポストされたソウルメイトの投稿から、独断と偏見、そして魂を込めて厳選! あなたの靴が見たいから〜。

スポーツ界の発展だけでなく、ファッションカルチャーにも欠かすことができないナイキ!

あらためて、#靴魂に投稿してくださる方は革靴好きが多い! こんな状況下なのに嬉しい反面、スニーカーネタも取り上げたいFORZAは、少し寂しいです…。

でも、少しずつですが、ポストが貯まってきたので第33弾は、ナイキ(NIKE)をピックアップしたいと思います。33回目にして やっとナイキってのもスゴいですね(笑)。

創業者フィル・ナイトが、スタンフォード大学卒業後に神戸を訪れた際、オニツカタイガーと出会って魅了され、1962年にアメリカでの販売権を取得したことが、ナイキの始まり。

2年後には、オレゴン大学の陸上コーチだったビル・バウワーマンと共同でブルーリボンスポーツ(BRS)社を設立して、オニツカタイガーを輸入販売。そのうち製品開発にも関与し始め、1968年にはビルのアイデアが採用され、「タイガー コルテッツ」をリリースするまでに。

提携を終了した1971年に、ナイキの象徴「スウッシュ(Swoosh)」を最少した最初のシューズを発表するのですが、このスウッシュマークがギリシャ神話における"勝利の女神ニーケー(NIKE)"が翼を広げたデザインに似ていたことから、ブランド名と社名が「ナイキ(NIKE)」になります。

その後の躍進は皆さんご存知の通り、数々のシューズやウェアを世に送り出し、スポーツ界の発展だけでなく、ファッションカルチャーにも欠かすことができない大きな存在になっています。

では、話をクルリンパと戻してナイキの投稿から素敵な5+1選をご紹介していきましょう!

ナイキのシュプリーム別注「エアフォース1」

まずは、靴魂の常連 @sartoria9177さんの投稿から。

ナイキのシュプリーム(Supreme)別注「エアフォース1(AIR FORCE 1)」です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

1982年、いまでは当たり前になった"ナイキエア(NIKE AIR)"テクノロジーを搭載した初のコート用シューズとして登場したのが「エアフォース1」。

ナイキのレジェンドであるブルース・キルゴア(BRUCE KILGORE)がデザインを手がけ、バスケットシューズとしてだけでなく、ストリートカルチャーにおけるフットウェアの基盤となっています。

アメリカ大統領専用機と同名なのも手伝って 知名度は抜群。さまざまなブランドやアーティストとのコラボモデルが登場していますが、@sartoria9177さんが選んだのはストリートの王様シュプリームとのコラボ。ヒール&デュブレにシュプリームの刻印、つま先に小さなスウッシュが刺繍されます。

普段はジョンロブなどを履く白髪のダンディな男性が、ハズしでシュプリーム別注のエアフォース1を選ぶのって なんだか素敵ですよね。シュプリームの刻印は小さめですし、オールブラックなので、いかにもなアピールが少ないのもポイントかと。

今回は足元のみですが、大人が履くストリートスニーカーのお手本として、どんなアイテムと合わせてるかも見てみたいです。ぜひ よろしくお願いします!

ナイキのエアジョーダン1

続いても、#靴魂、そして#服魂の常連 @imademoboxerさんの投稿。

ナイキの「エアジョーダン1(AIR JORDAN 1)」です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

バスケットボール界の神様、マイケル・ジョーダンのシグネチャーモデル第1弾が「エアジョーダン1」。デザイナーは「エアフォース1」と同様 ブルース・キルゴアです。

いまでもエアジョーダンシリーズは継続されていますが、やはりエアジョーダン1のファンは圧倒的多数。あの『スラムダンク』でも桜木花道が履いていましたね。

じつは、マイケル・ジョーダンが在籍したシカゴ・ブルズのチームカラーをあしらった「エアジョーダン1」は、当時のNBAの規定に違反していました。そのためチームには試合ごとに罰金が課せられていたんですが、ナイキがそれを肩代わりすることで着用を続けていたという興味深いエピソードも残っています。

ナイキは「NBAはジョーダンにシューズの着用を禁止したが、君たちが履くことは禁止できない」というCMを流すなど、罰金を逆手にとって市場価値を大きく高めることにも成功。

もちろんマイケル・ジョーダンの圧倒的な存在があってのことですが、プロダクトだけでなく戦略面でもナイキはアタマひとつ抜きん出ていますね。

@imademoboxerさんは、他のナイキを履いての投稿はよく拝見しますが、この辺のカラーのはお見かけしないので、今度ぜひ どんな風に履きこなしてるかを見せていただけたら嬉しいです。

ナイキの「エアマックス1」

次は、服魂ダウンの回に登場いただいた@_oglog_さんの投稿。

ナイキの「エアマックス1(AIR MAX 1)」です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

1987年、いままでソール内部に注入していたエアを、初めて外から見えるビジブル仕様にした画期的なスニーカーが「エアマックス1」。

現在も「エアマックス」シリーズは継続していますが、その礎を築いたモデルで、デザイナーはブルース・キルゴアからエアジョーダン3以降のデザインを引き継ぎ、『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』に登場した未来のスニーカー「ナイキ マグ(NIKE MAG)」を製作したレジェンド的な存在ティンカー・ハットフィールド(TINKER HATFIELD)が担当しました。

パリのモダンな建築からインスピレーションを得て、大胆なアクセント・カラーを使ったデザインはストリートでも高い評価を受け、オリジナルカラーを求める方が いまだに多い名作。

と言いながら、@_oglog_さんが選んだオールホワイトもイケてますね。これなら合わせやすいし、オールシーズン活躍してくれそう。

この年代に誕生したスニーカーはミッドテクに分類されそうなので、いまのハイテクが苦手な方でも取り入れやすいと思います。

「自分、不器用ですから…」と謙遜されていますが、色を極力排除したシンプルな着こなしは大いに参考になります。

ナイキの「エアマックス 90 "グリーン カモ"

4人めは、腕時計魂のタグ・ホイヤーの回に登場頂いた @fuzy7さんの投稿。

ナイキの「エアマックス 90(AIR MAX 90)」です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

先ほどの「エアマックス1」、1989年に2代目として登場した「エアマックスライト(AIR MAX LIGHT)」に続く3代目として1990年に世に送り出されたのが「エアマックス 90」。ただ、3代目だけに発売当初は「エアマックス 3」というネーミングでした。

エアが外から見えるビジブル仕様も「エアマックス1」に比べるとだいぶ大きくなったため、そのまわりは高伸縮性・柔軟性に優れ、傷つきにくいTPU(Thermoplastic PolyUrethane、熱可塑性ポリウレタン樹脂エラストマー)パーツで覆われているのが特長。

@fuzy7さんの「エアマックス 90」は30周年のアニバーサリーを迎えた2020年にリリースされた"グリーン カモ"。明るいトーンカのモフラージュ柄とネオングリーンとのコンビなので、無骨な感じはなく爽やかな雰囲気です。挿し色的に取り入れたい一足ですね。

腕時計とスニーカーをうまく組み合わせた投稿は毎回素敵なので、ぜひ今後もたくさんの投稿をお願いします。

ナイキの「エアマックス90 "グレー"

そうそう。じつは@_oglog_さんは「エアマックス90(AIR MAX 90)」のグレーも投稿してくださっていました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

まるでニューバランスかと見まごうグレーの「エアマックス 90」も素敵。どんな着こなしにもマッチしそうですし、なんと言っても都会のコンクリートに馴染む!

これ欲しくなりました!

ナイキの「エアマックス 95」

最後は、@kengotaxさんの投稿。

ナイキの「エアマックス 95(AIR MAX 95)」です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

1995年に登場した、「エア マックス 95」のファーストカラー、通称"イエローグラデ"。ACGの分野に従事していたセルジオ・ロザーノ(SERGIO LOZANO)が、人体構造を手掛かりにデザインを手掛けました。

アッパーにはグレーベースのグラデーション、ビジブル エアなどにはネオンイエローカラーを採用した"イエローグラデ"は、ストリートシーンで空前の一大ブームを巻き起こします。

ファッション関係者にとどまらず 芸能人もこぞって履いたため、とんでもないプレミア価格がつき、"エア マックス狩り"が起こるほどの社会現象に。この登場を機にハイテクスニーカーブームにも火がつきました。

なんてお話も既に26年も前…。当時のハイテクスニーカーブームは3〜4年で収束しましたが、20数年のときを経て再燃し、異常な盛り上がりを見せているからファッションって面白いですね。社会的状況を鑑みると この波が収まる気配は感じませんが…。

@kengotaxさんは、かなりお堅めなお仕事ですが、家族と過ごされる際はカジュアルで優しそうなパパ。ぜひ今度は家族でお洒落した投稿を#靴魂・#服魂にお願いします!

 

最近ナイキに関しては、相当偏ったモデル選びをしていたんですが、あらためて見ると 90年代にリリースされたモデルや8くらいまでのジョーダンにはノスタルジーを感じてしまい、欲しくなりますね。

既にこの頃に発売してるモデルはクラシックに分類されて、いまのハイテクスニーカーほど合わせるのも難しくなさそうなので、気になった方は復刻などを試してみてはいかがでしょうか?

それでは、本日はここまで。是非これからも ドレスシューズに限らず、ブーツやスニーカーなどなど、みなさんの愛用靴を「#靴魂」を付けて たくさんポストしてください! 女性も大歓迎!

ちなみにですが、会員登録して頂けるとコメントを書き込むことができますので、#靴魂に対するご意見や感想、「オレはココの靴が好きだー」「こんな切り口で靴が見てみたい」などなど奮ってコメントしてください。それから、インスタグラムの #靴魂(くつたま)を介して、皆さんが交流してくれたら、こんなに嬉しいことはありません。

投稿に関してですが、撮影の仕方は自由。靴のみ、履いている足元、その靴を中心としたコーディネートなどなど、靴が写っていれば何でもOKです。ぜひご自慢の一足をインスタグラムに投稿してください。もしかすると あなたの投稿を取り上げるかもしれません。

それでは次回の「あなたの靴、見せてください」もお楽しみに!!



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE