WATCH ロック福田の時計NEWS

ブルガリの2021年新作は「オクト フィニッシモ」に大注目。前回“心から欲しい”と思ったモデルに、さらなる磨きが!

1月25日から29日にオンラインで開催されたLVMH Watch Weekで、ゼニス、ブルガリ、ウブロ、タグ・ホイヤーの4ブランドが新作を発表。そのブルガリの新作のご紹介をいたしましょう。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

左から、ステファン・ビアンキ(LVMH ウォッチ&ジュエリー部門 CEO)、ジュリアン・トルナーレ(ゼニス CEO)、ジャン-クリストフ・ババン(ブルガリ グループ CEO)、リカルド・グアダルーペ(ウブロ CEO)

また、そのオンラインでの発表の前に、ブルガリ ウォッチ デザイン センター シニア・ディレクターのファブリツィオ・ボナマッサ・スティリアーニ氏に特別に単独インタビューをすることもできました。しかも同氏による新作紹介も単独で堪能できてしまった次第。で、それだからというわけではありませんが、今年の新作も素晴らしいです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ファブリツィオ・ボナマッサ・スティリアーニ

さて。今年もブルガリは「オクト フィニッシモ」の新作を発表。「オクト フィニッシモ」は2014年のデビューから2020年までの6年間で6度の世界最薄記録を樹立。その詳細については、昨年の「ロック福田の時計NEWS」でご紹介しています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

左から「オクト フィニッシモ トゥールビヨン」、「オクト フィニッシモ ミニッツリピーター」、「オクト フィニッシモ オートマティック」、「オクト フィニッシモ トゥールビヨン オートマティック」、「オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT オートマティック」、「オクト フィニッシモ トゥールビヨン クロノグラフ スケルトン オートマティック」

 

 

今回発表されたのは、まず「オクト フィニッシモ S」という新しい名前のコレクション。実は、これは昨年の「ロック福田の腕時計魂!」のブルガリ 銀座タワー・後編でご紹介した「オクト フィニッシモ オートマティック サテンポリッシュ」のコレクションを改名したもの。

世界最薄のムーブメントと、そのデザインの基本をそのままに、ケースをごくわずかに厚く、リュウズをねじ込み式にすることで、機能的かつ実用的な100m防水にスペックアップしたラインです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

自動巻き、SSケース&ブレスレット、ケース径40mm、100m防水。130万円(税抜)

こちらが2020年に発表された「オクト フィニッシモ オートマティック サテンポリッシュ」。2017年に自動巻きとして世界最薄記録を樹立した「オクト フィニッシモ オートマティック」のデザインをほぼそのままに、ケース厚を5.15mmから6.4mmに、リュウズをねじ込み式にすることで100m防水に高性能化したのが特徴。

ブラックダイヤルとブルーダイヤルの2モデルがラインナップされ、このブルーは福田が昨年「心から欲しい!」と思った一本です。


で、その新作「オクト フィニッシモ S」のひとつが、昨年のオートマティックモデルのシルバーダイヤル。すべてをシルバーにしたのがクールで格好いいです。
 

オクト フィニッシモ オートマティック S


自動巻き、SSケース&ブレスレット、ケース径40mm、100m防水。132万円(税抜・予価)(5月発売予定)

 


そしてもうひとつが「オクト フィニッシモ S クロノグラフ GMT ステンレススティール」。このモデルは2019年に発表され機械式クロノグラフとして世界最薄記録を樹立した「オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT オートマティック」の性能とデザインをそのままに、ケース厚を6.9mmから8.75mmにわずかに厚く、リュウズをねじ込みにすることで、やはり100m防水にスペックアップしたモデル。

「オクト フィニッシモ S」として、オリジナルのサンドブラスト加工チタンからサテンポリッシュ加工ステンレススティールに変更され、見た目もよりスポーティーな印象になっているのがチャームポイントです。
 

オクト フィニッシモ S クロノグラフ GMT ステンレススティール


自動巻き、SSケース&ブレスレット、ケース径43mm、100m防水。182万円(税抜・予価)(6月発売予定)

 

 

さらにもうひとつ、「オクト フィニッシモ」の新作として発表されたのが「オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT チタニウム」。こちらは「オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT オートマティック」をラバーストラップにした仕様。

ベルトを替えると時計は驚くほど表情が変わる、というのは福田が口癖のようにいっていることですが、本当にまったく違った時計のよう。ダイヤルがブラックになったのも新しい魅力ですね。
 

オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT チタニウム


自動巻き、チタンケース、ケース径42mm、ラバーストラップ、30m防水。187万円(税抜)

ということで、今回は「オクト フィニッシモ」の新作をご紹介しましたが、これ以外にもレディスの新作など多数。そして今回は発表しなかった新作もまだまだあるそう。なので、期待して待ちたい。楽しみですね。

【問い合わせ】
ブルガリ ジャパン
03-6362-0100

Text:Yutaka Fukuda



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE