FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
LIFESTYLE BLOG

帰ってきたクリブロ「キングギドラとインターネット的」

妖怪大戦争

酒とバラの日々、都内某所でキングギドラと出くわしました。

「FORZAって梁山泊だよね」。最近よく言われるのですが、類が友を呼ぶのは重力より強力な力かも知れません。次はどんな幻獣が顔を出すのか、一瞬もFORZAから目が離せませんね。

こちらも忘年会での一コマ。ロック福田が「すみっコぐらし」に出てきそうな気がするのは、私だけでしょうか。いや、風貌ではなくイデアの話なのですが。


そんな福田さんの腕時計魂、次回は初の女性ゲストが登場です。この女性、「年上の男性好き」と公言しているところ、なんとも玄人感が満載ですが、その素顔と幻獣度に乞うご期待。

こじラグYNKと靴磨き王たちの「鏡面磨き塾(仮)」は20年4月開講です。そのMTGでの一葉。

ところで、いま糸井重里さんの「インターネット的」という本を読んでいます。いまから20年前に書かれた本なのですが、「現在のネット社会を予言していた本」としていま再び注目を集めているんだそうです。

古代エジプトのヒエログリフに「いまの若い者ときたらまったく……」と現代でも老荘の口から語られる文句が刻まれていたというのは有名な話ですが、人間という種の本質は変わらず、それを表現するツールやメディアが変わっていくだけなのかもしれません。

インターネットというツールの利便性だけにとらわれていると、インターネットの本質を見失う。人間と、人間的という言葉が根本的に違うように。

それではインターネット的とは何かということについて、糸井さんは「リンク」「フラット」「シェア」などという今では当たり前ですが、当時としてはきっと想像するのも困難だったろう言葉を使ってハッキリと持論を展開しています。

SNSが生まれるはるか以前からこのようなコンセプトを思考的に探り当てていたのは、それが人間の本質にはじめから備わっていたイデアだったからなのでしょう。

といろいろ書きましたが、FORZA STYLEというメディアの未来を考えるにあたって参考になるようなことばかりでした。「なんとなくそうかな」と考えていたことに太鼓判を押してもらうようなページもあって、勇気凜々です。案の定他社の本ですが、情報をシェアしておきます(笑)。

さ、明日からまたユキちゃんに会えるよ!



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録


AUTHOR

栗原 資英
栗原 資英
FORZA STYLE エグゼクティブプロデューサー

著者の他の記事


連載 BLOG

連載をクリップ

カテゴリー LIFESTYLE


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

あなたにオススメ

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE