CAR 中年と中古車

【中年と新車】クルマで遊ぼう マセラティ・クアトロポルテでオギー大気絶!

若かりし青年があっという間に中年となっているように、かつては高嶺の花だったピッカピカの新車も気がつけば中古車に。あの時は高くて買えなかったけど、今ならイケるかも!? な妄想を抱く二人の中年、中古車野郎Aチームが読者の皆さんに代わってとっておきのクルマを探す企画です

オギー、430馬力でどこへ行くん?

みなさん、お疲れ様です。中年A、荻山です。いつも中年と中古車をご視聴いただき、ありがとうございます。今回は、中古車ではなく、新車をマセラッティ ジャパンよりお借りしたので、小さなビデオカメラを持ち、自作自演でお送りいたします。素人カメラマンゆえ、お見苦しい点があるかと思いますが、お付き合いいただければ幸いです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
着用しているフリースは、パタゴニアのMARSという軍用なのです。

さて、マセラティ・クアトロポルテ。現行モデルで6世代目となるのですが、以下にて各モデルを簡単におさらい。
シリーズⅠ(1963–1969年)創業家マセラッティ兄弟から経営権を譲渡されたアドルフォ・オルシ時代に、カロッツェリア「ピエトロ・フルア」の手による登場。
シリーズⅡ(1974–1978年)シトロエンが経営していた時代に、SMのシャシーを使い、ベルト―ネがデザインを行い誕生。
シリーズⅢ(1979–1990年)シトロエンからデ・トマソが経営していた時期に、イタルデザインのジウジアーロの手によりデビュー。
シリーズⅣ(1994–2001年)日本でも馴染のある四代目は、フィアット傘下時代にガンディーニによるスタイリングで登場。
シリーズⅤ(2004年-2012年)ピニンファリーナに在籍していた奥山清行のデザイン、フェラーリのテクノロジーを融合させた五代目。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

そして、シリーズⅥは2013年に登場。デザインはマセラティ社でチーフデザイナーを務めるジョバンニ・リボッタによるもの。リボッタはスポーツとエレガンスの融合こそが他メーカーにはないマセラティの魅力だと語ります。

まさしく、その通りで5.2mという巨躯でありながら、軽快かつ足の長い動力性能、そして、とにかく美しいデザインをまとっています。

今回お借りしたグレード「S」にはV6エンジンが載ります。こちらは五代目同様、フェラーリの手によるエンジンとなります。アクセルペダルを踏めば官能的な雄たけびをあげますが、430ps、580Nmという力持ちゆえ、そうしゃかりきにペダルを踏まなければ静かに、かつ街の流れをリードする走行性能を誇ります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
スーツはリネン・コットン製。ナポリのサンタニエッロのものです。

このV6エンジンに組み合わされるのがZF製の8段オートマチックトランスミッション。ノーマル、エコ、スポーツの走行モード切替も、このATのシフト横に配されます。モードの切替によって、どんなシーンでも楽しい走りを叶えてくれるのです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

タンレザーとカーボンを組み合わせた内装のセンスのよさにも、ただただ脱帽。古典的なレザーと、ハイテク素材であるカーボンを見事に調和させているのです。う~ん、これぞイタリアンマジック! 完全うっとり&大気絶。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

こんなご時世だからこそ、他者との接触を控え、さらに楽しむのならば、クルマに限ります! もちろん、ニュースを賑わせている爆走なんてのはもってのほか。中年らしく、品よくユーモアを忘れずに、楽しみましょう!

 

Video/Text:Takashi Ogiyama
Video Edit : Kabuto Ueda

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

【問い合わせ】
マセラティ コールセンター 
TEL 0120-965-120
https://www.maserati.com/maserati/jp/ja

 

 

 



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE