WATCH ― ロック福田のスウォッチグループ特集

4つのトゥールビヨンを搭載した HARRY WINSTONの悪魔的傑作!

2019.12.7 2019.12.7
2019.12.7
第5回:HARRY WINSTON/ハリー・ウィンストン

「キング・オブ・ダイヤモンド」として世界中の女性たちの心をガッチリとつかんでいるハリー・ウィンストン。時計づくりの腕前も超一流で、男心を鷲掴みにするような好モデルも少なくありません。

ことに超複雑機構に独創的な作品が多く、なかには一回や二回見ただけでは理解できないような「時計通好み」のものもあったりする。もちろん、ハイジュエラーならではのドレッシーなモデルも大得意で、時計好きならやはり目が離せません。

今年はそんな超複雑機構とドレスモデルの双方で魅力的な新作を発表。人気の「プロジェクト Z」シリーズの最新作も要注目です。
 

イストワール・ドゥ・トゥールビヨン 10

手巻き、18KWGケース、ケースサイズ53.3×39.1mm、アリゲーターストラップ、3気圧防水。世界限定10本。8825万円(税抜)

「イストワール・ドゥ・トゥールビヨン」は超複雑機構のトゥールビヨンを搭載した究極のタイムピースとしてつくられ続けているシリーズ。精密なトゥールビヨンの機構と動きを、より精緻に、より美しく、独創的なデザインで魅せるのが特徴です。

今年はシリーズの誕生から記念すべき10周年で、10作目となる新作は、なんとシリーズ初のクワトロトゥールビヨン。長方形のケースの四隅に4つのトゥールビヨンを搭載、その4つのトゥールビヨンを3つのディファレンシャルギアで連結し、平均化することでより高精度を目指すという、まさに超複雑機構の超大作です。

トゥールビヨンが1周36秒という高速回転をするのも見どころ。このホワイトゴールドケースのほかにローズゴールドケースもあり、各10本の世界限定。プラチナをベースにした独自のプレシャス素材「ウィンストニウム」のケースのモデルも世界限定1本でつくられています。

 

HW ミッドナイト・ヨゾラ オートマティック 42mm

自動巻き、18KWGケース、ケース径42mm、アリゲーターストラップ、3気圧防水。世界限定10本。予価800万円(税抜)(※直営サロン限定販売)

ドレスウォッチのコレクション「HW ミッドナイト」に登場した、日本の中屋万年筆とのコラボレーションモデル。

日本の伝統技法である漆塗りと蒔絵と螺鈿細工により、ダイヤルにニューヨークの夜空をイメージした装飾が施されているのが特徴。6時位置にはハリー・ウィンストンのニューヨーク5番街にある本店のアーチが描かれています。

このダイヤルと同じ装飾の施された万年筆とのセットで、特別な竹製のボックス付き。39mm径のレディスも用意されていて、ペアで楽しむこともできます。

 

HW エメラルド・オートマティック 33mm

自動巻き、18KRGケース、ケースサイズ33.3×39.3mm、アリゲーターストラップ、3気圧防水。220万円(税抜)

自動巻き、18KWGケース、ケースサイズ33.3×39.3mm、アリゲーターストラップ、3気圧防水。230万円(税抜)

「HW エメラルド」は創始者のハリー・ウィンストンがもっとも愛したダイヤモンドのかたちであるエメラルドカットのフォルムをケースにしたエレガントなコレクション。ドレスウォッチの名作として世界中のレディたちに愛されてきました。

これはその「HW エメラルド」に今年遂に誕生した待望のメンズモデル。シリコン製ヒゲゼンマイ採用の高精度の3日巻き自動巻きムーブメント搭載で実用性も満点です。

 

プロジェクト Z13

自動巻き、ザリウム™ケース、ケース径42.2mm、カーフ×ラバーストラップ、10気圧防水。世界限定300本。270万円(税抜)

軽量かつ高硬度の特殊合金「ザリウム™」をケースに採用した「プロジェクト Z」シリーズの第13弾。シリーズ初のムーンフェイズ機構の搭載が目を惹く特徴。その月が12角形で、さらに手裏剣をモチーフにした柄が描かれているのも特徴です。

また、シリーズで初めてカーボンファイバーを採用。ムーンフェイズを支える4つのアームと、時分表示のダイヤル外周の飾りに使用されています。

【問い合わせ】
ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション
0120-346-376
https://www.harrywinston.com

Text:Yutaka Fukuda

Author profile

福田 豊
福田 豊
Fukuda Yutaka

ロックと猫を愛するライター&編集者。もともとは建築家であったが、ひょんなことから、出版界に移籍。『エスクァイア日本版』広告営業、編集部の後、現職。『LEON』『MADURO』『ENGINE』『GQ』などの雑誌やwebで、ファッション、時計、クルマ、旅など、男性のライフスタイル全般について執筆。毎月1回以上ライヴを観に行く、を目標に奮闘中。そのあたりの報告と、ロックTシャツの紹介をインスタグラムでやってますので、よろしければフォローをお願いします。

KEYWORDS
時計

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.12.23 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO