WATCH ― ロック福田の時計NEWS

国産初の発売55周年! セイコー ダイバーズの復刻モデル3兄弟、その特別な見どころを詳しく!

2020.5.5 2020.5.5
2020.5.5

昨年のBASEL特集でもご紹介しましたが、セイコーはこのところダイバーズウォッチの名作を次々と復刻。

セイコーの1960~1970年代のダイバーズウォッチは、いま改めてその高性能や格好よさが注目を集めている、ヴィンテージ市場でも大人気のもの。そのため復刻モデルは、時計好きたちにとっての素晴らしい贈り物になっているわけです。

そして今年はセイコーが1965年に国産初のダイバーズウォッチを発売してから55周年。それを記念し、これまで以上に魅力的な復刻モデルが登場したのです。
 

1965メカニカルダイバーズ 復刻デザイン (SBEX009)
Yahoo! 配信用パラグラフ分割

自動巻き、SSケース、ケース径39.9mm、シリコンストラップ、200m防水。世界限定1100本。65万円(税抜)(6月6日発売予定)
Yahoo! 配信用パラグラフ分割
Yahoo! 配信用パラグラフ分割

セイコーが1965年に発売した国産初のダイバーズウォッチの復刻版。オリジナルは1966年から4回にわたって南極観測越冬隊の装備品として寄贈されるなど、その高性能を認められた名品です。

この復刻モデルは、オリジナルのデザインを忠実に復刻しつつ、現代的にアップデイトしているのが見どころ。

最大の特徴は、ケースに「エバーブリリアントスチール」を採用したこと。一般的なステンレススティールを上回る耐食性と白く美しい輝きが長所で、同素材を腕時計に使用するのはこれが世界初。また、ムーブメントもオリジナルの1万8000振動/1時間から、3万6000振動/1時間(10振動/1秒)のハイビートへとスペックアップ。防水性能も150mから200mへと高められています。
 

1968メカニカルダイバーズ 復刻デザイン (SBEX011)
Yahoo! 配信用パラグラフ分割

自動巻き、SSケース、ケース径44.8mm、シリコンストラップ、300m防水。世界限定1100本。70万円(税抜)(7月10日発売予定)
Yahoo! 配信用パラグラフ分割

国産初のダイバーズウォッチの発売から3年後の、1968年に発表されたモデルの復刻版。オリジナルは、当時としては世界最高水準の3万6000振動/1時間(10振動/1秒)ハイビートムーブメントの搭載と、裏蓋のないワンピース構造ケースによる300m防水という、画期的高性能を備えたモデルでした。

そのオリジナルのデザインを踏襲しつつ、ケースに「エバーブリリアントスチール」を採用、カラーリングをブルーグレーにまとめるなど、現代的にアップデイト。防水性能が、空気潜水仕様から飽和潜水仕様にスペックアップされているのも注目点です。
 

1975メカニカルダイバーズ 復刻デザイン (SBDX035)
Yahoo! 配信用パラグラフ分割

自動巻き、チタンケース、ケース径52.4mm、シリコンストラップ、1000m防水。世界限定1100本。45万円(税抜)(8月8日発売予定)
Yahoo! 配信用パラグラフ分割

1975年に発表された国産初の飽和潜水対応ダイバーズウォッチの復刻モデル。オリジナルの誕生のきっかけは、1968年にプロフェッショナルダイバーから「現在市販されているダイバーズウォッチでは飽和潜水システムに耐えられない」という手紙をもらったこと。そこで研究を重ね、1975年に完成したのが、量産ダイバーズウォッチとして世界で初めてケースにチタニウムを採用した600m防水ダイバーズ。独特の「外胴プロテクター」が特徴で、時計ファンから「ツナ缶」の愛称で親しまれています。

この復刻モデルは、その高性能をさらに進化。ベゼルに「エバーブリリアントスチール」を採用、純鉄性のダイヤルにより優れた耐磁性能を備えるなどしています。
 

トリロジーコレクションボックス
Yahoo! 配信用パラグラフ分割

世界限定100セット。200万円(税抜)(5月22日発売予定)
Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ここまでにご紹介してきた3つの復刻モデルをスペシャルボックスにセットにした「トリロジーコレクションボックス」も登場。3つのモデルのケースバックに記されるシリアルナンバーを統一。色違いのオプションストラップがそれぞれのモデルに付属。また、この「トリロジーコレクションボックス」は各モデルの販売よりも早く発売され、いち早く入手できるのも魅力です。

【問い合わせ】
セイコーウオッチお客様相談室
0120-061-012
https://www.seikowatches.com

Text:Yutaka Fukuda

Author profile

福田 豊
福田 豊
Fukuda Yutaka

ロックと猫を愛するライター&編集者。もともとは建築家であったが、ひょんなことから、出版界に移籍。『エスクァイア日本版』広告営業、編集部の後、現職。『LEON』『MADURO』『ENGINE』『GQ』などの雑誌やwebで、ファッション、時計、クルマ、旅など、男性のライフスタイル全般について執筆。毎月1回以上ライヴを観に行く、を目標に奮闘中。そのあたりの報告と、ロックTシャツの紹介をインスタグラムでやってますので、よろしければフォローをお願いします。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.7.14 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO