FASHION こじラグ

【ポール ハーデンのロングジャケット】靴もマックコートも手放したのに、なぜかコレが残った…

自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに…。ホントにこじらせているのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかはわかりませんが…、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

いつか似合う日がくるのを待ちながら

さて、197回めは「ポール ハーデン(Paul harnden)」のロングジャケット。こちらもコム デ ギャルソン・オム プリュス(COMME DES GARCONS HOMME PLUS)」と同様に 捨てなかった服企画の動画で紹介した、なんとも懐かしいノスタルジーの塊的アイテムです。

 

 

確か… 初めて見たのは、いまは無き青山のスペースだったかな。ヘルムート ラング(HELMUT LANG)なんかをチェックしに行ったら、ラック下に ちょこんと洗濯&乾燥かけられたのか?ってくらい シワくちゃでヨレたブーツが置いてありました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

タグには「Paul Harnden , Shoemakers」とあって、聞くとジョンロブ(John Lobb)で木型職人として働いた経歴があるとのことでしたが、にわかには信じがたい。

ギャルソンの縮絨なんかは好きだったけど、靴であれはヤリすぎ。しかも高いからスルーしてたんですが、後にカルペディエム(cdiem)やジンターラ(ZINTALA)に出逢うにつれて、だんだん気になってきて。気付いたら靴やらマックコートやら、ジャケットなんかにまで手を出す始末。

シャツとニットはコスパが悪いし、革小物のクオリティには いつまで経っても納得できなかったので買いませんでしたが。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

じつは、最初は靴だけに留めておこうと思ったんですが、偶然 街で出逢った小林薫さんが全身ポール ハーデンだった姿があまりにカッコ良すぎて…。あまり芸能人に憧れることはないんですが、あんな風に歳重ねられて、気負わずサラッとポール ハーデン着てたらカッコいいなぁなんて憧憬を抱いて、たまらず欲しくなって、あとは想像通り。

でも、中途半端に歳食ってる30代には似合わず……。なんだか貧乏くささだけが漂ってしまったので、靴とマックコートは知り合いに譲ってしまいました。エレナ ドーソン(Elena Dawson)が手掛けてた時代のものなので作りも良く、美しくはあったんですが。

そして、なぜか このストライプと、同じく生成りのリネンジャケット2着だけが残りました。

正直、いまもコレがカッコいいとは思えていないんです(笑)。なんだか中途半端な長さだし、どこまでボタン閉めて着るのが正解かも分からない。全部締めると様になるんだけど、それでイイのか??

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

マガジンポケットも付いてるけど、シーチングが弱すぎて荷物入れると不安しかないし。

もうかれこれ10年近く袖を通していないんですが、なぜだか手放すことができず…。シワが消えないよう、わざとクシャッと丸めてクローゼットの奥の奥、パンドラの箱付近で眠ってもらってます。

もう少し枯れて、これと同じくらいシワが刻まれる頃には、小林薫さんの10分の1くらいは似合うようになってるのかな? そんなときが来たら、着たらイイよね。

でも、こんな高い服着ないまま 他界しちゃったらイヤだな(笑)

Photo:Shimpei Suzuki(item)
Edit:Ryutaro Yanaka



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE