CAR ― VIDEO

【オジさんのモテ車】フォルクスワーゲン・ゴルフⅡは永遠の名車なのだ!

2019.11.30 2019.11.30
2019.11.30
 

VWゴルフⅡ一筋に22年。そんなお店『スピニングガレージ』の田中代表とお会いしたのはクラシック&ヴィンテージカーの祭典「オートカウンシル2019」のショー会場でした。初代モデルの誕生(1974年)から、いつの時代もVWゴルフは偉大な大衆車のベンチマークであり続けた存在でした。

田中さんが発する言葉は気負いがないというか、中年でありながら今どきの若者のように、自分が好きなクルマのことを話します。

冷静に振り返ると、ゴルフⅡは無駄がないというか、すべてを兼ね備えています。ゴルフⅠは今の時代には小さく、信頼性もまあまあ、ボディも錆びやすい。Ⅲ、Ⅳと順当な進化を遂げたものの、V6積んだり、5バルブ化したりと、ちょっと色気を出したんじゃないの? そう思えなくもないのです。

ゴルフⅡのボディサイズは、全長3,985×全幅1,665×全高,1415mmでホイールベースが2,475mm。3ドアも5ドアも基本的に同じ大きさです。日本流にいえば、偉大な5ナンバーサイズの実用車なのであります。見てください、中年男子4名乗車の素晴らしい構図を。じつに無駄がない!

加齢臭対策は外気循環と各自窓の開閉で微調整。一見、フツウの1.8リッター直列4気筒エンジン(105ps)は過不足なく車体を前へと加速させます。羊の皮を被ったオオカミがよろしければDOHC16バルブヘッドのGTI(125ps)があります。ちなみに一部のモテ中年によりますと、「ゴルフⅡは女子ウケが大変よろしゅうございます」とのこと(コレ重要)。

1983年から1992年がゴルフⅡのタイムラインですが、純正パーツの供給もほぼ問題なく、メンテナンスも十分に行えるとか。フツウであることの偉大さに涙した中年コンビでありました。

Text:Seiichi Norishige(中年B)
Video:Yoshihide Shojiima

【車両に関する問い合わせ】
スピニングガレージ
https://spinninggarage.com

Author profile

教重 誠一
教重 誠一
Seiichi Norishige

自動車雑誌の編集者を経てモータージャーナリストへ。駆け出しの頃からサラリーマンの限界に挑戦し数々の輸入車を乗りまわす。印象深かった愛車はポルシェ911(930)、Ruf CRo
コンバージョン(964)、メルセデス・ベンツ500E、フェラーリ412、BMW6シリーズ、RG500Γ(バイク)。趣味はシガーとパイプとすし屋巡り。ジャンルを問わず酒好きだが、一定以上飲むと睡魔が襲い銘柄を失念する。1964年、北海道生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.11.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO