FASHION ― 超絶ラグジュアリー「雲上の世界」

見ずに死ねるか?超絶ラグジュアリー「雲上の世界」

上質素材を、あえてラフなパーカーに投入

2020.3.8 2020.3.8
2020.3.8
オトコとして生まれたからには、一度は手にしてみたいモノやコト。本企画は、そんな夢と憧れが詰まった、超絶ラグジュアリー情報をお届けいたします。実際に手に入れるか入れないかは、アナタ次第です!

上質さとスポーティさの、絶妙バランス

第60回目は、エルメネジルド ゼニアのレザージップアップパーカです。

98万9000円(税抜)/エルメネジルド ゼニア(ゼニア カスタマーサービス)

スポーツスタイルがトレンドを牽引し続けている昨今のファッション事情。名だたるビッグメゾンも、軒並みスポーティなアイテムをリリースしています。いわゆる、ラグジュアリー×スポーツ=ラグスポです。そんな中、エルメネジルド ゼニアから、これぞラグスポの好例と言えるアイテムがリリースされました。

フード付きのジップアップブルゾンという、まさしくスポーツアウターの定番アイテムを、上質なカーフレザーでメイク。そのカーフは薄く漉かれ、軽く柔らかに仕上げています。加えて見どころはライニング。一見するとスポーティな杢グレーのカットソー地に見えますが、実はカシミア×シルク。そのまま素肌に羽織りたくなるほど、極上の肌触りを楽しませてくれます。

レザーと聞くと春には重いイメージを抱く人も多いでしょうが、この1着なら軽く、柔らかく、そして心地良く着られます。ラグジュアリーな素材を使いながら、見た目だけでなく着心地においてもちゃんとスポーティに仕上げている点が、さすが名門です。

さらりとした極上のカシミア×シルク裏地。ドローコードの留め具にメタルを採用するなど、パーツにおいてもラグジュアリーな要素をしっかりと注入しています。一方で内ポケットには止水ジップを採用し、スポーティな雰囲気にあくまで留めています。

カシミア×シルクの裏地を配したフードは、ジップによって着脱が可能に。外すとスタンドカラーのブルゾンになるのですが、フードを装着するジップラインはレザーの2重カラーで隠しています。この細部にまで見栄えへの配慮が、名門たる由縁。

Photo : Yoshihiro Kamiya
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
ゼニア カスタマーサービス
03-5114-5300

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.6.19 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO