FASHION ― オシャレはセレブに学べ!

【ダブルジャケットを時短で攻略!】
デヴィッド・ガンディのモダンな着こなし3選

2019.12.15 2019.12.15
2019.12.15
『FORZA STYLE』では、シンプル&ベーシックな装い方をしているセレブをピックアップし、日本人の私たちにも取り入れやすい着こなしやアイテムをご紹介していきます。

今やジャケパンスタイルの定番アイテムとなったダブルジャケット。最近では、コンパクトな肩周りとシャープなウエストラインのものが主流です。シングルと同じような感覚で、気軽に着こなしを楽しめるのも、世代問わず人気を獲得した大きな要因ですよね。

特に、時短で貫禄をアップさせたい大人にはかなり心強い味方。そこで今回は、真似したくなる理想的なダブルジャケットコーデを、モデルのデヴィッド・ガンディから学びたいと思います。

着こなしのキモとなっているのは、「アズーロ・エ・マローネ」(青と茶)のカラーコンビネーション。イタリア男の十八番でもあり、流行に左右されない鉄板の色合わせを意識することで、着こなしが難しいブラウンのダブルジャケットも簡単に攻略できます。

Vゾーンは、サックスブルーのボタンダウンシャツにブラウン×サックスブルーのドット柄のニットタイ。ドレスアップしながらも、素材やディティールによって、程よいカジュアルダウンを意識しているのがわかります。スポーティさとモード感のバランスが絶妙なクリアフレームのサングラスも、ダブルジャケットをセンスよく着こなす需要なポイント。色気と知性を意識した色使いをぜひ参考にして見てください。

主役に選んだのは、ミディアムグレーのダブルジャケット。やや太めのピークドラペルにコンケープドショルダーを加え、クラシックなサヴィルロウ風をイメージしたデザインが特徴的。胸周りと肩周りを立体的に強調することで簡単に貫禄が増します。

千鳥チェックのネクタイを加え、Vゾーンをモノトーンで纏めているのが実にシック。さらに、襟にカラーピン、そして黒スラックスをチョイスすることで、よりエレガントさをアップさせています。パーティーなどに真似したくなる理想的な着こなしです。

フロントボタンの合わせが狭く、着丈の短いモダンなダブルジャケットを着用したデヴィッド・ガンディ。コーディネートのキモとなるのは、インナーの選び方です。クルーネックのカットソーをチョイスすることで、程良くドレスダウン。首回りがスッキリ見えて、ジャケットの堅い印象も和らげることができます。

グレーを選択すれば、ご覧のとおりVゾーンがシックな印象に。細身のブラックジーンズと、色気のあるバーガンディのサイドゴアブーツを合わせれば、足長効果も狙えます。ダブルジャケットで大人デートを楽しみたいダンナ、ぜひ参考にしてみてください!


Photo:Gettyimages
Text:Satoshi Nakamoto

Author profile

中本 智士
中本 智士
Nakamoto Satoshi

愛媛県瀬戸内海に浮かぶ小さな島(コンビニも信号もない島)出身。某アパレルショップの店長として7年間、その後セレクトショップの店長兼バイヤーとして5年間勤務。その後、上京し、2015年3月からFORZA STYLEの編集部へ。カメラ、ライティング、スタイリングを一人でこなすマルチエディター。Mr.Childrenの桜井和寿氏に取材することが夢。動画のキャラを絶賛模索中。

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.3.24 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO