CAR ― Dr.ノリシゲの妄想ドライブ

妄想は続くよ、どこまでも!

赤いポルシェで颯爽と!新型ポルシェ911タルガをチェック!

2020.5.20 2020.5.20
2020.5.20
説明しよう! 妄想ドライブとはヴェテラン モータージャーナリスト・ノリシゲセイイチが「このクルマにのったら、こんなことをしたい。こんなところに行きたい。この街道でぶっ飛ばしてチャンネーとこんなことがしたい!」と妄想の世界に遊ぶ気絶コラムである!

気絶級のハイセンス、新型ポルシェ911タルガ誕生

2018年11月に8代目として誕生した992型ポルシェ911も、早いもので年末には2年の節目を迎えます。大荒れの2020年はなかなかクルマ談義も弾みませんが、今回はタルガ誕生のお知らせ。クーペとカブリオレが先行デビューしていただけに、待望の明るいニュースといえそうです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

このタルガというモデル、特徴はタルガバーと呼ばれる太いBピラー(メタル調に見える部分)がデザイン上のキーポイントとなります。ポルシェでは1965年から911に採用するボディ形状ですが、目的は当時のオープンカーでは実現できなかった安全性を確保するためのものでした。

これがもしレーシングカーなら素直にロールバーと表現するところですが、ポルシェはタルガとネーミングしました。この車名はかつてシチリア島で行われていた伝説の公道レース『タルガ・フローリオ』に由来します。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

余談ですが、『タルガ』とは盾を意味し、『フローリオ』とは1800年代からシチリア北部パレルモで栄華を誇ったフローリオ家のことを意味します。中世のドラマ風にまとめると、真っ先にゴールしたものには、その勇気をたたえ、名誉あるフローリオ家の盾を授与する、というレースなのです。

ポルシェはこのタルガ・フローリオで1956年に総合優勝を果たしたのち、1973年までに通算10勝をマーク。当時のレーシングカーはオープンカーの形状が基本ですが、なんともポルシェは素敵なネーミングを考えたものです。1970年代初頭にはこのタルガ・ボディが911の販売数全体の約40%を占めたといいますから大人気モデルなのです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

さて、本題の新型ポルシェ911タルガですが、当初デビューするのは『911タルガ4』と『911タルガ4S』となります。順当なら、追って先代のようにハイパフォーマンスな『GTS』も登場が見込まれます。個人的にはRWDモデルやターボ、GT3のタルガも期待したいところですが、どうなることやら。

以下、現状で公開されているスペックです。いち早く詳細を知りたければ、ドイツの公式サイトをこまめにチェックしてみてください。そういえばうっかりしていましたが、ルーフの開閉速度は19秒とのこと。

【Porsche 911 Targa 4】
ボディサイズ:全長4,519×全幅1,852×全高1,297mm
ホイールベース:2,450mm
トレッド(前後):1,591 / 1,557mm
車両重量(DIN/EU):1,665 / 1,740kg
車両総重量(EU):2,060kg (カレラ4:1,985kg/カレラ4カブリオレ2,040kg)
最高出力:283kW(385ps)/ 6,500rpm (11kW / 15psアップ)
最大トルク:450Nm / 1,950-5,000rpm
0-100km/h:4.2sec
0-160km/h:9.7sec
0-200km/h:15.3sec
80-120km:2.8sec
最高速度:289km/h(2km/hアップ)
タイヤサイズ:235/40ZR19・295/35ZR20
税込本国価格:128,486~ euros

【Porsche 911 Targa 4S】
ボディサイズ:全長4,519×全幅1,852×全高1,299mm
ホイールベース:2,450mm
トレッド(前後):1,589 / 1,557mm
車両重量(DIN/EU):1,675 / 1,715kg
車両総重量(EU):2,085kg(カレラ4S:2,010kg / カレラ4Sカブリオレ:2,065kg)
最高出力:331kW(450ps) / 6,500rpm (22kW / 30psアップ)
最大トルク:530Nm / 2,300-5,000rpm (30Nmアップ)
0-100km/h:3.6sec
0-160km/h:8.4sec
0-200km/h:13.1sec
80-120km:2.4sec
最高速度:304km/h(3km/hアップ)
タイヤサイズ:235/35ZR20・305/30ZR21
税込本国価格:143,956~ euros

※2モデルともにトランスミッションはPDK。スポーツクロノパッケージ装着車のパフォーマンスデータ。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

日本デビューの情報や未公表部分のスペックは今後続報としてお伝えできればと思います。911のラインナップのなかでも、ファッション性とスポーツ性能を兼ね備えたタルガは、上質な大人の時間を与えてくれるモデルであるといって過言ではないでしょう。この日本でも先代モデル以上に売れてほしいものです。

Text:Seiichi Norishige

ポルシェ ジャパン

■The Beauty of an Icon - Der neue 911 Targa

 
 

Author profile

教重 誠一
教重 誠一
Norishige Seiichi

自動車雑誌の編集者を経てモータージャーナリストへ。駆け出しの頃からサラリーマンの限界に挑戦し数々の輸入車を乗りまわす。印象深かった愛車はポルシェ911(930)、Ruf CRo
コンバージョン(964)、メルセデス・ベンツ500E、フェラーリ412、BMW6シリーズ、RG500Γ(バイク)。趣味はシガーとパイプとすし屋巡り。ジャンルを問わず酒好きだが、一定以上飲むと睡魔が襲い銘柄を失念する。1964年、北海道生まれ。

KEYWORDS
ポルシェ

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.5.26 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO