FOOD 田舎で楽しむ英国的衣食住

レモン、生クリーム、砂糖だけ。ゼラチンも泡立ても不要の冷たいデザート「レモン・ポセット」とは〈田舎で楽しむ英国的衣食住〉vol.15

◆ムース? いえ、もっとなめらか◆

とある夏、ロンドンの気温が連日30度を超えたことがありました。通常であれば市内の主要な公園は真夏の太陽を愛する英国人でごった返すものですが、あまりの猛暑続きで溶けてしまったのか人影は多くありません。日本の厳しい夏に慣れている私もなるべく屋外で過ごしていたのを覚えています。

毎日のようにランチタイムに利用していたカフェで暑さを凌いでいた際、懇意にしている店員さんがLemon posset(レモン・ポセット)というデザートを出してくれました。暑さに疲れた身体を癒してくれるような爽やかな香りと冷たさ、酸味と甘味のバランスが印象的でした。

ムースのようだけど、もっと滑らかな舌触りです。何で出来ているのか尋ねるとレモンと砂糖と生クリームだけとのこと。作り方も温めて冷やすだけで簡単と聞いたので作ってみたのが最初でした。

一般的なレシピではグラニュー糖を使いますが、今回ご紹介するのは粗糖を使い柔らかく深い甘味を追求したレシピです。レモンが入るので生クリームが分離する心配もありません。

◆そもそもポセットとは?◆

Posset(ポセット)とはもともと沸騰させた牛乳にワインやエール(英国でもっともポピュラーなビールの一種)などを混ぜて凝固させた飲み物で、何世紀もの時を経て冷たいデザートへと変遷していきます。レモン、砂糖、生クリームを使った現在のレシピは、16世紀に登場したレシピが元になっています。

◆温めて、混ぜて、冷やす。爽やか&なめらかレモン・ポセットの作り方◆

①鍋に砂糖と生クリームを入れ、弱火にかける。泡立て器でかき混ぜ砂糖を溶かす。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

②鍋のフチに泡がつき始めたら、3分さらに加熱する。沸騰させたり膜が出来ないようかき混ぜる。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

③3分経過したら火を止めて、レモン1個分のすりおろした皮と果汁を加える、しっかり混ぜ合わせる。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

④容器に注ぎ、室温くらいに戻るまで冷ます。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

⑤ラップをかけて冷蔵庫で3時間〜一晩冷ます。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ミントの葉やホイップクリームを載せたり、ショートブレッドをディップしても美味しい。ポセットのレモンの爽やかさが紅茶にもよく合います。

使用したティーセット(写真右上)は1940年〜50年代の「Piquot Ware(ピコー・ウェア)」製。「マグネリウム」という、アルミニウムとマグネシウムの合金を使用し、磨きあげると銀を思わせるような光沢を見せる。英国のミッドセンチュリーを代表するデザインの一つ。

通常、紅茶は陶磁器のポットで入れるのが最適とされているが、このポットで淹れる紅茶はなぜか澄んだ味がしてよく使用している。

《材料》容量100mlグラスで4人分

レモン     1個
砂糖(粗糖) 80g
生クリーム(脂肪分45%が望ましい)300ml

photos&text: Kohki Watanabe

 

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

◆渡邉耕希(わたなべ・こうき)◆
愛媛県出身の1992年生まれ。ロンドンの大学でクラシック音楽を学ぶ。現地でヴィンテージ・アイテムの魅力に取りつかれ、服や靴を中心にアイテムの歴史的背景まで探求するようになる。無類のスイーツ好きが高じて開設したYouTubeチャンネル「The Vintage Salon」にて料理や英国菓子作りを通して日本で実践できる英国的生活を発信している。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE