FASHION エディターヤナカのこじラグ

エルメス by マルタン マルジェラのダッフル。シンプルだけど、上質を極めた至高のコート!

自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに...。ホントにこじらせているのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかはわかりませんが...、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

レディースですが、ダッフルなので前合わせも気にせず着ることが可能!

2016年10月にヒョンなことからスタートした「こじラグ」も 気がつきゃ 200回! よくもここまで続いたし、どんだけ買ってきてるんだ オレと、感心と諦めのあいだでココロが震えております。

さて、200回めのキリ番ってことで 今回もちょっとした大物、エルメス バイ マルタンマルジェラ(HERMES BY MARTIN MARGIELA)のダッフルコートです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

こちらも 以前に紹介したヴァルーズのニット同様にレディスなんですが、女性がコンフォートに着られるようにオーバーサイズで仕上げられているため、しっかりした体格の僕でも難なく着ることができます。

そして、さすがに この時期(1997年〜2003年)にエルメスをバンバン買えるほどではなかったので、このコートも ニット同様、ある女性が購入したものを譲って頂いたんですが、ほぼ新品でした!

華奢な日本の女性には少し大きかったのが幸いし、それなりのお値段でしたが ありがたいことに僕の手元にやってきました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

このダッフルがスゴいところは、トグルとなるレザーのストラップがすべて取り外しできること。すべて外せば、ただ羽織れるだけのマントのように変身しますし、外した3つのストラップはバングル的に使うこともできます。まぁ 腕に巻くことはありませんが…。

そして、ストラップだけでなく襟もボタンで取り外せて、ノーカラーのコートにもアレンジが可能です。

マルタンがエルメスのプレタポルテをデザインするときに考えた"リュクス"の定義には「クオリティとコンフォートの完全なバランス」というのがあり、自身のブランドとは異なる唯一無二な美しく上質な素材を使って、時代性を超越したフォルムを描く、シンプルなアイテムを提案し続けていたのですが、ただのシンプルな服じゃありませんでした!

素材もウールにカシミアを混紡したメルトンなんですが、とにかく柔らかくてモッチモチ。裏地もついていないので、カーディガンを羽織るような気分で着こなすことができます。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

さらに、スゴいのは 使われているボタン! マルタンがクリエイティブ・ディレクターをつとめていた時期のボタンは、糸を通す部分が6つ穴になっていて、そこを「H」の文字になるように縫ってあるんです。はっ! よく見たら「H」。

そこにシビれる! あこがれるゥ!

これに袖を通すたびに、エルメスの底力と、マルタンのクリエイティビティに感服して、あの時代にガンガン買えるようなオトコでありたかったと思います。もう少しだけ早く生まれていれば…

いままたマルタン マルジェラが再評価され、これらエルメス バイ マルタンマルジェラのセカンドハンド価格が高騰してしまい、新たにアイテムを手に入れることは困難ですが…、チャンスがあったら欲しいものもたくさんあります。

とは言え、このコート、シルクのヴァルーズニット、カシミアのチョッキがあれば十分な気もしているので、手放すことなく大切に着ていこうと思います。

Photo:Shimpei Suzuki(item)
Edit:Ryutaro Yanaka



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE