CAR ― Dr.ノリシゲの妄想ドライブ

妄想は続くよ、どこまでも!

大人の男にこそ似合う、エレガントな2ドアBMW

2020.6.7 2020.6.7
2020.6.7
説明しよう! 妄想ドライブとはヴェテラン モータージャーナリスト・ノリシゲセイイチが「このクルマにのったら、こんなことをしたい。こんなところに行きたい。この街道でぶっ飛ばしてチャンネーとこんなことがしたい!」と妄想の世界に遊ぶ気絶コラムである!

最高にクールな新型BMW4シリーズに悶絶ス

先週のトピックといえばBMWの2ドアモデル、新型4シリーズ・クーペのワールドプレミアです。とくに注目された点は、かねてからウワサとなっていた大型のフロントグリル。正式にはキドニーグリルといいますが、BMWデザインを象徴する部分ですから話題性はもううなぎ上り。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

この部分、英語をもちいたアナウンスでは、“Vertical Kidney Grille”と表記。日本語に直訳すれば“垂直型キドニーグリル”となります。とても存在感が高いデザインだけに好みの分かれる部分でしょうが、個人的には大成功だと感じています。

モデルコードG22となる新型4シリーズをデザインしたのは、2019年からデザイン部門のヘッドに就任したドマゴジ・デュケツです(写真)。VWやシトロエンを経てBMWへ。2011年にはデザインマネージャーを務め、そして、先行開発モデルであるVision M NEXTやVision iNEXTを手掛け、なんといっても才能を感じさせます。現在の年齢は確か40代半ば。今後が楽しみです。

新型4シリーズの技術的トピックは、3リッター直列6気筒ガソリンエンジンとディーゼルエンジンに組み合わされる48Vマイルドハイブリッドシステムです(出力8kW/11hp)。ボディサイズはやや大きくなりましたが、先代比で重心位置が-21mmというのはBMWスポーツファンの注目点でしょうか。以下、欧州仕様の基本的スペックです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

【BMW 4 Series Coupe】
ボディサイズ:全長4,768×全幅1,852×全高1,383mm
ホイールベース:2,851mm
トレッド(前/後):1,575 / 1,611mm

【BMW 420i Coupe】
エンジン:2リッター直列4気筒ターボ(ガソリン)
最高出力:135kW(184hp) / 5,000–6,500rpm
最大トルク:300Nm / 1,350–4,000rpm
車重(DIN/EU):1,525 / 1,600kg
0–100km/h:7.5sec
最高速度:240km/h

【BMW 430i Coupe】
エンジン:2リッター直列4気筒ターボ(ガソリン)
最高出力:190 kW(258hp) / 5,000–6,500rpm
最大トルク:400Nm / 1,550–4,400rpm
車重(DIN/EU):1,545 / 1,620kg
0–100km/h:5.8sec
最高速度:250km/h

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

【BMW M440i xDrive Coupe】
エンジン:3リッター直列6気筒ターボ(ガソリン / 48Vマイルドハイブリッド)
最高出力:275kW(374hp) / 5,500–6,500rpm
最大トルク:500Nm / 1,900–5,000rpm
車重(DIN/EU):1,740 / 1,815kg
0–100km/h:4.5sec
最高速度:250km/h

【BMW 420d Coupe】
エンジン:2リッター直列4気筒ターボ(ディーゼル / 48Vマイルドハイブリッド)
最高出力:140kW(190hp) / 4,000rpm
最大トルク:400Nm / 1,750–2,500rpm
車重(DIN/EU):1,605 / 1,680kg
0–100km/h:7.1sec
最高速度:240km/h

【BMW 420d xDrive Coupe】
エンジン:2リッター直列4気筒ターボ(ディーゼル / 48Vマイルドハイブリッド)
最高出力:140kW(190hp) / 4,000rpm
最大トルク:400Nm / 1,750–2,500rpm
車重(DIN/EU):1,670 / 1,745kg
0–100km/h:7.4sec
最高速度:238km/h

新型4シリーズは2020年末には発売を開始。ボリュームゾーンは4気筒モデルですから、まずは上記4モデルのスペックを押さえておきましょう。ちなみに現行型日本仕様は、2リッター4気筒ガソリンエンジン搭載車である『420i クーペ M Spirit』が最安値で税込587万円から。6気筒エンジンが欲しければ税込897万円からとなります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

これら4モデルに続いて投入されるのが、出力の異なる6気筒のディーゼルエンジン搭載車です。以下の2モデルは2021年3月発売予定。スポーツファン待望の『M4』は2021年末デビューといわれます。

【BMW 430d xDrive Coupe】
エンジン:3リッター直列6気筒ターボ(ディーゼル / 48Vマイルドハイブリッド)
最高出力:210 kW(286hp) / 4,000rpm
最大トルク:650Nm / 1,500–2,500rpm
車重(DIN/EU):- / -
0–100km/h:5.2sec
最高速度:250km/h

【BMW M440d xDrive Coupe】
エンジン:3リッター直列6気筒ターボ(ディーゼル / 48Vマイルドハイブリッド)
最高出力:250kW(340hp) / 4,400rpm
最大トルク:700Nm / 1,750–2,250rpm
車重(DIN/EU):- / -
0–100km/h:4.7sec
最高速度:250km/h

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

現状で公表されている6モデルは、いずれも電動式パワーステアリング、8速AT(ギア比、ファイナルともに共通)、大型化されたモニターのインフォテインメントシステムを備えます。ボア94.6mm×ストローク82.0mmというデータも共通であり、全パワーユニットともにピストンスピードは変わりません。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

日本導入モデルのグレード名は判明しませんが、遅くとも2021年4月には発売が見込まれます。よって、もし現行型4シリーズが欲しければお早めに。いまや2ドアクーペはニッチな存在の希少なライフスタイルカーですし、また、インポーターによる大量の見込み発注は想像不可能。いまなら時間を要するオプションも選べますが、新型の発売が迫れば在庫車しか選択の余地がありません。

新旧共にオススメは4気筒エンジン搭載車。6気筒エンジンは魅力ですが1000万円クラスとなれば他の選択肢も気になります。いずれにせよ、気絶級2ドア車の魅力は計り知れません。お見逃しなく!

Text:Seiichi Norishige

BMW
 

■Enjoy every edge. The all-new BMW 4 Series Coupé.

 

Author profile

教重 誠一
教重 誠一
Norishige Seiichi

自動車雑誌の編集者を経てモータージャーナリストへ。駆け出しの頃からサラリーマンの限界に挑戦し数々の輸入車を乗りまわす。印象深かった愛車はポルシェ911(930)、Ruf CRo
コンバージョン(964)、メルセデス・ベンツ500E、フェラーリ412、BMW6シリーズ、RG500Γ(バイク)。趣味はシガーとパイプとすし屋巡り。ジャンルを問わず酒好きだが、一定以上飲むと睡魔が襲い銘柄を失念する。1964年、北海道生まれ。

KEYWORDS
BMW

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録
記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.9.24 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO