FASHION ― オトナの”鉄板定番”

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト

育てる楽しさを教えてくれるウォレットです

2020.2.11 2020.2.11
2020.2.11
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介します。

見所はコードバンだけじゃない!

第225回目は、ガンゾのコードバンウォレットです。

左:シェルコードバンシリーズ[W10.3×H9.5×D2.5cm]6万8000円(税抜)、右:コードバンシリーズ[W19×H9×D1.8cm]4万7000円(税抜)/ガンゾ(ガンゾ 本店)

春財布は縁起が良い。昔からそう言われていますが、ガンゾのコードバンウォレットを使い始めたら、いくら縁起が良くてもウォレットを新調したくなくなるはずです。

創業1917年という、国内屈指の老舗皮革メーカー アジオカが、1999年に自社ブランドとして立ち上げたのがガンゾ。その長い歴史の中で培った技術を余すことなく投入したのが、コードバンシリーズです。

同ブランドのコードバンは、米国ホーウィン社製と新喜皮革社がなめし、レーデオガワ社が染色・加工をした国産コードバンの2シリーズを展開していて、左が前者で右が後者となります。

左は、毛穴や毛細血管の跡が見られるほど革本来の魅力を楽しめるのが特徴。右は、手間のかかる水染めを施し、オイルグレージングで仕上げることで、コードバンならではの艶感をより強調しています。加えて見所なのは、コバの丁寧な磨き。職人の手作業によって磨きあげることで、面が均一になり、美しい仕上がりになります。

まさしく一生物と呼ぶに相応しいウォレット。こんなウォレットを手に入れたら、買い換えるなんてできませんよね。

左は、内装に至るまでホーウィン社製コードバンを採用。一方右は、牛革のヌメを合わせています。革の上質さと共に縫製の緻密さも見所で、ポケットの段差部分のステッチを跨がせることで強度を確保する渡り縫いを施すなど、堅牢に仕上げています。

[W 上部46cm 下部38.5cm×H30×D10.5cm]15万円(税抜)/ガンゾ(ガンゾ 本店)

使い込むうちに現れる独特な艶はコードバンに負けず劣らずな光沢を楽しめる、ブライドルレザーシリーズ。英国J&Eセジュイック社製の同革を採用したこちらのトートは、底部を切り目仕上げにすることで自立が可能。さらにすっきりとした見た目からビジネストートとしても通用します。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
ガンゾ 本店
03-5774-6830

記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.11.26 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

VIDEO