FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR 九島辰也のCAR STYLE

「マクラーレンGT」の真骨頂を走りで体感。これぞ大人のためのスーパーカー!

スーパーカー業界の変化球は 酸いも甘いも噛み分ける大人の選択

「変化球」、って言葉がありますよね。ストレートじゃないというか。ファッションコーデにもたまに使ったり。で、クルマ選びにもこれは当てはまります。昔のボルボだったらワゴンでなくセダンだったり、これほどディーゼルエンジンがメジャーじゃない時代にあえてそれを選ぶとか。まぁ、王道に対しての「ハズし」ってところでしょうか。

そんなクルマに乗りました。マクラーレンGTです。もちろん、SUVには目もくれずスーパーカー道を歩むマクラーレンですから、王道であることは間違いありません。ミッドシップに鎮座するパワーユニットは4リッターV8ツインターボ。最高出力620psは申し分ないでしょう。“スポーツ”カテゴリーの600LTが600psなので、それを上回ります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ですが、このクルマはその名の通り“GT”なんです。つまり、グランドツーリズモ的な。要するに荷物を積んで旅に出るようなイメージです。同価格帯のハイパフォーマンスモデルでいえば、ベントレーとかアストンマーティンとかAMGとか。フェラーリにもそんな使い勝手のモデルはあります。ポルトフィーノとかGTC4ルッソとかですかね。

でも考えてください。マクラーレンGTはミッドシップなんです。つまり、フロントフードの下に荷物を載せられても、リアスペースはエンジンが占拠しているんですね。よって普通に考えればGTカーにはならない。がしかし、このクルマは見事にそこに空間をつくり荷物を載せられるスペースを確保しました。いやはやお見事。まさにマクラーレンの変化球カーです。

ということで、さっそくリアにゴルフバッグを積んでラウンドして参りました。場所は伊勢志摩にあるネムゴルフクラブ。英虞湾を望むリゾートゴルフ場です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ゴルフバッグはリアのハッチを開けて積み込みます。もちろんハッチは電動式。スペースはそれほど広くありませんが、自立式の細いキャディバッグでしたら2つ並べて積めそうです。今回はマクラーレンGTコレクションの専用キャディバッグとボストンバッグを積みました。このためにデザインされていますからね。かなりオシャレです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

それじゃ“GT”の名をつけたこのクルマはどんな走りをするのか。今回のドライブルートはほとんどが高速道路で、一部市街地、それとワインディングという設定でした。その意味ではGTカーとしての性格が求められたと言えます。

で、その走りの味付けは期待以上。あまりに広い領域を持ったキャラクターに驚かされました。というのも、エンジンをかけた後のデフォルト状態ではとても扱いやすく、ミッドシップのスーパーカーといった性格を隠します。そのまましばらく走っていると自分が背の低いとても目立つクルマに乗っていることを忘れてしまうほど。

操作系に対するレスポンスはマイルドで、乗り心地もワルくない。しかもキャビンの静粛性も高いままキープされます。ちょっとSAでトイレ休憩なんて時に、再認識するくらいかな。車止めは気になりますから。それとドアの開け方はやっぱ特殊ですもんね。

それじゃ終始そうなのかといえば違います。センターコンソールのACTIVEスイッチを押すとキャラは一転。見たまんまのスーパーカーになります。操作系はすべてクイックレスポンスになり、エキゾーストサウンドも変わります。

究極はMANUALボタンを押してドライブモードを“T”(トラックモード)に合わせた時でしょう。クルマはレースカーへ早変わり。減速時はブリッピングサウンドを響かせながらガンガンギアを落とし、加速時は野太い音を轟かせながらキッチリ上まで吹け上がります。ハンドリングもかなりクイックになりドライバーを中心にクルリとまわります。ミッドシップならではの動きですね。

ですが、それでも安定しているのはマクラーレンの真骨頂。高い次元でクルマをコントロールできるので、ドライバーはどんどん運転が楽しくなります……。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

なんて感じのマクラーレンGTはまさにスーパーカー界の変化球。酸いも甘いも噛み分ける大人の選択肢と言えるでしょう。王道に飽きたそこのアナタ! マクラーレンGTをぜひお試しくだされ。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE