エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

日本から世界に通用するブランドを!

欧州の名だたるラグジュアリーブランドに優れた感性と技術で素材や加工を提供しているのにもかかわらず、日本国内ではほとんど知られていないメーカーがあります。

こうした真の実力ある日本のメーカーと組んで、海外でも通用するブランドをつくりたいという想いから、干場プロデュースの新しいブランドを立ち上げることにしました。

今回のパートナーは、世界3大ウール産地として知られる尾州(愛知県一宮市)で染色整理工場を97年間営み、素材の魅力を引き立たせる加工技術をもつ株式会社ソトー、そして東京に工場を置き、「1本の糸から製品までを完結させる」を心情にものづくりを行う株式会社バーンズファクトリーです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

新ブランドの名前は「MOVB(モーヴ)」。イタリア語で“動き”を意味するMovimento、“洋服”を意味するVestito、“美しさ”を意味するBellezza。その3つのキーワードの頭文字をとったウールジャージを駆使したコレクションです。

色使いは、僕が好きなネイビーやグレー、キャメル、ブラックといった男の基本色だけに絞りました。特徴は「TPS縫製」と呼ばれる、革新的な縫製技術。裁断された生地を、まるで一枚の布地のようにフラットに縫製することで、動きやすさと驚くべき着心地を実現しています。

こちらのピークドラペルのダブルのコートは、ラブランスリーブを採用した大人にも似合うセミオーバーフィットのモデル。目付390g/m2のメリノウールを使ったライトメルトン調の生地は昔ながらの縮絨機を用い、時間をかけてじっくりと生地を揉み込み縮絨させて仕上げています。そうした製造工程により、生地の中に空気を含む隙間が生まれ、保温性が高く軽量に。見た目はコート然としているものの、長時間着用しても着疲れしません。

ウィズ・コロナのビジネス時にも対応

また、ラッセル編みでつくられた生地は、ストレッチ性に優れ着心地をさらに快適に。生地表面は、シャドウに見える編み立て柄がエグゼクティブな印象を引き立てます(色目によって見え方に違いがあります)。

スーツやジャケットの上からだけでなく、ニットやニットジャケットなどに合わせてもOK。新しい生活様式が求められる、ウィズ・コロナのビジネス時にも対応します。ミニマルでエレガントなデザインに隠された、日本の匠技をぜひ堪能してみてください!

Photo:Ikuo Kubota(OWL)
Text:Toshiaki Ishii



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE