FASHION 干場の「エコラグ」

スニーカーの定番。スペルガを干場義雅が愛する理由。

エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

いま見るとあらためて新鮮なド定番の一足

イタリアが誇る不朽の名作スニーカーといえば、真っ先に名前が挙がる「SUPERGA(スペルガ)」ですが、定番の「2750」が最初に登場したのは90年近くも前。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

にもかかわらず、いまもほとんどデザインが変わっていないというのは驚きの事実です。それだけ、完成度が高いということなのでしょう。

確かに、ヨーロッパでは古くから人気があるらしく、モナコやカプリなどのリゾートを訪れると本当によく見かけます。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

僕と2750との出合いは、ビームスでアルバイトをしていた約30年前。当時は、コンバースやトップサイダー、ヴァンズなど、アメリカ勢のスニーカーが全盛で、ヨーロッパものは珍しかったこともあり、とても新鮮に感じた記憶があります。

しかも、僕が初めて触れたメイド・イン・イタリーの製品(笑)。そのせいで、その後もスペルガは、自分のなかでは「これぞ イタリア!」というイメージを保ち続けています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

いまもピッティ・イマージネ・ウオモ(フィレンツェで年2会開催される世界最大級のメンズファッション見本市)に取材に行くと、このスニーカーをスーツやジャケットに合わせているファッション関係者がたくさんいるんですよ。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

しっかりとした厚手のキャンバス地は、履くほどに味わいが増すだけでなく、耐久性も抜群。ソールは、ゴムの弾力が上がり安定性が向上する、製造工程で靴に無理をさせないため型くずれが少ない、加硫圧着によってソールとアッパーが強く結合されているため底が剥がれにくいなど、さまざまなメリットを備えた伝統的な「バルカナイズ製法」で底付けされています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

バルカナイズ製法は古い製法ながらも、靴の機能を最大限に引き出す最善策。スニーカー本体とゴムソールの境目を補強するために巻かれたラバーテープもいいアクセントになっています。

なぜ、こんなに耐久性に優れているのか不思議に思い、ちょっと調べてみたんですが、スペルガにはこのスニーカーによく似た「2390」というイタリア海軍のセーラーシューズをつくっていた歴史があるんです。それゆえ無骨というか、男らしい印象があるのかもしれません。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ちなみにスペルガという名前は、誕生当時の工場がいまでは世界遺産にもなっているトリノのスペルガ聖堂の真下に位置していたため。ソールにも、その文字が刻印されています。

現在も本社(現在の生産工場はベトナム)はトリノにあり、社屋の屋上から高台にあるスペルガ聖堂が見えるんだとか。そんなロマンティックなストーリーが語れるのも、何だか素敵ですよね。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

各6300円(税抜)/SUPERGA(カメイ・プロアクト)

【問い合わせ】
カメイ・プロアクト
03-6450-1515

Photo:Ikuo Kubota(OWL)
Text:Toshiaki Ishii



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE