FASHION オトナの”鉄板定番”ベスト

UKロックの王道「ジョージコックス」は、いつの時代も攻める男の相棒です

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介します。

英国ユースカルチャーを象徴する鉄板の一足です

第287回は、ジョージコックスのシューズです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
4万6000円(税抜)/ジョージコックス(GMT SHOP)

50年代のテディボーイ、60年代のモッズ、70年代のパンクスなど、今日のファッショントレンドにも影響を与えている英国ユースカルチャー。当時の若者がこぞって着こなしていたのが、「フレッド ペリー」のポロシャツや「ドクターマーチン」の8ホール。ご紹介する「ジョージコックス」のクリーパーもその一つです。

1906年にジョージ・ジェイムス・コックスが、靴づくりの聖地ノーザンプトンで創業。1949年に世界で初めて革靴にラバーソールを採用したシューズを開発したことでも知られる、英国を代表するシューズブランドです。

そんな同ブランドのアイコンである分厚いクレープソールを配した「ブローセルクリーパー」は、50年代にロンドンの不良少年集団であるテッズの間で人気に。その理由は、エッジの効いた面構えに惚れ込むとともに、レザーソールに比べて遥かに足音が響かないからだとか。

そのトレンドは後の70年代のパンクムーブメントに引き継がれ、かのセックス・ピストルズのジョニー・ロットンをはじめ、多くのミュージシャンの足元を彩りました。現代でも脈々と続く、ロックな男の鉄板シューズです。

なんと言っても目を引くのは、厚さ約4cmのクレープソール。上品な光沢を放つレザーアッパーと相まって、この上ない存在感を放ちます。とはいえ、その魅力はルックスばかりではなく、メイド・イン・UKにこだわり、伝統的なグッドイヤーウェルテッド製法を用いるなど、ノーザンプトン発らしい意匠も健在。

トレンドや時代に左右されずに男の“攻め”をアピールできるから、カジュアルはもとより、昨今のビジカジスタイルのアク足しにもぴったり。ベースが革靴だからスラックスとも好相性ですしね。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
4万2000円(税抜)/ジョージコックス(GMT SHOP)

クレープソールと並んで同ブランド人気のエアクッションソールを採用した一足。シャープなトゥとドットスタッズを配した、ひねりのあるデザインが特徴。モダンな履き姿を提供するとともに、コーディネートに程よくスパイスを与えてくれます。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
4万9000円(税抜)/ジョージコックス(GMT SHOP)

クラシック回帰の昨今にオススメな、外羽根式のウイングチップシューズ。上のクリーパーシューズより、やや厚さを軽減し波打つようなクレープソールが見どころです。アッパーのハイシャインレザーが、カジュアルなシューズに上品さをプラス。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Hayato Hosoya

【問い合わせ】
GMT SHOP 03-5468-6366



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録

TAGS


連載 オトナの”鉄板定番”ベスト

連載をクリップ

カテゴリー FASHION


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

あなたにオススメ

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE