TRAVEL BLOG

新緑を愛でる旅「星のや京都」で素敵なあの子とリフレッシュしてきました

嵐山に構える全室リバービューの宿

ごきげんよう、makikoです。

6月中旬、新緑を愛でに京都へ行って参りました。

本当は4月の桜の時期に行く予定があったのですが、まさかの緊急事態宣言により流れてしまい、このタイミングに。

日本を旅するときはいつも星野リゾートと決めていて、それは素晴らしいサービスと関連施設が全国にまんべんなくあるからという理由から。

今回はちょっと背伸びをして星のや京都に泊まることにしました。

京都駅から嵐山へ。渡月橋のたもとに星のや京都専用の船着き場と待合室があります。

緑溢れるお庭を眺めながら待てるなんて贅沢!

最初から特別感のあるプレゼンテーションに胸が高まります。

こちらからお宿を目指します

たおやかに流れる大堰川を遡ること15分程度、星のや京都に到着です。

ここで舟をおりて星のや京都へとアクセスします

水辺の私邸を思わせる自然と近い距離感が、本当に心癒されます。

この数ヶ月、ずっとハラハラ過ごしてきて、心が癒しを求めていたんだなと……何度も部屋からの景色を眺めながら深呼吸をしてしまうんです。

目の前は遮るものなく大堰川を見渡せます。対岸に走るトロッコ列車も見えて懐かしい気持ちに

私たちが泊まったのは一番奥のメゾネットの部屋でした。

目の前に流れる川のせせらぎを聞きながら、ソファでぼーっとしているとまるで時が止まったかのよう。心が満たされていくのを感じます。

メゾネット1F部分。朝食はこちらに用意していただけます

空間も然り、もちろん旅の醍醐味はお食事でしょう。

特に夕食は非常に期待していました。それもそのはず、料理長の久保田氏は祇園の割烹の家に生まれ、一流料亭や実家で京料理を、フランスの三ツ星レストランでフレンチの技術を修めたあと、2004年、イギリスの京会席レストランの総料理長に就任し、翌年ミシュランの星を獲得。2009年には「ニューズウィーク」が選ぶ「世界が尊敬する日本人100人」に名を連ねたという、和洋の達人。個人的にフレンチと和食は両者とも「繊細である」という点で似通っていると思っているので、その両方を極めた方の味をぜひとも味わってみたかったのです。

四季を料理で表現するとはまさにこのこと。芸術の数々……。

食べてしまえばなくなる、食は儚いアートだと思います。

そして部屋でいただく朝食も素晴らしいの一言。

野菜がたっぷりいただける健康的な朝食をこの絶景を眺めながら!窓が額縁のようにみえて、度々お箸をとめてぼんやり景色に見入ってしまいます

本当はもう一泊したかったのですが仕事もあるので、翌日は京都を少し観光して帰ることに。

帰りももちろん星のや京都の舟で。(TOP画像の舟は星のや京都のアクティビティでの舟であり、送迎の舟とは異なります)

船着き場へ。これをご覧いただければ分かるでしょうか。星のや京都はまさに人里離れた嵐山の大自然の中に建っているのです

最近は外国人が多くて足が遠のいていた竹林を目指します。

絶妙のタイミングで来られたことに感謝!

空いてる!

縁結びの野宮神社にもお参りして……。

ここで旅のパートナーをご紹介。

いつも一緒に旅をしている親友、西内ひろちゃんでした。

今度はドライブに行こうと企画中……。

またご報告します!

 



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録

TAGS


AUTHOR

山本 真紀子
山本 真紀子
旅とイタリアとワインをこよなく愛する冒険野郎

著者の他の記事


連載 BLOG

連載をクリップ

カテゴリー TRAVEL


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

あなたにオススメ

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE