PR PROMOTION

【干場の気になる★メンズビギ編】日本で唯一! デンハムとのコラボを徹底解剖

 
日本の男たちをカッコ良くし続けてきた、メンズビギの"いま"を干場が探る!

sponsored by MEN'S BIGI

コロナ禍での自粛中、NetflixやAmazonプライムで気になっていた作品を観たり、懐かしの映画をDVDで見返してみたり、忙しくてなかなか出来なかった有意義な時間を過ごしていた 編集長干場。

ただ、趣味の時間であっても 頭の片隅では仕事を意識し、映画に登場するスターたちのファッションや身のこなしなど、参考になりそうな部分は つねに気にしてチェックしていたようです。

鑑賞した数多の作品から、なんとなく記憶に残ったのは、大好きなブルース・リーの『燃えよドラゴン』と、残念ながらこの世を去ったショーケンこと萩原健一氏が主演をつとめた『傷だらけの天使』。

じつは、『燃えよドラゴン』ではブルース・リーが墓参りをするシーンで着ていたスーツ、そして『傷だらけの天使』ではショーケンの衣装すべてをメンズビギ(MEN'S BIGI)が提供していたことを思い出し、現在のメンズビギがどうなってるのか?が気になったため、ショップのある有楽町マルイを訪れてみることに。

ショップで対応してくれたのは、メンズビギの企画を担当している西賀 誠さん。

早速 彼に「いまのメンズビギがどうなっているか」「注力しているアイテムは」など、いろいろと話をうかがっていると、今季のオススメとして紹介されたのが、デンハムとのコラボアイテムたち。

日本でデンハムとジーンズのコラボを行っているのは、メンズビギだけ

デンハムといえば、2008年にオランダ・アムステルダムにてイギリス人のデニム職人ジェイソン・デンハムによって設立された、伝統と進化のバランスに長けたデニムブランド。現在はデニムだけに限らず、トータルでラインナップする注目ブランドに急成長を遂げています。

メンズビギは、そんなデンハムと6シーズンに渡ってコラボコレクションを発表しているのですが、ブランド設立から現在に至るまで、日本でジーンスのコラボを行っているのはメンズビギだけなんです!

今回 最も注目したいのは、定番のスリムフィットモデル「スキン(SKIN)」をベースに、インラインにはないユーズド加工のブラックストレッチデニムを採用し、メンズビギ オリジナル仕様で別注したモデル。

デンハム×メンズビギ コラボレーション JEANS  3万円(税抜)

七角形のバックポケットやドロップヨークなど、デンハムのシグネチャーディテールは、そのまま採用。

レザーパッチにはコラボレーションの証として、両者のロゴが揃い踏み。

また、ウエスト内側のロゴと、走るステッチのカラーをオランダ国旗の配色にアレンジするなど、見えない部分にもこだわりを詰め込んでいます。

コロナの影響で意識が「自粛から自衛」へと変化し、最近は着る服もハードなものばかりに目が向いていると語る、編集長干場。

自身もあらためてデニムに注目していたところなので、興味津々。

続いて紹介して頂いたのは、西賀さん的今季ナンバー1のオススメ! ホールガーメント(WG)で編み上げたニットブルゾンです。

こちらは、「3Dニット」と呼ばれる技術によって、身体の形や可動域に合わせて立体的なパターンを採用しているのがポイント。さらに、ホールガーメント編機を使うことで、縫い目が最小限に抑えられているため、着心地が良く、フィット感にも優れ、美しいシルエットに仕上がっています。

デンハム×メンズビギ コラボレーション WG TECH JACKET 3万2000円(税抜)

素材はこのコラボのために製作したコットンポリエステルナイロンで、立体感のある鹿の子編み。インビスタ製のコーデュラナイロンならでは強度と肉感のある素材ながら、軽い着心地で、ストレッチ性・通気性・速乾性もあるので、ストレスなく着ることができます。

右ポケット下には、デンハムのアイコンであるハサミの刺繍をあしらうことで、ライン状の編み柄がハサミの切れ込みに見えるようデザイン。遊び心が効いています!

こちらも、コラボの証として襟裏に貼ったラインテープに両者のロゴを走らせています。

裾から覗くコードはモノトーンに替えて、クール&シックな表情に。

「リラックス」という、いまの気分を取り入れながら、男っぽく、カッコ良くあるためのアイテムとして最適なんです。

デンハム×メンズビギ コラボレーション WG TECH JACKET 3万2000円、JEANS  3万円、メンズビギ カットソー 8900円、スニーカー 1万9000円(すべて税抜)

リモートやZoomの会議など家にいる機会が多くなった昨今、リラックスできて、動きやすく快適に過ごせるアイテムって、今まで以上に欠かせなくなりましたよね。そして、そんな快適なアイテムが、外出するときにカッコ良く見えたら最高じゃないですか?

この時代のニーズを的確に捉えたのが、今回メンズビギがデンハムに別注したアイテムたち! 50年近くメンズファッションを牽引し続けてきた歴史と伝統は 伊達じゃないです。

まもなく各ショップには、デニムに続いてニットブルゾンも入荷していると思いますので、気になった方はぜひ訪れて、試してみてはいかがですか? その快適な着心地とスタイリッシュなデザインにきっと惹かれてしまうはずですから。

Video:Shingo Takeda , Kengo Yagawa , Kenta Matsuo
Photo:Shimpei Suzuki , Ryouichi Onda
Hair&Make-up:Megumi Ochi
Model:HAYASE
Edit:Ryutaro Yanaka

【店舗概要】

メンズビギ リミテッド 有楽町マルイ店
東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町マルイ7F
03-6738-3801
営業:11:00~21:00 日曜・祝日10:30~20:30
定休日 : 不定休

【提供元】
メンズビギ
03-5428-0378
https://www.mens-bigi.com

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE