FASHION ― オトナの”鉄板定番”

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト

ブレザー気分な今春、狙うはコレです

2020.3.13 2020.3.13
2020.3.13
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介します。

不変不朽、まさにトラッドな一着

第233回は、サイベーシックスのブレザーです。

8万4000円(税抜)/サイベーシックス(マスターピースショールーム)

時代を問わない、まさしくベーシックな一着。サイベーシックスのブレザーは、ブレザーへの注目が集まる今春だけでなく、大人として持っておきたい定番アイテムといえます。

2000年にスタートしたサイ。その名は、衿ぐりを意味するテーラー用語に由来します。今回ご紹介するアイテムは、素材やカッティングなどサイ独自の視点で解釈したベーシックアイテムを展開するラインからの一着。

ドロップ6.5とややゆとりのあるシルエットは、無理なく無駄なくフィットしてくれます。刻印入りのオリジナル金ボタンをはじめブレザーにおけるトラディショナルに従いながらも、生地はモヘヤにスーパー140sウールをブレンドしたモヘヤトロピカルを採用し、高温多湿な日本の気候に対応しています。

色は写真のネイビーの他に、鮮やかなケリーグリーンも展開。今年ブレザーを新調しようと思っていた方は、有力な選択肢として是非注目してみてください。

2万円(税抜)/サイベーシックス(マスターピースショールーム)

タックインでもアウトでもキレイなシルエットを構築するバンドカラーシャツ。オックスフォード生地には、高級綿として名高いエジプシャンコットンの中でも、さらに希少でハイランクなフィンクスコットンを採用し、滑らかな肌触りと品良い光沢を楽しませます。

7万1000円(税抜)/サイベーシックス(マスターピースショールーム)

合成繊維や染色技術における世界的メーカーの生地を採用したバルマカーンコート。ハリ、コシ、そして形状記憶性のある生地に製品染めを施すことで、独特なシワ感と深みのある色合いを表現。軽い着心地とともに、春旅にオススメな一着です。

Photo:Yoshihiro Kamiya
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
マスターピースショールーム
03-5414-3531

記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.11.26 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

VIDEO