FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR Dr.ノリシゲの妄想ドライブ

【MINIがアップデート】2021年3月欧州からリリース、見逃せないその内容は?

説明しよう! 妄想ドライブとはヴェテラン モータージャーナリスト・ノリシゲセイイチが「このクルマにのったら、こんなことをしたい。こんなところに行きたい。この街道でぶっ飛ばしてチャンネーとこんなことがしたい!」と妄想の世界に遊ぶ気絶コラムである!

悩ましくも楽しいミニは永遠のアイドル

BMWは欧州で2021年3月より新型ミニをリリースすることを発表しました。コレは世代交代ではなくマイナーチェンジ版。現行型オーナーが聞けばヤキモキするニュースですが、その内容をザックリ掘り下げてみましょう。

彼らの解釈によれば現在販売中のモデルは第4世代の中期型(MkⅡ)。今回のマイナーチェンジモデルは第4世代の後期型(MkⅢ)となります。1959年にモーリス&オースティンの2チャンネルで販売された通称クラッシック・ミニを初代としてカウント。2001年に発売されたBMW製ミニが2代目となり現在に至ります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

本国発表の英文プレスリリースは、日本語に翻訳し部分的に発表されているのですが、どうやら日本で先行して発売されるのは3ドア、5ドア、コンバーチブルの3モデル。他のバリエーションは少し発売時期がずれる可能性があります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

新型ミニの変更点をまずはエクステリアから見てみましょう(比較画像参照)。最大の特徴は大きく縁取ったフロントグリルでしょうか。ヘッドライトは全車LED、オプションでアダプティブLEDヘッドライトが設定されています。印象的なシルエットは変わらぬものの、各モデルとも新意匠のホイールを装着します。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

パワーユニットは、ワンとクーパーが1.5リッター直3ターボ、クーパーSとジョン・クーパー・ワークスが2リッター直4ターボを搭載。日本仕様のスペックは未公表ですが、全車ユーロ6対応の排出ガス基準をクリア。

コレは! と思う変更点は、アダプティブ・シャシーの採用です。また、タッチ式の操作系、運転支援装備など最新版にアップグレード。誤解のないように詳細は原文でご覧いただくのがよろしいかと思いますが、取り急ぎ欧州仕様のパワースペック(最高出力)から記載します。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

【MINI 3 Door / 5 Door / Convertible】
MINI One:75kW(102hp)
MINI Cooper:100kW(136hp)
MINI Cooper S:131kW(178hp)
MINI John Cooper Works:170kW(231hp)

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

【イノベーションの概要】
・新しいフロント・デザインによる純粋主義的外観新しいフロント・デザインによる純粋主義的外観
・LEDヘッドライトを標準装備
・新しいデザインの特徴的なサイド・スカットル
・デザインを変更したリヤ・エプロン、ユニオン・ジャック・デザインのLEDテールライトを標準装備
・世界的イノベーション:マルチトーン・ルーフ
・新しいエクステリア・カラーとライト・アロイ・ホイール
・新たにデザインされたインテリア・サーフェスとエア・アウトレット
・デザインを変更したステアリング・ホイールにヒーターを初めてオプション設定
・5インチ・カラー・ディスプレイを備える多機能インストルメント・ディスプレイ
・新しいハイグロス・ピアノ・ブラック・サラウンド、8.8インチ・ディスプレイ、最新のグラフィックス・ディスプレイを標準装備するセンターメーター・パネル
・新しいライト・チェッカー・カラーのスポーツ・シート
・機能を拡充した新しいアンビエント・ライトをオプション設定
・アダプティブ・シャシーに周波数選択ダンピングを装備
・電動パーキング・ブレーキを初めて設定
・アクティブ・クルーズ・コントロールにストップ&ゴー機能を装備
・新しいレーン・ディパーチャー・ウォーニングと悪天候ライトによる安全性の大幅な向上
・装備を拡充したピアノ・ブラック仕上げのエクステリア
・的を絞った個性化を可能にする新しい装備パッケージ

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

個人的にうれしく感じた装備がステアリングヒーターの新規採用です。可能なら単品メニューで、たとえオプションでも全グレードに設定してもらえるとありがたいなと思います。

いまは日本仕様の正式発表を待つしかありませんが、気になる方は正規ディーラーで聞くのが一番早く情報に触れられます。そして、正規ディーラー割り当ての先行発注分にご自身のオーダー枠を確保するのが最短ルートとなります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

今回発表された第4世代後期型ミニは、早めに発注すれば3年後の初回車検までは現行型として何とか乗れそうな気配です。装備面を考慮すると価格は上昇するでしょうがフレッシュな気分で乗れる最新型はやはりワクワクしますね。なお、本文中でご紹介できなかった画像をギャラリー内に掲載しています。是非ともご覧ください。

Text:Seiichi Norishige

MINI



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE