FASHION ― エロサバ

干場の「エロサバ」

英国スタイルに、トロットロな生地で色気を注入!

2020.3.23 2020.3.23
2020.3.23

20代の頃にファッションの師と仰ぐ大先輩から教わったエロスの極意を、真面目な英国スタイルとガッチャンコ。

普通ならハレーションを起こしそうな組み合わせですが、今回はあえてそこに挑戦してみました。英国人がエロいかどうかはわかりませんが、きっとエロい英国人はこんな格好をするんだろうな(妄想です)。

 

アイテム

スーツ/カスタムテーラービームス
シャツ/アルコディオ
ネクタイ/タカシマヤ スタイル オーダーサロン
チーフ/ムンガイ
ベルト/ジョンロブ
時計/パテック フィリップ
リング(右)/フィクサー
リング(左)/アスプレイ
ソックス/グレン・クライド
靴/WH
コート/ES:S

ファッション業界でよく耳にする、“ジェントルマン”という言葉を、自分なりに解釈して手持ちの服で表現してみたのがこのスタイルです。イメージは、英国的モダン。

要は、伝統的な紳士服のルールやマナーは踏まえつつ、それを現代的に合わせてアレンジしてみようというのが今回の趣旨となります。

公開は延期になってしまいましたが、映画『007』のジェームズ・ボンドだってスーツにスリッポン靴を合わせる時代です。“〜ねばならぬ”的な堅苦しさは、今とはちょっとかけ離れた気分かなと……。

 

スーツはいつものグレーですが、チョークストライプが入っているのがポイント。かつてロンドンの金融街では、この柄を「バンカーストライプ」と呼んで、エリートビジネスマンの象徴とされていたエピソードにあやかってみました。

 

靴はオーソドックスな内羽根式のストレートチップですし、ベルトや時計も華美なものを避けて(とはいえ、ゴールド使いでエロスは意識)、コートは「ブリティッシュグリーン」のトレンチコートをチョイス。

 

ちなみに、この色の呼び名は、1950年代のF1で車体色が国別で決められていた時期があり、英国がグリーンだったことに由来するんだとか。

と、ロジックの部分でも自分で納得できるように、いろいろと組み合わせてみたのですが、このスタイルにおける最大の見せ場はやはりスーツの生地。まったくエロスを狙っていないように見せかけて、素材に色気を忍ばせるは僕の得意ワザなのは、皆さんもご存じのとおり。

 

だってこれ、英国の老舗ミル、バウアーローバック社のカシミアなんですよ! トロットロの手触りは、マジで昇天しそうになります。この優しい風合いのおかげで、チョークストライプなのに柄が主張し過ぎないのがいいんですよね。無地感覚で着られるのに、ちょっと違うみたいな感じが気に入っています。

このスーツをオーダーしたのは10年ほど前。実は、20代のときによく着ていたブリッラ ペル イル グストのストライプスーツがあり、これもイタリアのカルロ・バルベラ社のカシミア生地を使ったものでした。

同レーベルのディレクターは、ビームスのアルバイト時代の先輩である無藤和彦さん。その無藤さんに、一見、地味で普通に見えるのだけれど、触ったらエロいのが大人のセクシーだということを教わったんです(僕のエロスの原点です!)。

でも、あまりに着過ぎてしまったせいで、最後はお尻の生地が薄くなって穴が空いてしまうという大失態を犯してしまいまして……(笑) そのときのお話は、こちらの動画でどうぞ。
 

で、あの色っぽさが忘れられず、グレーとネイビーを2着つくったというわけです。パンツは若干、丈と裾幅を修整しましたが、それ以外はほとんどお直しなしで、いまだ現役。

 

以来、無藤さんの教えを自分流に熟成させてきましたが、そこから導き出した結論が、エロスは派手なアクセサリーや胸元を露出してアピールするものではなく、己の中にあるものということ。他人にはわからないようにひた隠しにしながらも、漏れてしまうのがその真髄だと思うのです。

例えば、きちんとした女性と高級レストランにディナーに行くとき、セクシーアピールが逆効果なのは火を見るよりも明らかですよね。

つまりエロサバとは、禁欲さを保ちながら、それでも色気を香らせる知的なゲーム。ここのところ毎回のように言っている勝負スーツの最上級版がこれなのです(カシミアだから頻繁に着られないという理由もありますが……汗)。

あれ、これって英国スタイルの話でしたっけ?


今回のスタイルのキモは……。

●一応、こじつけでも英国的な気分にはあやかってみる。
●デザイン的に華美なものは避け、真面目に見せる。
●とはいえ、ゴールドをちょっとちりばめる小ワザは大事。
●一見、地味でも触ったらエロいのが、大人のセクシー。
●無藤さん、ありがとうございます!


Photo: Ikuo Kubota (OWL)

Styling&Model:Yoshimasa Hoshiba


 

6冊目の書籍が発売しています。洋服から、ジュエリー、腕時計、ライフスタイルまで。僕が日頃から愛する大人の男女におすすめしたいブランドの逸品について書いています。読んでない方はぜひ!

干場義雅が愛する
「究極のブランド100+5」(日本文芸社)

5冊目は、1冊目の書籍の内容を改稿し、本質的な服装術を知らない新社会人から肩書きを持つ大人まで使える身に纏う処世術について書いています。読んでない方はぜひ!

世界のビジネスエリートは知っている
「お洒落の本質」(集英社文庫)

4冊目の本では、女性のエロサバなスタイルについてまとめています。女性はもちろん、男性が読んでも面白いのでぜひ。奥様にもすすめてくださいね。

干場義雅が語る

「女性のお洒落」
(ディスカバートゥエンティワン)

3冊目の書籍は、難しいとされる大人のカジュアルスタイルについて書いています。読んでいない方はぜひ!

干場義雅が教える

「究極の私服」
(日本文芸社)

2冊目の書籍は、色気についてです。
普通に見えて、なぜか人を惹きつける男の共通点について書いています。読んでいない方はぜひ!

一流に学ぶ

「色気と着こなし」
(宝島社)

1冊目は、スーツの着こなし術から世界の一流品選びまで、基本的なことやお洒落の本質について書いています。読んでいない方はぜひ!

世界のエリートなら誰でも知っている

「お洒落の本質」
(PHP出版)

【エロサバ】-Hoshipedia

「エロサバ」とは、エロいコンサバの略で、干場の哲学により生まれた造語。シンプルでベーシック、コンサバティブな洋服を着ているのに、なぜかエロく見えるスタイルのこと。例えば喪服の女性。成熟した大人の女性が喪服を着ていて、メイクもナチュラルで抑制しているのに、不思議と色っぽく見えるスタイル。例えば、普通の白いシャツを着ているのにも関わらず、胸元のボタンの開け方や袖口のまくり方でSEXYに見えるスタイル。粗悪な素材でデザインが変わっているシャツでは駄目。上質な素材でベーシックなシャツだからこそ、崩して着こなしても上品さが保てるのです。男性で例えるなら、仕立てられたグレーの無地のスーツを着て、上質な白シャツに黒の無地のネクタイのような極めてコンサバティブなスタイルをしているのに、内側から大人の色気が香るスタイルのこと。

Author profile

干場 義雅
干場 義雅
Hoshiba Yoshimasa

FORZA STYLE 編集長 兼 ファッションディレクター

尊敬する人は、ロロ・ピアーナの元会長セルジオ・ロロ・ピアーナさん、ピエール・ルイジ・ロロ・ピアーナさん、トッズの会長ディエゴ・デッラ・ヴァッレさん、格闘家のブルース・リーさん、初代タイガーマスクの佐山サトルさん。
スポーティでエレガントなイタリアンスタイルを愛し、趣味はクルーズ(船旅)と日焼けとカラオケ。お酒をある一定以上飲み過ぎると、なぜだか一人感無量状態になって男泣きする小誌編集長。1973年、東京生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.3.24 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO