FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト200

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト200

泥臭くない、都会的大人のジーンズです

2020.3.17 2020.3.17
2020.3.17
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介します。

洗練さとこだわりを一挙両得

第234回は、ラグ & ボーンのジーンズです。

 
3万2000円(税抜)/ラグ & ボーン(ラグ & ボーン 表参道店)

1990年代後半頃に流行したローライズジーンズ。その頃から、土臭いヴィンテージジーンズに対して、ラグジュアリーな高級ジーンズが台頭してきました。そんな最中である2002年に誕生したのがラグ&ボーン。同ブランドは、いわばヴィンテージ好きもラグジュアリー好きも、ともに納得させるブランドといえます。

現在では、メンズ・レディスともにトータルブランドへと成長したラグ&ボーン。とはいえ、その出自であるジーンズはやはりブランドの看板です。注目はフィッティングへのこだわり。エクストラスリムのFIT 1、スリムのFIT 2、クラシックのFIT 3を揃えています。写真は、最も細いエクストラスリム。ローライズと相まって、実にスタイリッシュでモダンな穿き姿を楽しませてくれます。さらに、デニム生地に日本製のストレッチデニムを採用することで快適な穿き心地も提供。色落ち具合を、ちゃんとリアルかつナチュラルに仕上げてある点も見どころです。

 
2万8000円(税抜)/ラグ & ボーン(ラグ & ボーン 表参道店)

こちらは、よりベーシックな雰囲気が漂うスリムフィットのNo.2。裾に向かって微妙にテーパードさせ、さらにミッドライズを採用したシルエットは、トレンドを問わず活躍してくれます。デニム生地には、ストレッチデニムを採用。内側のグリーンステッチがアクセントに。

 
2万8000円(税抜)/ラグ & ボーン(ラグ & ボーン 表参道店)

ジーンズに次いで、パンツの主力として据えているのがチノパン。こちらは最もゆったりとしたクラシックフィットのNo.3。ドーナツボタンやダブルウェルトバックポケットなどベーシックに沿いながらも、センターバックのベルトループを1本だけブラックにするなど、さりげない遊び心を備えています。

Photo:Yoshihiro Kamiya
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
ラグ & ボーン 表参道店
03-6805-1630

記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.10.23 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

VIDEO